WGIPのタグまとめ

WGIP」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはWGIPに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「WGIP」タグの記事(45)

  1. 村上春樹と私とは個人主義的生き方が逆である - あんつぁんの風の吹くまま

    村上春樹と私とは個人主義的生き方が逆である

    有名な作家である村上春樹の人間性について疑問を感じていたのですが、文芸春秋に寄稿した彼の手記を読んで、「あぁ、やっぱりそうだったのか」と腑に落ちる気がしました。村上春樹は、父との関係がうまくいっていなかったのでは無いかと云う感じがしていたのですが、やはりそうだったという訳です。外国で長く暮らしていたり、彼の日本社会に対する関わりのなさは、父親との関係に原因が在ったと云えると思います。実は、私...

  2. 令和を白秋の時代として生きてゆきたいと思う - あんつぁんの風の吹くまま

    令和を白秋の時代として生きてゆきたいと思う

    我が国には四季があってそれぞれに色がつけられ、青春、朱夏、白秋、玄冬と表現していました。また、日本文明は言霊(ことだま)によって二千年以上も伝承されてきましたが、支那の表音文字である漢字を表意文字として使用することにより、人のこころを表現する術を飛躍的に高めて今日に至っております。このことにより、日本人は情緒豊かな民族として栄えてきました。それを殊更自慢する必要は在りませんが、誇りに思うこと...

  3. 誰かがやらなければならないこと - あんつぁんの風の吹くまま

    誰かがやらなければならないこと

    科学的な発見とか発明というものは、何時かは、誰かの手によってそれを実現されるものであるけれども、改革というのは誰かが命懸けでやらなければ実現しないものなのです。統一地方選挙が終わりましたが、投票率の低さだけが目立った他人事の出来事でした。政治に無関心でいられる。これが平和と云うものなのでしょうか。唯一の救いと云うか希望は、大阪維新の党が大阪都構想を再度掲げて市民の支持を勝ち取ったことです。国...

  4. 今も昔も陰謀は政治の常套手段 - あんつぁんの風の吹くまま

    今も昔も陰謀は政治の常套手段

    陰謀は今も昔も政治を動かす常套手段です。しかし、中々その陰謀と云うのは表に出てこないので、現在進行形の謀略を指摘しても信じてもらえませんが、「陰謀」に無関心でいることは社会の平和を否定することでも在ります。幸いにして、情報通信技術革命の御陰で、陰謀が暴露されると、直ぐにその情報が一般市民にも手に入るようになりました。カルロス・ゴーン日産元会長の逮捕劇についても様々な見方が在りますが、ルノーの...

  5. 日本人の日本人による日本人の為の憲法 - あんつぁんの風の吹くまま

    日本人の日本人による日本人の為の憲法

    エイブラハム・リンカーンは、南北戦争最中のゲティスバークにおいて、次のような演説をしました。80と7年の昔、我々の父祖は、自由を本義とし、すべての人間が平等に作られているという信念に捧げる新しい国をこの大陸に作り上げました。今、我々は大きな内戦の中にいます。この国が、ひいては同じ本義と信念をもった国が、末永く続いていけるかが試される戦いです。我々はこの戦争のすさまじい戦場に集まりました。国が...

  6. ゴキブリは殺すしかない?ヒットラーは熱心なキリスト教信者だった事を声高に言わねばなるまい。 - あんつぁんの風の吹くまま

    ゴキブリは殺すしかない?ヒットラーは熱心なキリスト教信...

    「ゴキブリが出たら殺すしかない」という前提で議論を進めたら、「ユダヤ人がいたら殺すしかない」とか「日本人は殺すしかない」という、キリスト教信者や優生学を信じる白人の考えも正しいことになる。少なくとも仏教ではそのようなことを教えない。神道でもそのような考えに基づいたしきたりは無い。東京新聞から抜粋争いは力のある者が始めるものと相場は決まっている。何故ならば、負けると分かっている戦いをする権力者...

  7. 今日から「東京大空襲」改め「東京空襲大虐殺」と呼びましょう。 - あんつぁんの風の吹くまま

    今日から「東京大空襲」改め「東京空襲大虐殺」と呼びましょう。

    戦時国際法というものが在って、非戦闘員を殺してはならない決まりになっているのですが、どういうわけか東京新聞の編集長はそんなことも無関心のようです。母は秋田の実家に疎開していましたので難を逃れましたが、この時の空襲で世田谷の家は焼けてしまいました。また、昔、職場で働いていた女性事務長は、この空襲で逃げ惑い、トンネルの中で押しつぶされて死にそうになったそうです。そのせいかどうか判りませんが、この...

