SFのタグまとめ

SF」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはSFに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「SF」タグの記事(133)

  1. ファウンデーションと混沌 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    ファウンデーションと混沌

    グレッグ・ベア早川書房時系列で言えば「フンデーション」第1部「心理歴史学者」のリライトですが、アシモフのすっきりした原作を、陰謀うずまく大長編にしてしまったベアには感心します。<新・銀河帝国興亡史>3部作は、どれも特徴があるのですが、読み返したくなるのは今作が一番ですね。

  2. 2017/02/25-03/24 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    2017/02/25-03/24

    読み3/11「幻魔大戦 20冊合本」(読み飛ばしつつ、だいたい最後まで行った。こんなの時間の無駄)3/12「ビブリア古書堂の事件手帖 7」三上延メディアワークス文庫3/21「ファウンデーションと混沌」グレッグ・ベア買い3/12「ビブリア古書堂の事件手帖 7」三上延メディアワークス文庫3/17SFマガジン2017/02早川書房

  3. 「シン・ゴジラ」DVD - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「シン・ゴジラ」DVD

    映画館で3回観ましたが、買いました。さっそく観ましたよ。字幕で見たのですが楽です。耳をそばだてなくていい。でも今度はテロップに目がいかなくなるのです。ふむう。次は字幕なしで見てみよう

  4. SF好きなあなたに - THANKS

    SF好きなあなたに

  5. 2017/01/26-02/25 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    2017/01/26-02/25

    買い1/26SFマガジン2017/022/14「13歳の娘に語るガロアの数学」金重明岩波書店読み2/12「13歳の娘に語るアルキメデスの無限小」金重明岩波書店

  6. 「幻魔大戦」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「幻魔大戦」

    ずいぶん前にkindleで全20冊の合本を買い、読まずにいたのですが、最近読み始め、5巻まで来ました。気持ち悪い。サイキックウオーズは最初だけで、あとは新興宗教団体運営の内幕話になるとネットで知り、その気持ち悪さを、下世話な関心で読みたかったのですが、想像以上に気持ち悪いのです。

  7. SFバイク乗りみたいなアルファちゃん - 豆大福がてんこもりなブログ2.1

    SFバイク乗りみたいなアルファちゃん

    現在金欠気味ですが、前々から欲しかったThinkPadの、激安の物があったので買っちゃいました。X220言う、少し大きいモバイルブックなんだけど・・。まだ余り動かしてないけど、モニターが少し特殊な色味か。調べたら、X220(ThinkPad自体?)はカスタマイズし放題だそうで金欠解消したら、メモリ増設などを順次していきたいです。サイト見る限りだと、マザーボード換装やモニター換装まで、割りかし...

  8. ROGUE ONE STAR WARS ★☆ - LANDFISH

    ROGUE ONE STAR WARS ★☆

    STAR WARS シリーズとして観ると、外伝とは言え、う〜ん…って感じ。映画としての盛り上がりも、見所もほとんど無い。新キャラや乗り物もこれと言って目を見張るモノは無いし。このストーリー要るかなぁ?って感じでした。シネコンが当たり前になった現状では仕方ない事ですが、小さなスクリーンで震える様な音量・音響?も無い状況で観るSF映画が、こんなに虚しく感じたのは初めてです。もうちょっと迫力ある音...

  9. 「キマイラ曼荼羅変」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「キマイラ曼荼羅変」

    ソノラマノベルズ夢枕獏「キマイラ」シリーズの最新刊です。また過去編です。今回は久鬼と九十九と阿久津が1年の時の話です。けっこう面白い。作者も楽しいだろうな。本編がまったく進みません。現在に戻るのは次の「堕天使変」だそうだけど、このまま何巻も戻らないかもしれないですね。別にいいんですが。

  10. 「タナトス戦闘団」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「タナトス戦闘団」

    「航空宇宙軍史・完全版1」谷甲州ハヤカワ文庫これも、過去に読んだことがあります。でも全く記憶してません。ふむう、航空宇宙軍史の長編では、「カリスト」も「エリヌス」も、そして「CB-8」も記憶していません。短編集の「バジリスク」は、読み返して覚えているんですが。あと「終わりなき索敵」も、なんども読み返しています。つまり、僕は幻想の要素が強い作品が好みなんです。

  11. 「カリスト-開戦前夜-」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「カリスト-開戦前夜-」

    <航空中軍史>完全版1谷甲州「カリスト」は高校の時に読んでいました。読み返すのはひさしぶりなので、中身はほとんど覚えていません。何人かの登場人物名を懐かしく思うくらい。先日記事にした「星の墓標」とは、だいぶテイストが異なります。「墓標」と「星空のフロンティア」「終わりなき索敵」は、幻想文学のようですが、「カリスト」には幻想の要素はありません。

  12. ローグ・ワンスターウォーズストーリー - まやぞーの ほぼ映画ばなし

    ローグ・ワンスターウォーズストーリー

    スターウォーズシリーズは子供の頃からずっと好きですけどそれほど詳しくはないもんで、去年ひさしぶりにエピソード7が公開になったから次はてっきり「8」だと思い込んでいました。まさかの、「3.5」がやってきましたよ。1977年に公開になった「スターウォーズ」は全部で9つあるエピソードのうちの「4」だったわけですが、そこでは帝国軍の巨大兵器デス・スターの設計図が盗み出され、それをめぐる同盟軍との戦い...

  13. 「星の墓標」 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    「星の墓標」

    「航空宇宙軍史・完全版3」谷甲州ハヤカワ文庫この作品は初めて読みます。シリーズ中では比較的ユーモラスで親しみのわく、ダンテ隊長も出てきます。各章ごとに視点が変わるんですが、トリッキーでもなく、読みやすかった。また、全般に、幻想的な印象の作品です。

総件数:133 件

似ているタグ