XF10-24mmF4 R OISのタグまとめ

XF10-24mmF4 R OIS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはXF10-24mmF4 R OISに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「XF10-24mmF4 R OIS」タグの記事(109)

  1. 気持ちのよい朝 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    気持ちのよい朝 / X-T2 + XF10-24mmF...

    最近は気持ちのよい朝が少ないので、写真を見て思い出します。Amazon.comからの荷物が遅延しています。今日届くといいな。クリックで応援お願いします。

  2. モノクロの朝 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    モノクロの朝 / X-T2 + XF10-24mmF4...

    雨が続きますね。一度雨の中で本気撮影してみたいとは思うのですが、酸性雨にやられて禿げてきたら大変なのでやってません。傘を差しながらコンデジで片手撮影くらいが精一杯です。こんなんじゃ、プロになれないですね。写真全般ランキングへ

  3. 露出補正についての話し(3) - 一人の読者との対話

    露出補正についての話し(3)

    この写真を見た妻から「こんな色している所なんて実際には無かったよね?」と質問された。その通りである。まずは、Velviaで撮っているのだからそれだけで実際より艶やかな色味になっている。しかし、JPEGファイルの色はもっと薄い黄色である。一番薄い黄色の部分が周囲まで広がっている。この写真は一目見て妻が「実際」とは違うと分かったほど現実とは異なる色合いである(妻はそういう感覚がもの凄く鈍感な人間...

  4. 露出補正についての話し(2) - 一人の読者との対話

    露出補正についての話し(2)

    FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF10-24mmF4 R OIS ISO400 F4.0 1/1100 +0.33EV AWB JPEG-Velvia(2)を書くような話でも無いのだけれど、ただ写真だけ掲載するほど立派な写真だということでもないので文章を付す。いや、卑下しているわけでは無い。それなりに綺麗な写真だと思う。しかし、目の具合がとても悪く、明るさの度合いとコントラ...

  5. 撮って出しで綺麗な絵が出るのがX-T2の魅力 - 一人の読者との対話

    撮って出しで綺麗な絵が出るのがX-T2の魅力

    いわゆる「撮って出し」というやつである(リサイズはしている)。今回撮った写真にはノーレタッチでもなんとかブログに載せられるようなカットが多かった。綺麗な光で撮った写真が割と多かったのがそうなった理由だと思う。この写真の場合、-1.0EVの露出補正を掛けているので、まったく露出に対する知識が無い人が露出補正無しのオートで撮影すればもっと明るい写真に成ってしまうとは言え、補正値のさじ加減さえ出来...

  6. 剣が峰から振り返ってみる登山道 - 一人の読者との対話

    剣が峰から振り返ってみる登山道

    乗鞍岳(剣が峰)山頂手前から振り返ってみる登山道の光景。こうやって写真で見るとやはり美しい。登っているときにはちょっときつかったけれど(笑)。久しぶりに登ってみて、やはり、3,000m峰は気持ちいいと思った。左は剣が峰手前の蚕玉岳(2,979m)、コロナ観測所の左の山は摩利支天岳(2,873m)。2,800mの山を見下ろすというのはやはり気分爽快である。

  7. 乗鞍高原の紅葉 - 一人の読者との対話

    乗鞍高原の紅葉

    乗鞍高原の紅葉は標高1600mあたりまで降りてきていた。畳平に上がるバスの車窓からの景色がとても美しかった。

  8. 川の上 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    川の上 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS

    せっかく10-24mmを使っているのに、気がつくと24mmで撮っている。悲しい。超広角を使い切れていない。写真全般ランキングへ

  9. 171009横谷峡 - 一人の読者との対話

    171009横谷峡

    「速報(1)」「速報(2)」「速報(3)」は削除しました。写真は横谷峡の王滝。

  10. 留守中の埋め草(1) - 一人の読者との対話

    留守中の埋め草(1)

    昨年はよく山に登った。妻と娘は18回。私は16回。息子は15回。今年はまだ指折り数えるほどしか山に登っていない。山ららしい山には一度も登っていない。今週は、土曜日は朝まで雨が残るが、日月は好天に恵まれそう。長野の山は高いところだともう紅葉の盛りを迎えているだろう。久しぶりに山に登りたいと思う。写真は7月17日に歩いた八方尾根。ケルンの先を歩いている妻と娘が写っている。[10月7日午前2:43...

  11. 稲刈り - 季節のおくりもの

    稲刈り

    10月ですね・・・青空の下、農家の人々は黄金色に変わった稲穂の刈り入れ作業に追われていた。最近は、トラクターやコンバインでの稲刈りになり、昔ながらの手作業を見ることは、無くなった。田舎体験などで、皆で楽しく作業するときは、鎌で稲を刈るのが定番でしょう(^_^)そんな、稲刈りが終わった田んぼ・・・隣の田んぼには、まだ稲残ってますね・・この時期は、稲穂が揺れる田んぼと稲刈りが終わった田んぼのパッ...

