TKAのタグまとめ

TKA」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはTKAに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「TKA」タグの記事(14)

  1. 硬膜外麻酔と全身麻酔が膝関節全置換術をうけた患者での血栓塞栓症におよぼす影響 - 麻酔科医の日々

    硬膜外麻酔と全身麻酔が膝関節全置換術をうけた患者での血...

    ・この研究の目的として、膝関節全置換術(TKA)で硬膜外麻酔と全身麻酔を適用する価値を検証しようとした。・最初、後向きに解析した患者156人は、膝関節全置換術を当院にて2019年1月から2020年1月にうけて対象とした。対照群(CG)で対象とした患者86人は、全身麻酔で治療した。残りの70人の患者は硬膜外麻酔をうけて、研究群(RG)に分けられた。術後の回復状態や有害反応を比較した。手術前後の...

  2. 膝関節全置換術後における麻酔法とターニケット使用と慢性術後疼痛:無作為化試験の事前設定二次解析 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後における麻酔法とターニケット使用と慢性...

    ・膝関節全置換術後の慢性術後疼痛はよくある問題で、患者不満の主要な原因である。この二次解析の目的として、膝関節全置換術後の慢性術後疼痛におよぼす麻酔法(脊髄くも膜下麻酔 vs. 全身麻酔)とターニケット使用の影響を検証しようとした。・以前に発表された群間単施設無作為化試験の、この二次解析では、膝関節全置換術を予定された患者404人が脊髄くも膜下麻酔か全身麻酔と、ターニケットなしかターニケット...

  3. 高リスク患者での股関節形成術と膝関節形成術におけるトラネキサム酸の安全性 - 麻酔科医の日々

    高リスク患者での股関節形成術と膝関節形成術におけるトラ...

    ・人工股関節全置換術と人工膝関節全置換術でのトラネキサム酸の使用が増加しても、安全性の懸念は残ったままである。全国請求データを使って、この研究では既存の併存疾患をもつ患者でのトラネキサム酸の使用を検証した。仮説として、トラネキサム酸の使用は併存疾患をもつ股関節形成術と膝関節形成術の患者における合併症リスク増加と関連しない、とした。・765,011例の人工股関節/膝関節全置換術で(2013〜2...

  4. 初回膝関節全置換術のマルチモーダル鎮痛プロトコルにIPACKブロックを加えることによる鎮痛の有効性 - 麻酔科医の日々

    初回膝関節全置換術のマルチモーダル鎮痛プロトコルにIP...

    ・末梢神経ブロックを統合させて、膝関節全置換術(TKA)のマルチモーダル鎮痛プロトコルとしているところが大半である。内転筋管ブロック(ACB)が取り入れられたのは、四頭筋筋力温存のためである。同様に、膝下動脈と後方膝関節包の間に局所麻酔薬を注入する、IPACKブロックは、後方膝関節への鎮痛を運動機能温存しつつもたらす、といわれている。この前向き無作為化比較試験の目的として、初回TKAをうける...

  5. 米国退役軍人病院で膝関節全置換術をうけた術後30日転帰に対する区域麻酔と全身麻酔の比較 - 麻酔科医の日々

    米国退役軍人病院で膝関節全置換術をうけた術後30日転帰...

    ・この研究の目的として、どの麻酔法が米国退役軍人患者の初回膝関節全置換術(TKA)後における30日転帰で優れているか、を検証しようとした。我々の知っている限りでは、これが退役軍人保険局からの最初の報告として、TKAをうけた患者で違った麻酔法を比較したものでる。・退役軍人手術の質向上プログラムデータベースを使用して、2008〜2015年の期間に初回TKAをうけた患者を分析した。対象患者を使用し...

  6. 膝関節全置換術後におけるiPACK(膝窩動脈と膝後部関節包の間隙)ブロックと脛骨神経ブロックの運動温存効果比較 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後におけるiPACK(膝窩動脈と膝後部関...

    ・膝窩動脈と膝後部関節包の間隙(iPACK)を目標とした超音波ガイド下麻酔法は、膝関節全置換術(TKA)後における運動機能温存した膝後部の鎮痛をえられる。この研究では、局所浸潤鎮痛(LIA)と持続内転筋管ブロック(CACB)と併用した場合の、iPACKブロックと脛骨神経ブロック(TNB)の腓骨神経による運動温存効果を比較した。・この研究では、105人の患者が待機的TKAを予定され、脊髄くも膜...

  7. 膝関節全置換術後の早期術後疼痛に対する経皮ブプレノルフィンパッチの有効性と安全性 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後の早期術後疼痛に対する経皮ブプレノルフ...

