WGIPのタグまとめ

WGIP」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはWGIPに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「WGIP」タグの記事(129)

  1. だんだんこの国の闇が見えてきた - 私の心の宇宙

    だんだんこの国の闇が見えてきた

    とにかく、考えれば考えるだけ、闇だらけなのだ。憲法改正だけでは済まない。民法、刑法、家族法、税法・・、教育制度など、根底から改革しなくてはこの国は潰れる。日本人の優秀さに恐れをなした米国占領軍のGHQによって日本が再び力をもたないように、国が潰れるようにプログラムしていたのだ。それが1945年のWGIP(日本人骨き政策)だ。1945年大東亜戦争終戦以来、占領軍GHQのWGIP(日本人骨き政策...

  2. 戦後レジームの終焉 - あんつぁんの風の吹くまま

    戦後レジームの終焉

    中共の習近平による人民弾圧が激化する中で、疫病大流行に端を発した世界情勢が大きく変化しつつあります。しかし、それを歴史の中から俯瞰すると、日本においては「戦後レジーム」の終焉を意味すると考えて好いと思います。終戦後、日本国民は耐え難きを耐え忍び難きを忍んで国を豊かにして来ました。しかし、「戦後レジーム」とは日米安保条約に拠る実質的な米国の植民地体制のことでありますから、如何に日本国民が汗水を...

  3. これまでの革新政党やメディアはこの国を崩壊させるのに76年間貢献してきた  - 私の心の宇宙

    これまでの革新政党やメディアはこの国を崩壊させるのに7...

    いまだに頭の切り替えができないでいるのは致命的だ。今気がついたとしてもすでに手遅れではないか。全てGHQによるWGIP(日本人骨抜き政策)によって洗脳された自虐史観にある。原爆投下の責任も追及せず、ロシアの日本人シベリア抑留に賠償も求めず、広島長崎の原爆の悲惨、大東亜戦争の悲惨はいうが、全て日本が悪うございました、2度と戦争はしませんというばかり。これが自虐史観である。いい加減にしてこの自虐...

  4. ヒットラーは麻薬中毒だった。今の米国大統領もその類いであろうことは容易に想像がつく。 - あんつぁんの風の吹くまま

    ヒットラーは麻薬中毒だった。今の米国大統領もその類いで...

    「ナチスドイツのヒットラーは麻薬中毒だった」と、スタンフォード大学フーヴァー研究所の西鋭夫教授は云う。その理由として、ヒットラーは総入れ歯であったことを挙げている。見事に一本も歯が無かったのである。狂人に操られた国は不幸だ。ところで、バイデン米国大統領の歯並びが綺麗過ぎるのが気になる。彼も総入れ歯ではないだろうか。過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ

  5. 中共の挑発に乗ってはならない! - あんつぁんの風の吹くまま

    中共の挑発に乗ってはならない!

    日本人は盧溝橋事件の教訓を忘れてはなりません。戦争をすると儲かるのは戦勝国ではありません。戦争が始まると儲かる国、それがディープステートです。第一次世界大戦でも、第二次世界大戦でも、英国は戦勝国でしたが国力が豊かになるどころか衰えてしまいました。日本は、第一次世界大戦で戦勝国となり、アメリカとともに豊かな国になりました。しかし、そのことに警戒心を抱いた連中が、あの大東亜戦争を仕掛けたのです。...

  6. 日本と親密になった国が繁栄している事実を見れば 世界史は日本抜きで語れない - あんつぁんの風の吹くまま

    日本と親密になった国が繁栄している事実を見れば 世界史...

    日本の歴史教育が、GHQによる「WGIP」に拠って大きく歪められていることは、ようやく、日本人に認知されるようになってきました。その結果、日本文明が世界一優れていることも、ようやく、堂々と主張出来るようになりました。オランダ、大英帝国、アメリカ合衆国、韓国、中華人民共和国、これらの国が発展した大きな要因は、日本と親密な関係にあったからに他なりません。世界美術史の権威である田中英道に拠れば、縄...

  7. 侵略背任売国罪!過去3百年に権力職、公職、通貨、メディア各職に就いた者の子々孫々は永久にこれら職に就く事は出来ない!血縁で我々の公的職から永久排除!各国適用要請!朝鮮人犯罪率全人種ワースト1!44 - Warendsasjapquit's Blog

    侵略背任売国罪!過去3百年に権力職、公職、通貨、メディ...