  12. 朝 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    朝 / X-T2 + XF10-24mmF4 R OIS

    朝散歩。この日もほとんど焼けませんでした。湿度の高い朝は撮影チャンスみたいです。写真全般ランキングへ

  13. ちょっとした雑感(15) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(15)

    モノクロの方がいいような気がしたが、カラーの方が光がよりはっきりと写っていたのでカラーも載せておく。カラーも全体的にとても柔らかく写っている。柔らかい光が回っていると言うことが写真に現れている。こういう光でポートレートを撮ったらとても綺麗な写真になる。[追記]モノクロも悪くないけれど、カラーの方が素晴らしい気がしてきた。そう思う理由はいくつかあるけれど、最も大きな理由は窓の向こう側の緑が綺麗...

  14. ちょっとした雑感(14) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(14)

    妻がお会計をしているときに撮ったカット。カラーで撮っているがモノクロにしてみた。私は室内で写真を撮ることがとても好きである。窓越しの柔らかい光で撮る写真が好きだからである。しかし、撮っているときには差し込んでいる光がここまでくっきりと写るとは思わなかった。私は、椅子の背もたれのあたりの光や正面の窓ガラスの光を見ていたので。ISO500、F7.1、-1.0EVで撮ったら1/20だった。しかし、...

  15. ちょっとした雑感(12) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(12)

    横谷渓谷展望デッキ。しかし、木が生い茂っていて横谷渓谷は余り見えない。横谷渓谷にある展望デッキという意味かもしれない。奥は茅野市街。うーん、なにもこんな写真まで載せることも無いと思うんだけれど…。あれこれ書いていると、一通り説明しようかという気になってしまう性格なもので(笑)。実は、この写真は(1)から(11)より前に撮った写真である。Googl Mapに「横谷観音」と入れて開くと、「横谷観...

  16. ちょっとした雑感(11) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(11)

    知っている人も少なくないと想うが、知らない人もいる話し。同じモニタであっても、使うブラウザによって写真の見え方が変わる。色合いも変わるし、明るさやコントラストも変わる。そして、同じモニタ上に同じ写真を表示しても、Photoshopで開いているものと、ブラウザ(私の場合はSafari)では写真の見え方が違う。平素はぱっと見で違和感を覚えるほど大きく違うことは無いが、この写真は「えっ?」と驚くほ...

  17. ちょっとした雑感(10) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(10)

    あまり綺麗に撮れていない写真なので掲載することに気が進まないのだけれど、ここは今回の「山歩き」のメインスポットと言って良い場所なので貼らないわけにはいかない。この滝は「王滝」である。Google Mapに「横谷観音」と入れて検索すると表示される。(1)と(4)に掲載した大滝神社、(6)に掲載した横谷観音などの位置関係も分かる。それはともかく、こういう光景はなかなか綺麗には撮れない。左側の木の...

  18. ちょっとした雑感(9) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(9)

    直ぐ脇を川が流れているためとても心地よい風であった。風はそんなに強くなかったけれど、とても心地よい感じがした。人間は本当にマイナスイオンを感じているのだろうか? 感じていてもいなくても、こういう所を歩くのは心地よい。結構汗をかいたけれど…写真の上に記した2行の文章で十分である。しかし、話が途中までだったような気がするし、コピペで貼り付けるだけで良いので(6)に書いた文章の続きを下に貼る。一月...

  19. ちょっとした雑感(8) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(8)

    いままで少なからぬ数の山を歩いてきた。古来山は信仰の対象であったため、ちょっと大きな山に登ると山頂には祠があることが多い。しかし、登山道の「石ころ」に護符(?)を貼り付けているのを見たのは初めてである。それはともかく色味が良くないね。25日の日中の私の目のコンディションはかなり悪かったのかもしれない。

  20. ちょっとした雑感(7) - 一人の読者との対話

    ちょっとした雑感(7)

    写真左側下には川が流れている。それで爽快さは確実にアップする。実は、(6)に少しばかり長い文章を書いてしまった。訪問者の多くは、ちらっと写真だけ眺めて長い文章など読まない人がほとんどだと思うので、別に長文が掲載されていて不都合だと言うことは無いだろう。中には、文章を全部読んでいるという方も数人はいるだろうし、世の中には必ず酔狂者がいて、写真より文章の方を楽しみにしていると言う人も一人二人いる...

1 - 20 / 総件数:109 件

似ているタグ