SONY α900のタグまとめ

SONY α900」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはSONY α900に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「SONY α900」タグの記事(11)

  1. 豊洲散歩 ー4ー - 野生の黄色、自然な茶色

    豊洲散歩 ー4ー

    この辺りを撮ってる時に電池の目盛りが残り1つになりました。でもこのカメラはミラーレスではありません。大きなガラスのプリズムと鏡を内蔵した一眼レフ機なので、そう簡単には電池が空になりません...のはずなんですが、この天気同様、怪しい雲行きもう少しで無くなりそう...↑このカットを撮ったら電池がカラになりました豊洲散歩編はこれでおしまいです。AFレンズはテンポ良く取れるのが気持ち良いですでも、こ...

  2. 豊洲散歩 ー3ー - 野生の黄色、自然な茶色

    豊洲散歩 ー3ー

    今日は「ザ・豊洲」な写真です。豊洲はざっくり言うと・オフィスエリア・居住エリア・買い物エリアに分かれます。今日の写真は買い物エリア海と高層マンションが豊洲の象徴...なんですが、撮ってる対象は、この画で言うと左側が晴海地区中央奥が佃〜月島右側が豊洲になります(^^;

  3. 豊洲散歩 ー2ー - 野生の黄色、自然な茶色

    豊洲散歩 ー2ー

    ちなみに今回は、このTAMRON SP35mm f1.8 Model F012というレンズで行きました。AFの現役製品です当初はMFレンズしか使うつもりがなかったんですが中古で手に入れたカメラなので、一応その動作確認用として一緒に購入しました。さすがは現役製品の単焦点レンズ、よく写ります。↑これは絞り開放だったと思いますボケ方もいい感じ、さすがTAMRON昨日も書いたけど、こういう渋めのトー...

  4. 豊洲散歩 - 野生の黄色、自然な茶色

    豊洲散歩

    前代未聞の西進する台風が過ぎ去り澄み切った青空になるかと思いきや、どんより曇天ただし気温は30度行くかどうかというまだ我慢できる範囲。ところどころ青空も垣間見えてます。でもこのα900、こういう雲間の青空は苦手だったような...むしろ↑こういう画のほうがまだ得意なような昔使っていた頃の記憶が、RAW現像時によみがえってきます。発売日は2008年で、10年前のカメラですが解像感は十分さすがは2...

  5. 桐生-4- 帰路 - 野生の黄色、自然な茶色

    桐生-4- 帰路

    この日、気温が40度付近まで上がる事が予想されていて実際、埼玉か岐阜か...日本のどこかで最高気温の記録が更新されたはずです。今回ココ桐生では最近感じたことのない暑さを体験しました。明日のことも考えて、14時頃早々に帰ることにしました。しかし帰ると決めると名残惜しくなります。特急がくるまで、連れも、駅の近くで粘って撮ってました。帰りの「りょうもう号」はまだ昼過ぎのせいかガラガラほぼ1両貸切状...

  6. 桐生-4-  重伝建-その2 - 野生の黄色、自然な茶色

    桐生-4- 重伝建-その2

    お昼をまわり、この時点で36度を超えています。すこし、歩くのがしんどくなってきました。ここで連れのドクター(?)ストップが入り、急遽喫茶店へこの町並みで、このカメラで、このレンズで撮るのは本当に楽しいでも、そのせいで身体が暑さにやられていることに気づくのが遅れました。

  7. 桐生-3-  重伝建 - 野生の黄色、自然な茶色

    桐生-3- 重伝建

    つぎの目的地は重伝建。「桐生新町重要伝統的建造物群保存地区」の略称だそうです↓http://kiryu-walker.net/recommendedspot/かつては織物、染物で栄えた街で、「ガチャマン」なる言葉もあったそうな。「ガチャマン」科学忍者隊...のことではありません。織り機を1回「ガチャ」っとやるだけでうん万...という時代があったと地元の方が教えてくださいました。

  8. 桐生-2- 群馬大学工学部同窓記念会館 - 野生の黄色、自然な茶色

    桐生-2- 群馬大学工学部同窓記念会館

    今回の旅の目的の第1位がここ「群馬大学工学部同窓記念会館」他人様のブログを拝見するとどうやらここで、ドラマや映画の撮影が行われたそうです。ノスタルジック度100%で、大興奮!!!館内を説明してくださる案内員の方が居られましたお話では「50メートルほど曳き家で移設された」とのことこの巨大な建物を並行移動させたの!?スゴい!さすがは工学部!「餅は餅屋」ということなのでしょうか?僕は「明治村」や「...

  9. 桐生へ - 野生の黄色、自然な茶色

    桐生へ

    浅草から、東武鉄道の「りょうもう号」という特急に乗って群馬県の桐生市に行きます。車窓からは、かつて住んでいた両国から近い隅田川など懐かしい景色が流れていきます。ところで上の写真、ガッツリと白飛びしてますね。最新のカメラに比べて飛びやすいということをすっかり忘れていましたしばらく、この手の写真の投稿が続くと思われますご容赦ください。2時間ほどで桐生に着きました...が、ココで連れが、サングラス...

  10. 酷暑2 - 野生の黄色、自然な茶色

    酷暑2

    日帰り旅行の記録2回目です。最寄りの駅まで歩いて行くことにしました。ここは水辺なので、かなりの湿気です。でも、このカメラはファインダーがとても美しいので撮っている間は、それを忘れさせてくれます。やはりα900は最高です!

  11. 酷暑 - 野生の黄色、自然な茶色

    酷暑

    この日は酷暑の始まりのような日で これを撮った時刻はam7:00ころだったと思いますが 気温は既に、30度に達しています。 一緒に持っていったレンズはTAKUMARの24mm。いわゆるクモリ玉なので、買ってからあまり使ってなかったのですがこうしてみると現代のレンズでは撮れない味があって見直しました。

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