  8. 国連が解体されれば、必然的に、日米安保条約は解消されます。 - あんつぁんの風の吹くまま

    国連が解体されれば、必然的に、日米安保条約は解消されます。

    今の日本人は日米安保条約に無関心ですが、国際連合については国際平和の為に必要な組織だと思っているのではないでしょうか。東京新聞より抜粋ノーベル平和賞を受賞したマララさんは、頭に銃撃を受けたのにも係わらず、髪の毛を剃らないで頭の手術に成功した世界最初の人と云われています。ところが、国際連合などはまやかしのものである事は朝鮮戦争の勃発によってハッキリしています。マッカーサー元帥がトルーマン大統領...

  9. シベリア抑留の真実を改竄する東京新聞を嘲笑う。勝者も敗者の戦没者を慰霊するのが武士道と云うものだ。 - あんつぁんの風の吹くまま

    シベリア抑留の真実を改竄する東京新聞を嘲笑う。勝者も敗...

    日本では外国のスパイが公然と活動していています。日本放送協会や朝日新聞などは彼らの牙城でも在るのですが、そのことを知った上で新聞記事を読むと、戦争を知らない優しい心の日本人に自虐意識を植え付けようと企んでいるのがよく判ります。しかし、日本はもうマスメディアの時代ではありません。2チャンネルから始まった電子掲示板形式のソーシャル・ネットワークキング・サービスにより、捏造した情報はたちまちのうち...

  10. 朝鮮戦争の真実( 韓国は朝鮮戦争の当事者に非ず ) - あんつぁんの風の吹くまま

    朝鮮戦争の真実( 韓国は朝鮮戦争の当事者に非ず )

    朝鮮戦争は未だ終結しておらず、休戦状態のままであることは多くの人が知っていることですが、この休戦協定の締結国に韓国が含まれていないことを知っている人は少ないと思います。署名者は、国連軍(UNC)を代表してアメリカ陸軍のウィリアム・ハリソン・Jr(英語版)中将、朝鮮人民軍及び中国人民志願軍(中朝連合司令部)を代表して南日大将、更に、国連軍総司令官のマーク・W・クラーク大将と中国人民志願軍司令員...

  11. 日本人が成し遂げた最大の功績は「人種差別撤廃」以外に考えられない - あんつぁんの風の吹くまま

    日本人が成し遂げた最大の功績は「人種差別撤廃」以外に考...

    正月がようやく終わったと思ったら、あっという間に二月ももう半ばになりました。立春も過ぎて、梅も満開です。二月十四日は、日本の放射線医学の草分けと云われている、祖父の命日でした。その祖父は、第一次世界大戦で荒廃した欧州へ新妻と共に留学します。帰国の途の際には、大西洋を渡って米国に行き、ナイアガラの滝を見て、アメリカ大陸横断鉄道に乗ってアメリカ西海岸から日本に戻ってきました。つまり、欧州とアメリ...

  12. 敗戦利得者の犯罪的行為。意図的に誤訳した岩波文庫の「紫禁城の黄昏」 - あんつぁんの風の吹くまま

    敗戦利得者の犯罪的行為。意図的に誤訳した岩波文庫の「紫...

    敗戦利得者は、当然と云えば当然のことなのですが、自分たちに都合の悪い歴史を隠蔽します。つまり、勝者は歴史を隠蔽・改竄するものなのです。明治政府も自分たちを批判する者を罰する法律を作って歴史の隠蔽を図っています。そのことを考えれば、戦後レジームの現代においても、戦前の歴史は改竄されていると考えるのが自然なのです。***正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

  13. 文明人は善悪で考え、文化人は損得で考える - あんつぁんの風の吹くまま

    文明人は善悪で考え、文化人は損得で考える

    二千年以上も続いてきた日本文明は、人類の繁栄の為に寄与する、世界に誇れる思想なのです。しかし、そのことを認識出来ない日本人が非常に多くなってきてしまいました。その理由は、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)に多くの日本人が洗脳されたままで居るからなのですが、それでも、敗戦利得者である教育関係者、司法関係者、報道関係者、政治家以外の人々は、戦後レジー厶のまやかしに気が付い...

  14. 「南京虐殺事件」を信じる人は「黄河決壊事件」を知らない人である。 - あんつぁんの風の吹くまま

    「南京虐殺事件」を信じる人は「黄河決壊事件」を知らない...