    ゲレンデマン~「戦っても滅びる、戦わなくても滅びる、なら戦って滅びた方が自分達の子孫がまた再起する」開戦時の永野陸軍総統の言葉です。ゲレンデマンこの話以前になんで日本が戦争を始めざるを得ない状況に追い詰められて、どんな想いで戦争に挑んだかって理解する事もめっちゃ大事~ERRZMA MKRD高校2年生だけど本当に日本には変わってほしいそして世界が変わってほしいでも、なにもうごけない自分が情けな...

  8. 「偽善」と「売国奴」という言葉を埃を被った辞書から引き出しましょう - あんつぁんの風の吹くまま

    「偽善」と「売国奴」という言葉を埃を被った辞書から引き...

    ようやく、我々日本人はウォー ギルト インフォメーション プログラム(WGIP)の呪縛から解き放たれようとしています。しかし、油断は禁物です。歴史を知らない若者を唆して、偽善者がこの国を悪魔に売り渡そうとしているからです。真実は最強の武器です。歴史の真実を見つめ直して若者たちに伝えましょう。それが老人の使命で在ります。産経新聞の意見広告***正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

  9. 今年は「社会正義とは何か」を考える好機で在る - あんつぁんの風の吹くまま

    今年は「社会正義とは何か」を考える好機で在る

    昨年は、疫病の大流行(パンデミック)によって、世界中が社会崩壊の危機に直面しました。しかし、社会正義とは何かを考え直す好い機会となったことも事実です。即ち、現代社会は「体制の見直し」を求められていると云えます。地方公共団体(地方自治体)の使命(目的)は「社会福祉を推進する」ことで在ります。では、社会福祉の推進とは何かと云えば「人権擁護と社会正義の実践」であることは民主主義の常識です。しかしな...

  10. 是非ともトランプさんの靖国神社参拝を実現させようではありませんか - あんつぁんの風の吹くまま

    是非ともトランプさんの靖国神社参拝を実現させようではあ...

    トランプ米国第45代大統領はアメリカにおいて今尚絶大な人気を博しています。それはまるでトルーマン大統領に解任されたマッカーサー元帥に匹敵するものと云って差し支え在りません。マッカーサー元帥が朝鮮戦争を戦った理由は共産主義勢力から世界を守るためでした。そして、同時に、日本の支那大陸で戦った理由が共産主義者の浸透を防ぐためであったことを、彼はあの戦いにおいて悟ったのでした。トランプ大統領も明確な...

  11. 日本という国に対する私の認識 - 私の心の宇宙

    日本という国に対する私の認識

    結論から言えば、奇跡でも起きない限り致命的状況である。1945年から考えれば十分である。大東亜戦争(通称太平洋戦争)は昭和16年12月8日の日本軍による真珠湾攻撃から始まったという固定観念が出来上がっている。しかし、これはアメリカのルーズベルトが仕組んだもので、終戦後の東京裁判でインドのパール判事が日本は無罪であると判決した。日本は明治維新から30年かそこらで、大国清国との日清戦争に勝利し、...

  12. 人民の真の敵はテロリストでは無くジャーナリストである - あんつぁんの風の吹くまま

    人民の真の敵はテロリストでは無くジャーナリストである

    スパイ組織にいたロシアのプーチン大統領が「我々の真の敵はテロリストでは無くジャーナリストである」と云ったとか。真相は定かではありませんが、的を射た言葉だと思います。今度のアメリカ大統領選挙の社会混乱を見ていると、情報業界(メディア)の独占的情報遮断が、混乱を引き起こした大きな原因であることは明らかです。何せ、国家の最高権力者の発言を封じ込めるのですから、情報報道業界は地球規模の権力を握ってい...

  13. もうじき 東京裁判のやり直し軍事裁判が始まるだろう - あんつぁんの風の吹くまま

    もうじき 東京裁判のやり直し軍事裁判が始まるだろう

    米国の大統領選挙の結末がはっきりしないままに、トランプ大統領の大統領としての任期が切れようとしています。そのためか、今、ワシントンD.C.は数万の軍隊が占領していて、まるで戒厳令が敷かれているような様相です。どうやら、臨時の軍事政権が出来る可能性が在ります。ディープステートと云われる不正選挙を引き起こした連中は、過去に、ルーズベルト大統領を操って第二次世界大戦を引き起こした悪の組織なのです。...

  14. 小さな悪事であっても黙認していると 真似する輩が増えて 必ず社会が崩壊する。 - あんつぁんの風の吹くまま

    小さな悪事であっても黙認していると 真似する輩が増えて...

