THAのタグまとめ

THA」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはTHAに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「THA」タグの記事(8)

  1. 閉塞性睡眠時無呼吸患者の股関節全置換術における術後転帰と麻酔法:州入院データベース(SID)の後向き解析 - 麻酔科医の日々

    閉塞性睡眠時無呼吸患者の股関節全置換術における術後転帰...

    ・研究の目的として、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者の股関節全置換術(THA)後における術後転帰を検証し、実践ガイドライン公表後における区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の使用トレンドを評価し、麻酔法にしたがって術後転帰を比較しようとした。・研究デザインは、後向き解析であった。・研究の場は、手術室であった。・対象患者は、349,008人の、待機的THAをフロリダ州・ニューヨーク州・メリーラン...

  2. 術後早期歩行に対するメピバカインとブピバカインによる脊髄くも膜下麻酔の比較:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    術後早期歩行に対するメピバカインとブピバカインによる脊...

    ・股関節全置換術後における早期歩行は早期退院を予測する。脊髄くも膜下麻酔は多くの臨床現場で好まれるが、歩行が遅れる可能性があり、特にブピバカインでそうである。メピバカインは中時間作用性局所麻酔薬であり、ブピバカインよりも早期歩行を可能にするかもしれない。この研究では、初回股関節全置換術において、メピバカインを投与された患者が高比重か等比重のブピバカインを投与された患者よりも早期歩行できる、と...

  3. 高齢患者の後方股関節全置換術での出血や輸血におよぼすプロポフォール目標制御注入を併用した脊髄くも膜下麻酔の影響 - 麻酔科医の日々

    高齢患者の後方股関節全置換術での出血や輸血におよぼすプ...

    ・脊椎間麻酔と全身麻酔(GA)は2つの主要な麻酔アプローチであるが、ともに欠点もある。この研究の目的として、高齢患者の股関節全置換術(THA)での出血や輸血におよぼすプロポフォール目標制御注入(TCI)を併用した脊髄くも膜下麻酔の影響を、脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)やGAと比較して評価しようとした。・合計、240人の患者(65歳以上、米国麻酔科学会術前状態分類[ASA] I〜III...

  4. 初回股関節全置換術後の術後尿路感染症におよぼす膀胱カテーテル法の影響 - 麻酔科医の日々

    初回股関節全置換術後の術後尿路感染症におよぼす膀胱カテ...

    ・尿路の膀胱カテーテルは股関節全置換術(THA)後の感染源となる可能性がある。それゆえに、この研究の目的として、THA患者において間欠的カテーテルがカテーテル留置とくらべて、術後尿路感染症(UTI)リスクの減少となるかどうか、を検証使用とした。・ある大規模医療システム内の15の病院でTHAをうける患者を前向きに2017年から2019年の間で集めて、カテーテル法に基づいて分類した:カテーテル無...

  5. 脊髄くも膜下麻酔の失敗と関連する因子:待機的な股関節と膝関節の全置換術をうける患者による8年の後向き解析 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔の失敗と関連する因子:待機的な股関節と...

    ・この8年の後向きレビューの主要評価項目は、待機的な股関節と膝関節の全置換術における脊髄くも膜下麻酔(SA)の失敗、とした。3542のSAsのうち、合計で135の失敗が同定された(3.8%)。失敗するオッズ増加と関連する因子は、より若年(オッズ比[OR]、1.03;95%信頼区間[CI]、1.01〜1.05)・より低い体格指数(BMI;OR、1.04[1.01〜1.08])・膝関節全置換術と...

  6. タイジャンボ スターアライアンス塗装 - one day, one photo

    タイジャンボ スターアライアンス塗装

    この日は飛行機撮影のために羽田へ行ったのではなく、ガンバ大阪の柏レイソル戦遠征。そのため、空港に滞在できる時間は僅かだったけれど、フォロワーさんに何を狙うべき?と聞いて返ってきたのがコレ。単なる記念撮影、記録撮影でしかないけど、私にとっては久しぶりのジャンボ。時間ギリギリだったけれど撮れて良かったし、フォロワーさんに感謝でした :-D(D5 + AF-S 300mm f/4E PF ED VR)

  7. 股関節全置換術に対する経筋腰方形筋ブロックと腰神経叢ブロックの比較:後向き傾向スコアマッチングコホート研究 - 麻酔科医の日々

    股関節全置換術に対する経筋腰方形筋ブロックと腰神経叢ブ...

    ・献体研究によれば、経筋腰方形筋ブロック(QLB)による注入により腰神経叢まで広がるとされる。我々の目的として、股関節全置換術(THA)をうける患者に対して経筋腰方形筋ブロックの鎮痛有効性を腰神経叢ブロック(LPB)と比較した。・経筋QLBをうけた30人の患者を、傾向スコアマッチングでLPBをうけた30人の患者と年齢・性別・ASAスコア・BMI・手術時間・術前オキシコドン・術中オピオイド使用...

  8. 初回股関節全置換術をうける高齢患者へのトラネキサム酸投与でヘモグロビンを維持し出血を減少させる - 麻酔科医の日々

    初回股関節全置換術をうける高齢患者へのトラネキサム酸投...

    ・高齢者におけるトラネキサム酸の効果は予測しづらい。この研究では以下のような研究議題について調べた:1)トラネキサム酸は初回股関節全置換術(THA)をうける高齢患者で有効か?と2)若年患者と高齢患者でトラネキサム酸の有効性に差異はあるか?・この2段階後向きマッチドペア研究ではTHAを2007〜2013年にうけた患者を対象とした。すべての手術は最低10年以上の経験がある上級コンサルタント外科医...

総件数:8 件

似ているタグ