    解禁されたアメリカの超機密文書によって大東亜戦争の真実がどんどん明らかになっています。しかし、最近ではインターネットによる情報においても、情報通信技術を悪用して真実の伝承を妨害する手段が一般的に使われるようになり、本当の歴史を知ることが難しくなってきました。特に南京事件では城壁で囲まれた都市が戦場になったこともあり、市民が巻き添えになることは戦争を知らない今の人たちにも容易に想像がつくので、...

  15. 今年一年を振り返ってみると、「フェイク」だらけの世の中から真実の光が射して来たように思います - あんつぁんの風の吹くまま

    今年一年を振り返ってみると、「フェイク」だらけの世の中...

    いままでの三十年間は、明らかに貧富の差が激しくなり、善悪がないがしろにされてきた時代だった。ようやく、世界の価値観が「損得」から「善悪」に変わって来るような気配がするけれども、同時に、そのことによって戦争の烽火が燻り始めているようにも思う。平和裏に貧富の差が解消される手だてはないだろうか。***正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

  16. マッカーサー元帥が残していった、グラスルーツデモクラシーを行使しようではありませんか。 - あんつぁんの風の吹くまま

    マッカーサー元帥が残していった、グラスルーツデモクラシ...

    日本は今、米国の植民地として好いように食い物にされているだけでなく、WGIPという密かなる日本民族抹殺計画により、どんどん侵略されています。前にも書きましたが、日本人は生まれながらに日本株式会社の株主であったはずが、侵略されてあらゆる資本を乗っ取られた結果、日本人に生まれてきた者は日本株式会社の労働者になってしまいそうです。しかし、悲観することは在りません。マッカーサー元帥は聖徳太子に勝ると...

  17. 「何故 アメリカは日本民族を消滅させようと企んでいるのか」を考察する - あんつぁんの風の吹くまま

    「何故 アメリカは日本民族を消滅させようと企んでいるの...

    今なお、人種差別、民族差別をしている国が在ります。帝国主義、植民地主義の復活といっても良いでしょう。あの何百万人という死者を出した大東亜戦争はいったいなんだったのか。人々の熱狂が冷めて歴史となった今、もう一度検証する必要が在りそうです。東京新聞より抜粋六十年安保、七十年安保、学生運動の時代が青春だった人々が、社会から引退して老人となり暇つぶしにインターネットを始め、真実の情報を知る手段を手に...

  18. 日本は未だに征服されたままなのです嗚呼、リメンバー パールハーバー ! - あんつぁんの風の吹くまま

    日本は未だに征服されたままなのです嗚呼、リメンバー パ...

    「リメンバー パールハーバー ! 」今日、十二月八日は日本が米国に宣戦布告した日です。つまり、ルーズベルトの謀略にまんまと引っかかってしまった屈辱の日なのです。今では当時の機密資料が公開されているので、日米戦争はルーズベルトが仕掛けたものであることは明らかになっているのですが、予想もしなかった日本人の頑張りによって、世界の歴史は大きく変わりました。しかしながら、日本人にはその後遺症が未だに残...

  19. 地方自治体の無い国家なんて民主主義国家とは云えない - あんつぁんの風の吹くまま

    地方自治体の無い国家なんて民主主義国家とは云えない

    現在の日本には主権が存在しません。それは日米安保条約が日本国憲法の上に位置していることからも明らかですし、外交問題どれ一つをとっても日本国政府が勝手に決断することは出来ない事実からしても明白です。田中角栄が失脚したのは、米国の了解なしに勝手に中共と外交関係を締結したからであり、小泉純一郎が北朝鮮の拉致被害者を連れて帰れなかったのも、同様に米国の横やりが入ったからなのです。では、日本が主権を回...

  20. 「文明の証明」大嘗祭について、此の際、大いに議論を深めませんか。 - あんつぁんの風の吹くまま

    「文明の証明」大嘗祭について、此の際、大いに議論を深め...

    東京新聞より抜粋十一月二十三日は、本当は新嘗祭といって、新しく出来たお米を天皇が神様と一緒にお食べになる大変重要な日なのです。それを勤労感謝の日にしたのは、WGIPによる、日本民族を消滅させる陰謀です。そして、新しい天皇が、初めて、新しくできたお米を神様と一緒にお食べになる行事が大嘗祭なのです。つまり、天皇が神様と初めて同じ釜の飯を食う、神様と同じ仲間入りをする非常に大事な日なのです。「文明...

総件数:45 件

似ているタグ