    社会が崩壊する仕組みはそれほど複雑ではありません。トランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏がニューヨーク市長になる前は、地下鉄に乗るのも危険なほどニューヨーク市は悪事が蔓延していました。ジュリアーニ氏が市長になって断行した事は、小さな悪事を見逃さないと云う事でした。マフィアが蔓延る街の些細な悪事も見過ごす事なく、悪い事をした輩を徹底して牢屋にぶち込んだ結果、今では市民が安心して歩ける街にな...

  15. 政治家の無能、官僚の無能、経済界の無能、マスコミの無能、これはまさに戦後教育の惨憺たる結果 - 私の心の宇宙

    政治家の無能、官僚の無能、経済界の無能、マスコミの無能...

    高学歴、有名大学卒のいわゆるエリートの無能さの根元はどこにあるか。それは1945年大東亜戦争後のGHQの占領政策であるWGIPによる日本人無能化政策が定着してしまったことにある。つまり、GHQ(占領軍)が去って日本が独立した後も、GHQによって作り上げられた日本国憲法を根底から見直すこともなく、東京裁判の出鱈目さを見直すこともなく、社会制度も教育制度も見直すこともなく、ひたすら経済を追求する...

  16. マスメディアの報道では分からない緊迫した世界情勢 - あんつぁんの風の吹くまま

    マスメディアの報道では分からない緊迫した世界情勢

    新聞やテレビは云うに及ばず、今やネットメディアでさえも、かつての大本営発表のように偽の情報を垂流しています。メティアも資本主義社会ではプロパガンダの媒体に過ぎないのです。しかし、情報通信技術を会得してTwitterやYouTubeをネットサーフィンしている者は、もうその事に気が付いて来ています。中共の華 春瑩(ホァ チュンイン、か しゅんえい)報道局長が、武漢ウイルスに感染したトランプ米大統...

  17. 悪事を黙認していると真似する輩が出てくる - あんつぁんの風の吹くまま

    悪事を黙認していると真似する輩が出てくる

    今回の武漢ウイルスの大流行は生物化学兵器の威力を恐ろしいまでに見せつけてくれました。そのことを考えると、トランプ米国大統領が武漢ウイルスに罹って入院を余儀なくされているとの報道に、ホットな戦争が始まる可能性が高まったと判断してよいと思います。中国共産党は、ディープステートのグローバルな資本主義思想を真似て、発展途上国はもちろん老化した欧州諸国を支配しようとしているのは明らかです。この様に、中...

  18. 「七人の侍」になりませんか - あんつぁんの風の吹くまま

    「七人の侍」になりませんか

    黒澤監督の映画「七人の侍」やそのハリウッド版「荒野の七人」を観たことがない人が居るかも知れないので簡単に説明すると、野武士(山賊)に収穫期になると必ず襲われる村の村人たちは戦う決意をして七人の侍を雇います。その村を守り抜いた侍は「勝ったのは儂たちじゃない、あの百姓たちだ」と言って村を去る物語です。この映画でも、村の長老が「腹が減ったら熊でも山を下りて来る」と言っているように、米国との貿易を断...

  19. 「白人と戦ったアジア人」と「白人の側についたアジア人」の二種類のアジア人が居る。 - あんつぁんの風の吹くまま

    「白人と戦ったアジア人」と「白人の側についたアジア人」...

    台湾民主化の父であった李登輝元台湾総統が亡くなりました。彼は英雄として歴史に名を留めることでしょう。この新聞記事に在るように、李登輝元総統は靖国神社参拝の為に何度も訪日していました。日本には民主主義国家を守った名も無き英雄がいたことを知っていたからです。勿論、有名な英雄もいます。日本を植民地にしようと目論んでいたスペインを排除した英雄は豊臣秀吉です。また、日本が大英帝国の植民地になるのを防い...

  20. いま 後藤新平 が生きていたら - あんつぁんの風の吹くまま

    いま 後藤新平 が生きていたら

    疫病の大流行と云う非常事態によって現在の社会秩序が崩壊しつつあります。いわゆる既成概念の喪失です。そもそも『社会』とは、後藤新平や武田邦彦中部大学教授の云うように、「ヒトという細胞の集まった人間」なのです。ですから「社会秩序が乱れる」とは「社会と云う人間」が病気に罹ったことを意味します。病気を治さねば人間は死んでしまいます。「社会」が崩壊すれば「ヒトという細胞」も死ぬのです。いま、日本を含む...

総件数:129 件

似ているタグ