SFのタグまとめ

SF」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはSFに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「SF」タグの記事(39)

  1. アベンジャーズ インフィニティ・ウオー<2018> - まやぞーの ほぼ映画ばなし

    アベンジャーズ インフィニティ・ウオー<2018>

    アメコミものは、どっちかってーとマーベルよりDC派なのでございますが、今回と次回作でいよいよ今のシリーズがひと段落するという噂を聞いて、ならばその大団円に参加しようではないかと観に行ってみました。マーベルでちゃんと劇場で観たのは「ドクターストレンジ」と「ガーディアンズオブギャラクシー」だけなんですけども、飛行機で「シビル・ウォー」もみたし、アイアンマンはテレビでみたことあるし、なんとなくイケ...

  2. 最新映画レビュー『ジュラシックワールド/炎の王国』 安心だがサプライズはない。見ても見なくてもOK - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ジュラシックワールド/炎の王国』 安...

    前作『ジュラシックワールド』が、シリーズ1作目の『ジュラシックパーク』のリメイクだとしたら、本作は2作目の『ジュラシックパーク/ロストワールド』のリメイクといっていい。ストーリーは違うのに、なぜか印象も既視感が残る。前作の登場人物たちがまた島に戻るというパターン、2作目ということで恐竜の数を増やし物量で勝負、そしてハンター達が恐竜を捕まえ、本土に運び、それが逃げて大パニックという流れ。いく...

  3. ライフ (2017年) その生命体は人間を餌にする - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ライフ (2017年) その生命体は人間を餌にする

     懐かしい。『メッセージ』や『アビス』のような知的な未知との遭遇ではなく、古き良きハラハラドキドキ感。生命体の造形に驚き、ブチャー(血しぶき音)キャー! ホラーばりの怖さを退屈しないクオリティで楽しめる作品は、多いようで少ない。あの『エイリアン』も、いつしか哲学的になってしまった昨今、手放しで観られるSFサスペンス。国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たち6名は、火星で採取された人類史上初の地球...

  4. また「総門谷」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    また「総門谷」

    最近は朝食の時くらいしかフィクションを読みません。あたらしい作品を読むのも面倒でつい見慣れた本ばかり読み返します。表題の「総門谷」や「竜の棺」はたまに読みます。それ以外の高橋克彦作品は読まないんですがね。両作ともに、昭和末期から平成初期のムードを感じます。特に「総門谷」はバブルみたいです(僕はリアルなバブル世代でないので想像ですが)。村上春樹の「ダンスダンスダンス」にもバブルを感じます。たま...

  5. 猫は宇宙で丸くなる - TimeTurner

    猫は宇宙で丸くなる

    マシュマロを焼く天才猫が登場する「パフ」、宇宙船に乗せられた“船猫”が活躍する「宇宙に猫パンチ」、傑作の誉れ高い「影の船」など、愛すべき個性豊かな10匹の猫たちが登場する猫SFアンソロジー。猫ブームがSFの世界にまで広がってきたのか、こんなアンソロジーが出てました。というか、猫SFがこんなにあることにびっくり。いくつかは読んだことがあるような気がしますが、自慢の忘却力で10編すべて初めて読ん...

  6. KONDO Racing  SUPER FORMULA  2勝目おめでとう!! - 無題

    KONDO Racing SUPER FORMULA...

    ついにこの時が来た!!10年ぶりのトップ・フォーミュラの優勝でしかも2勝目です。この間、2009年にはエントリーもせずに、もうKONDOはSGTだけで行くのか?と言う時代もありましたが、苦労に苦労を重ねてようやく2勝目に結び付きました。10年前はFN06の時代でKONDOからはJPオリベイラ選手と横溝選手がエントリーされており、この時は結構予選好調なシリーズでした。リバースグリッド採用の最後...

  7. KONDO Racing  SUPER FORMULA  P.P - 無題

    KONDO Racing SUPER FORMULA...

