Sonnar 38mm F2.8のタグまとめ

Sonnar 38mm F2.8」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはSonnar 38mm F2.8に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Sonnar 38mm F2.8」タグの記事(76)

  1. 北広島ボールパークの工事 - 照片画廊

    北広島ボールパークの工事

    赤信号の左後方が北広島ボールパークの工事現場です通勤路の途中 信号待ちでガラス越しに撮りました昨日は全豪オープン女子テニスを楽しみましたがプロ野球キャンプ情報ももたらされてそろそろ野球の方の球春に移り替わりつつありますこの冬の間にも 北広島ボールパークの工事が進んでおり2023年春には開業の予定です日本ハムファイターズのフランチャイズ球場は札幌ドームですがファイターズのドーム使用料負担の重さ...

  2. 祈る人と地震で湧いてきた悪質デマ - 照片画廊

    祈る人と地震で湧いてきた悪質デマ

    きのう大谷地神社で丁寧に祈る人がいましたシャッターを切る私もガラスに写り込みましたので私の姿が見えたかも知れませんそれにしても昨夜の地震は札幌で震度2 福島で震度610年前の東日本大震災の余震だそうですfacebook にも投稿したことですがTwitterではひどいデマが書き込まれました「○○人が井戸に毒を入れた」というメッセージが湧いて出たのです私がフォローするアカウントではないのですがフ...

  3. 縁結びの絵馬奉納 - 照片画廊

    縁結びの絵馬奉納

    久しぶりに大谷地神社に行ってみました気温がプラスに転じたのはしばらくぶりです土曜日とあって ご朱印でももらいに来たのでしょうか娘さんが二人 社務所にいますいやご朱印受領のほかに 絵馬の奉納をやるようですよく知られたハートの切株にお参りして縁結びの絵馬を掛けてゆきました

  4. 米国の友人とのその後のやり取りと外国便事情 - 照片画廊

    米国の友人とのその後のやり取りと外国便事情

    この3日 30年ぶりに連絡が来た米国の友人です1992年9月2日 彼に杭州市で信頼できる写真現像店はあるかと聞かれたのでそのDPE店に案内する途中で撮ったものですその店はこの保俶路の先 湖濱路にありましたここで焼き付けたカラー写真を見せたところ彼も大変気に入って是非案内してくれとのことでした売り物のフィルムは日本と同様に専用の冷蔵庫に入れてありましたプリントの画質が優れていたので ショップの...

  5. 地元客御用達の包子店 - 照片画廊

    地元客御用達の包子店

    30年近く前の西安で小籠包をいただいた店は賈二灌湯包子舗といいますが灌湯とは湯=スープを包子の中に灌(そそ)ぐという意味ですこの額は雷珍民という世界的に著名な書家の手になるものです1980年ごろ賈家三兄弟で店を開いたのですが その後 兄弟はそれぞれ独立しました三男の賈志亮が最も手広く経営して成功したのが賈三灌湯包子舗で200席ぐらいは余裕で入れる大店舗です今では旅行ガイドブックの定番が賈三灌...

  6. 中華の閉店で思い出した30年前の中国西安の包子 - 照片画廊

    中華の閉店で思い出した30年前の中国西安の包子

    熱々のショウロンポー(小籠包)です昨日のご近所中華閉店の投稿で思い出しましたが実は今学期講義中の中国食文化の資料画像に使ったのですお店は西安の回民街 ムスリム居住区にあるのですが三密を避けねばならぬ昨今では考えられない人混みですここがムスリム居住区であることは看板の「清真」つまりハラルフードであることを示すことで分かります従ってこのあたりの包子の餡には豚肉はなく牛肉か羊肉に限られますそれにし...

  7. 住宅地に珍しいトドマツとどこにでもあるゴミステーション - 照片画廊

    住宅地に珍しいトドマツとどこにでもあるゴミステーション

    北海道の樹木では最も多いといわれるトドマツですただし我が家の周辺にはエゾマツの方が多くトドマツはあまり見かけませんエゾマツは葉枝が垂れ下がりますがトドマツは斜め上に向かいますトドマツの向こうにあるボックスは札幌ではゴミステーションと呼びますタカトシランドというゲストとタカ&トシが散歩する番組がありますあるときゲストが札幌地元民に食べ物屋の所在をきいたところ地元のおじさんの答が「あそこのゴミス...