    ・膝関節全置換術(TKA)は中等度から高度の術後疼痛と関連する。満足できる周術期鎮痛が良好で予測可能な手術転帰には不可欠である。有効性のある術後疼痛管理が治療する外科医やそのチームには大きな困難となる。高齢や多数の併存合併症が提供できる鎮痛の選択肢を制限する。経皮的ブプレノルフィン(TDB)は慢性疼痛管理に広く使用されているが、急性の術後期にはめったに研究されていない。この研究の目的として、...

  8. 両側一期的膝関節全置換術における予防的硬膜外鎮痛:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    両側一期的膝関節全置換術における予防的硬膜外鎮痛:無作...

    ・議論のあるところだが、先制鎮痛によって疼痛知覚の変容を予防して術後疼痛の増幅を減少させることがあることが示されてきた。このため、患者カテゴリーと鎮痛法を適切に組み合わせることで、術後に開始する同様な鎮痛法よりも有効である可能性がある。そこで、この研究をおこなうことで、両側一期的膝関節全置換術後における疼痛の強度と持続時間を減少させるための予防的硬膜外鎮痛の有効性を評価しようとした。・50人...

  9. 膝関節全置換術に対する持続神経ブロックと単回投与神経ブロック:無作為化比較試験からのメタ分析 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術に対する持続神経ブロックと単回投与神経ブ...

    ・このメタ分析の目的として、膝関節全置換術(TKA)後において持続神経ブロック(CNB)が単回投与神経ブロック(SSNB)よりも良好な疼痛緩和と機能回復をもたらすかどうかを検証しようとした。・Embase・PubMed・Cochrane Library Databasesを包括的に検索した。修正Jadadスコア≧4の無作為化比較試験(RCTs)でTKA後の患者においてCNBをSSNBと比較し...

  10. 急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼痛の独立した予測因子である:前向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼...

    ・おおよそ15%の患者が、膝関節全置換術(TKA)後に手術的にはうまくいっているものの、持続する膝の疼痛を訴える。この研究の目的として、患者・手術・心理学的な交絡因子を制御したうえで、急性術後疼痛(APSP)とTKA後6ヶ月の慢性術後疼痛(CPSP)の関連性を検証しようとした。・変形性関節症の成人で待機的に初回トリコンパートメントTKAをうけて、手術側の膝関節に術前から疼痛のある患者が、20...

  11. 膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と術後疼痛の関連性 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と術後疼痛の関連性

    ・周術期スタチン使用が術後疼痛を増強するのか減弱するのかを検証できるデータは不十分である。この研究の目的として、脊髄くも膜下麻酔下でおこなった膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と疼痛転帰との関連性を検証しようとした。・この後向き観察研究は、2005年1月から2017年10月のある三次病院での医療診療録に基づいておこなった。医療診療録は待機的に膝関節全置換術を脊髄くも膜下麻酔下に入院し...

  12. 膝関節全置換術における術前と術後のRNA発現:遷延性術後疼痛をもつ患者ともたない患者におけるパイロット研究 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術における術前と術後のRNA発現:遷延性術...

    ・遺伝子発現の差に注目することで、遷延性術後疼痛(CPSP)に関わる生物学的経路に深い洞察がえられるかもしれない。我々は、膝関節全置換術(TKA)における術前と術後の血液RNAマイクロアレイを、患者ごとにCPSPの有無で比較した。・初回TKAを予定された患者の全血サンプルを、術前と術後48時間と術後6ヶ月に採取した。RNA発現(54613転写産物)の分析は、『アフィメトリクスHG-U133 ...

  13. 区域麻酔と膝関節全置換術後の再入院率 - 麻酔科医の日々

    区域麻酔と膝関節全置換術後の再入院率

    ・膝関節全置換術はよくおこなわれている手術で、全国的に健康保険の支出に大きく寄与する。再入院の頻度を減少させることは、患者の健康や関連する経済的支出に重大な影響をおよぼす可能性がある。区域麻酔という麻酔法がプライベート保険に加入している患者での再入院率や支出の減少に関連するかどうかは不明なままである。・診療報酬請求データベースを用いて、プライベート保険に加入した18〜64歳で膝関節全置換術を...

  14. 膝関節全置換術後において急性痛は慢性オピオイド使用と関連する - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後において急性痛は慢性オピオイド使用と関連する

    ・疼痛スコアは臨床現場では日常的に報告されており、この日常的に測定されている患者により報告された変数が、術前オピオイド使用者集団において術前と周術期の変数を考慮した後に、特に慢性オピオイド使用に関する予後情報を予測できるかどうかを調べようとした。・32874人の術前からオピオイド使用歴があり、初回膝関節全置換術を退役軍人病院で2010年から2015年にうけた患者で、急性痛を低くか高く報告した...

総件数:14 件

似ているタグ