    本日行われた富士のSF予選でKONDO Racingのキャシディ選手が見事ポールポジションを獲得しました。雨が降ったりやんだりで、タイヤ選択が難しい中、混戦を掻い潜って見事PP獲得!昨年の山下選手に続きPPスタート。なんとか、表彰台は獲得してほしいです!!

  8. たったひとつの冴えたやりかた - TimeTurner

    たったひとつの冴えたやりかた

    16歳の少女コーティー・キャスは、誕生日にもらった宇宙船で未知の宇宙へとわくわくしながら飛び立った。だが、行方不明になっている宇宙船から発信されたメッセージ・パイプを拾ったことから事態はのっぴきならない方向へ・・・。やられた。まんまと泣かされた。トム・ゴドウィンの『冷たい方程式』もそうだけど、冒険心があって将来が楽しみな子と自己犠牲をセットにされたら泣くしかないよね。こういうので泣くのはすご...

  9. マレ・サカチのたったひとつの贈物 - TimeTurner

    マレ・サカチのたったひとつの贈物

    物理学を専攻して大学で勉強している中で世にも稀な奇病「量子病」に冒された坂知(さかち)稀(まれ)は、本人の意思とは関係なく世界中を跳躍するようになる。大学の図書館から信州の老婆宅へ、中東の紛争地域からパリでデータ解析をする男の家へ。一瞬後の居場所すら予測できず、行き先も滞在期間も不明。人生を“積み重ね"られない彼女が、世界に爪痕を残すためにとった行動とは・・・。びっくりした。カバー絵やタイト...

  10. IMPACT インパクト ☆☆☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    IMPACT インパクト ☆☆☆☆☆☆

    Moon Panic 2009/ドイツ・アメリカ・カナダ 監督:マイク・ロール 出演:デヴィッド・ジェームズ・エリオット、ナターシャ・ヘンストリッジ、ベンヤミン・サドラー ストーリー(Amazon商品紹介より) 1万年に1度の大規模な流星群に紛れ、巨大な天体が月に衝突。 その影響は地球にも及び、大停電や重力の変化をもたらした。 世界は大混乱に陥るが、それは序章にすらすぎな...

  11. (r)adius ラディウス (2017年) 半径15m以内全員即死 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    (r)adius ラディウス (2017年) 半径15...

     <未体験ゾーンの映画たち2018>で上映されたSFシチュエーション・スリラー。デヴィッド・クローネンバーグや『CUBE』を生み出した国カナダに新たな異色!とまではいかないけれど、着想がおもしろい。(あらすじ) 交通事故を起こし記憶を失くしたまま目覚めたリアム。助けを求め近くの町に入るが目にするのは死体ばかり。ようやく生存者を見つけたものの、近寄ろうとした途端続々と死んでしまう。分かったこと...

  12. シックス・デイ ☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    シックス・デイ ☆☆☆☆

    THE 6TH DAY 2000/米 監督:ロジャー・スポティスウッド 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、トニー・ゴールドウィン、ロバート・デュヴァル、マイケル・ラパポート ストーリー(allcinema解説より) 2010年。 生命科学の進歩はクローン人間を作り出すことをも可能にしていた。 ただし、実際には法律で禁じられた行為であった。 神による人類創造にちなんだ...

  13. アーロと少年 感想 - 横縞感想館

    アーロと少年 感想

    妹に「好きなの借りてきていいよ」って言ったらなぜかこれを借りてきたので観た(どうやら子供のころ観そびれた作品らしい)というわけで感想 ネタバレあり・キャラデザどうにかしろトイストーリー、モンスターズインクのキャラデザは百均で文房具や小物が売ってたら思わず買っちゃうくらいには可愛いじゃんアーロが売ってて買おうと思うか?少年(スポット)の方はまあ見慣れれば可愛かったけど…二人とももうちょっとキャ...