  8. 夏椿と酸性土壌の紫陽花とデータバックのリミット - 照片画廊

    夏椿と酸性土壌の紫陽花とデータバックのリミット

    ほとんど一日で落ちてしまうという夏椿です右下の日付の写し込みを見ると月日はともかく年数が87年になっていますコンタックスT2のデータバックは2019年がリミットだったようです4年前にデータバックが生きていることを見つけ電池を入れ替えて装着していましたが組み込みマイコンの設定が32年間の稼働を想定していたのですね2020年には初期設定の1987年に戻ったというわけですもっとも年代の下二桁だけの...

  9. 孫を散歩させる老婦人とサイゼリヤの感染対策 - 照片画廊

    孫を散歩させる老婦人とサイゼリヤの感染対策

    この老婦人は私の前を通るときに軽い会釈をしてくれました今ではほとんど見かけない小型の二眼レフをぶら下げているのをちゃんとカメラを構えているのだと認識されたようです若いお母さんだとカメラだと気づかなかったかも知れません二眼レフだと巨木を取り入れたくなって こういう構図になりますが人物が埋没しないのが中判の特性かもしれません連休後半になりましたが 今日も東京では295人の感染者札幌でも二けたにな...

  10. 上虞の東坡肉と臭豆腐および杭州の東坡肉 - 照片画廊

    上虞の東坡肉と臭豆腐および杭州の東坡肉

    92年の杭州滞在中に最初に東坡肉を食べた飯店のそばです二世紀三世紀の歴史文物を訪ねて小旅行に出ました杭州から東に60kmほどの上虞(ジョウグ)で南に向かってさらに60km先の嵊県(ジョウケン)が最終目的地でした最終目的地からの帰途 上虞で二世紀の孝女・曹娥(ソウ・ガ)の廟を見学しました曹娥の父親が洪水で写真一枚目の川にのまれてしまいました14歳の曹娥は17日間泣き叫んでも父は帰ってきませんそ...

  11. 蘇堤遠望と東坡肉の伝説考証 - 照片画廊

    蘇堤遠望と東坡肉の伝説考証

    1992年夏 西湖北岸のシャングリラホテルから見た蘇堤ですこれは2005年初秋 南岸の雷峰塔から見た蘇堤です蘇東坡といえば東坡肉が思い出されます伝説では杭州知事の蘇東坡が蘇堤を築き 水利を整え飢饉に備えた対策を打ち 中国初の公立病院(病坊)を開設したりそうした善政に感激した民衆が豚を贈り届けると蘇東坡は旨い豚肉煮込みを作って民衆に返したそれが東坡肉というのだといわれますしかし明清の杭州ゆかり...

  12. 蘇提散歩とタイヤ交換 - 照片画廊

    蘇提散歩とタイヤ交換

    杭州西湖の開発に功績のあった蘇東坡の記念館です(1992年撮影)11世紀前半に二度杭州に赴任した蘇東坡が『西湖佳話』第三話の主人公です蘇東坡が二度目に赴任したころ西湖はほとんど干上がってマコモがはびこり 保水力を失っていましたために 杭州の集落には洪水が絶えなかったといいますそこでそのマコモを掘り起こし その泥土を使って西湖を南北に貫く2.8キロの堤を築き 6つの橋をかけたのです写真は最も北...

  13. 枕頭書小説の舞台杭州西湖葛嶺 - 照片画廊

    枕頭書小説の舞台杭州西湖葛嶺

    2010年12月の撮影です抱樸道院とは抱樸子(ほうぼくし)本名・葛洪(かっこう)を祀った道教のお寺で中国全体で21か所ある道院の一つですもう少し寄って撮ったコマを5年前に投稿していますコロナ禍で授業がないので昼間はひたすら漢字音データベースの入力作業をしていますがそれに倦んだりしたとき また枕頭書として手近にあった『西湖佳話』という小説本を拾い読みしています16話ある短編の最初が葛洪の話でし...