  14. あなたの人生の物語 - TimeTurner

    あなたの人生の物語

    地球を訪れたエイリアン船団は、自分たちは船内にとどまったまま各地に設置した《ルッキンググラス》を通して人類とコンタクトをとった。そのひとつに抜擢された若き言語学者ルイーズは、まったく異なる彼らの表義文字を理解するにつれて、驚くべき能力を身につけていく・・・。ネビュラ賞を受賞した表題作ほか7編を収録。映画「メッセージ」の原作ですが、読み終えたあとにWikipediaで映画のあらすじを見たらもの...

  15. 山本選手おめでとう! - 無題

    山本選手おめでとう!

    写真は鈴鹿の開幕戦ですが、それにしても今日のは完璧な勝ち方でした。逆にPPで出た野尻選手とその野尻選手を抜いてトップに立った可夢偉選手は少しお気の毒でした。SCが出たタイミングでほぼロスなしにピットインしタイヤ交換義務を果たした山本選手が運も味方にして勝利を奪い取った。あの瞬間にタイヤ交換の用意をしていたチームも素晴らしい。野尻選手もSC中にすかさずピット入りましたが、あのタイミングでは、山...

  16. 野尻選手すごい! - 無題

    野尻選手すごい!

    今年のモータースポーツは野尻選手の活躍が止まらない。開幕のSFも表彰台、その後APのSFもPP獲得、さらに先週の鈴鹿SGTもポールトゥウィン、そして本日行われたSUGOのSFもまたPPだ。2008年に松田次生選手が6連続PPを取ったことを思い出す。SFもポールトゥウィンかもね!

  17. パシフィックリム アップライジング<2018> - まやぞーの ほぼ映画ばなし

    パシフィックリム アップライジング<2018>

    前作からもう5年もたっておりましたか。我らがギレルモ・デル・トロは製作にひっこんでおりますが、1作目のテイストをあますところなく引き継いだ2作目でございまーす。どうやら3作目もありそうな感じでーす。1作目が大好きだったので楽しみにしておりました。前作の戦いから10年後という設定でメインキャストはごっそり入れ替わっておりますが、スターウォーズⅦから出ているジョン・ボイエガとクリント・イーストウ...

  18. 最新映画レビュー『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』 1963年のチェコ製SF映画のリバイバル - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『イカリエ-XB1 デジタル・リマスタ...

    1963年/チェコスロバキア監督:インドゥジヒ・ポラーク出演:ズデニェク・シュチェパーネク、フランチシェク・スモリーク配給:コピアポア・フィルム公開:5月19日より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開ちょっと珍しい、1963年のチェコスロバキア製SF映画のリバイバル上映。ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムの小説「マゼラン星雲」が原作で、22世紀後半、アルファ・ケンタウリ惑星系を目指して、...

  19. 半分世界 - TimeTurner

    半分世界

    会社から帰宅途中の吉田大輔氏は、最寄り駅から自宅までの間で一瞬にして19,329人に増殖した(吉田同名)。ある日突然、家がまっぷたつになり、内部が道路から丸見えになった。だが、藤原家の家族4人はそのままそこで大勢の人々に観察されながら暮らし続ける(半分世界)。4編を収録。面白かった。奇抜なアイディアにこれでもかこれでもかとディテールを肉づけしていき、飽和状態になってもやめない。作者はかなりの...

  20. 最新映画レビュー『レディ・プレイヤー1』 スピルバーグが何を見せてくれるか楽しみで行った - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『レディ・プレイヤー1』 スピルバーグ...

    先日、『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が公開されたばかりのスピ作品。実はあの作品は、本作のポストプロダクションが1年弱かかるので、スピがその合間に「今、撮らねば」とキャスティングから撮影、編集、公開まで10か月ほどで仕上げた。もちろんその合間に、本作の仕事も並行していたわけで、年老いてもそのエネルギーには恐れ入る。 さて、公開からしばらく経っているので、この『レディ・プレイヤー1』、...

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