  14. 豪勢なシンポジウム - 照片画廊

    豪勢なシンポジウム

    2007年に開かれたシンポジウムです壇上で平安初期の詩壇について発表しているのは当時奈良大学の滝川幸司氏でいまは大阪大学教授です最前列で資料を手に聴いているのは築島裕博士私たちが大著『平安時代における漢文訓読語につきての研究』で常時お世話になっている先生です築島先生は基調講演を行って下さいましたが基調講演の司会は私が仰せつかりました「日本漢文の黎明と発展」というこのシンポジウム今見ても豪勢な...

  15. 広島平和大通りの夜のメリーゴーランド - 照片画廊

    広島平和大通りの夜のメリーゴーランド

    2007年の撮影ですこの年11月末に岡山と広島で高校の先生方を対象に漢辞海の販促を目的にした講演会を行いました広島で泊まった三井ガーデンホテルの目の前にこのメリーゴーランドがあったので CONTAX T2に高感度フィルム 富士 PRESTO1600 を詰めて撮りに行きましたこのフィルムも10年ほど前に発売終了になりましたが大変残念ですデジタルになってこういう夜景は撮影しやすくなったようですが...

  16. 深大寺の梅林で絵を描く人 - 照片画廊

    深大寺の梅林で絵を描く人

    27年前の撮影ですもう一コマ撮っていますが このコマのように手が見えていないので写生しているところの臨場感がなかったです撮影機材 CONTAX T2 はその後全く故障することなく今でも現役ですこの半年前 中国杭州に在外研究に出かける前に購入しました1月末ですからそろそろ花粉症の心配をしましたがまだ発症する前で 家族で梅見を楽しんだことです

  17. 作務衣コートのリフォームと障害者蔑視の総理発言 - 照片画廊

    作務衣コートのリフォームと障害者蔑視の総理発言

    歩いて10分ほどのリフォームショップですここで冬が厳しくなる前に作務衣コートの丈を詰めました作務衣コートは上のようなものですが 私のは黒色です東京で8年着用したコートが保温力を失ってきたので6年ほど前にネット経由で注文したのですが10cmほど長すぎたのですリフォームの結果 ピッタリサイズになりましたこの店の受付の爺さんは初めて作務衣コートを見たらしく何度も「どんな時に着るんですか」と聞いてき...

  18. 敢えてリハビリウオークに入るU字溝 - 照片画廊

    敢えてリハビリウオークに入るU字溝

    昨日の投稿でU字溝になっている馬場公園を掲げました脳出血の後遺症を克服するためのリハビリとして私は敢えてこのU字溝の不整地を歩くことにしていますこの日は昨日の写真一枚目の右上の辺りから踏み入れました今日の投稿はその進入口から溝の底に向かうアングルで撮ったものですこの進入口には写真のナナカマドや巨大なニセアカシヤなどがあります慎重に足を運ぶなら それほど危険な不整地ではありませんU字の底から反...

  19. 初雪の可愛い痕跡 - 照片画廊

    初雪の可愛い痕跡

    かつて放牧場だった馬場公園です撮影した日はU字溝のあちら側から溝の底をたどって来ました幼子が初雪で雪だるまを作った痕跡がありました雪が降って手が加わらないところは早く融けますが人が固めた雪は融けにくいものですこれを撮って振り向くと もう一つ発見しましたリハビリウオークで 危険個所は避けたいですがこの公園を利用して時には不整地歩行の練習をやります身体バランス回復のリハビリにはもってこいの場所な...

  20. 側溝の落葉の清掃作業 - 照片画廊

    側溝の落葉の清掃作業

    今日の作業です歩いているのは歩道で 側溝にたまった枯れ落葉の清掃をしています内容は清掃ですが 看板には「維持補修作業……」とありますこういう文言ですと色々な作業に応用が利きますね作業日程は既定のものでしょうから厚い雪で側溝が詰まる状況でないのが幸いです今の北海道は こういう作業でも空模様と相談のうえで進行しています

総件数:76 件

似ているタグ