XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのタグまとめ

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはXF18-55mmF2.8-4 R LM OISに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」タグの記事(228)

  1. 旅先の写真は一期一会 - 一人の読者との対話

    旅先の写真は一期一会

    自分では「文章」がメインなので写真を下に置いたが、訪問者の多くは写真だけ見るのだろうから入れ替えた(笑)。一つ前のエントリーに掲載した写真と同じ場所から同じ方向を撮影した写真である。こちらは、一つ前のエントリーに掲載した写真の前日(12日)の夕刻(16:16)に撮ったものである。朝撮った写真と、夕暮れどきに撮った写真なので雰囲気が全く違うのは当然であるが、アングルと画角が違うことが両者の違い...

  2. 撮影後にアスペクト比を変えるということについて - 一人の読者との対話

    撮影後にアスペクト比を変えるということについて

    体調は相変わらず。昨日ほど倦怠感が無いような気がするが、今日は関節が痛む。喉の腫れは10%ぐらい良くなったような気もするが、その代わりに今日は軽い頭痛がする。まあ、風邪であろうが、「しんどい」という言葉を使いたいほど体調が悪いわけでは無い。しかし、気力に欠ける。そんなわけで、今日も寝室でゴロゴロしながら日がな一日本を読んで過ごそうと思っているが、ずっと本を読み続けるほどの気力はなさそうなので...

  3. 御岳山  山行かば草むす石碑 - スクンビット総合研究所 - Sukhumvit Research Institute

    御岳山  山行かば草むす石碑

    X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Ome-shi, 2017.11)結局一番撮りたいのはこういうもの。にほんブログ村 スナップ写真

  4. 御岳山  カメラおやじ、冬のレンジャー訓練 - スクンビット総合研究所 - Sukhumvit Research Institute

    御岳山  カメラおやじ、冬のレンジャー訓練

    X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Ome-shi, 2017.11)本日(11/18)、毎度のカメラおやじが集結し、御岳山にて軟弱なハイキングを楽しんだ。まずは新宿駅11番ホームに集合し、7時44分発のホリデー快速おくたま3号で御嶽駅へ向かう。X-T20 / XF35mmF1.4R (Ome-shi, 2017.11)御嶽駅前で西東京バスに乗り換え、御岳登山...

  5. PRO Neg.Hi - 一人の読者との対話

    PRO Neg.Hi

    ひとつ前のエントリーの末尾にも記したが、この光景を見た瞬間「おっ、PRO Neg.Hiのための光だ」と思った。JPEGの設定がVelviaになっていたのでPRO Neg.Hiに切り替えようと思ったが、別にどちらでも良いし、Rawファイルも記録しているのでそのまま撮った。このカップルは3〜4秒後には立ち上がったので、設定の切り替えをしていたらこの1枚は撮り逃していたかもしれない。別に撮り逃して...

  6. 私はレタッチ不要論者である - 一人の読者との対話

    私はレタッチ不要論者である

    京都嵐山で見かけた外国人カップル。綺麗な光が当たっていたので1枚撮らせて頂いた。レンズはX-T20のキットレンズであるXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS。「キットレンズ」というと"それなり”のレンズであることが多いが、このレンズはとても秀逸な描写性能を持っていると思う。私が購入したときの価格では、X-T20のレンズキットの価格からX-T20のボディ価格を引くと、このレンズの価格...

  7. 買っちゃいました - 空を見上げて

    買っちゃいました

    ボーナスが出る前に買っちゃいました。決まるまでは遅いが、決まると早い。(笑)E-M5のレンズキットと25/1.8とシグマの30/1.4とパナソニックの45-175とX-E1ボディのみを出して、X-E3のボディとXF35/1.4を買いました。本当は、2400万画素なんて必要ないので、中古のX-E2が欲しかったのですが、これが全く出てこない。とうとう待ちきれず、X-E3に手を出してしまいました。...

  8. 熱は出なかったけれど… - 一人の読者との対話

    熱は出なかったけれど…

    昨晩の体調はかなり酷かった。熱こそ微熱であったが、起きているのが辛かった。だから、朝起きたら熱が出ているだろうと予想していた。しかし、幸いなことに熱は出なかった。しかし、喉が腫れてかなり痛い。倦怠感が強くなにもする気になれない。と言うわけで、今日は布団でゴロゴロしながら読書をすることにした。体調が悪いときでも本は読めるのである。私は39℃の熱が出ているときでも本に熱中することがある。息子が同...

  9. 今日は更新をお休みにするかも… - 一人の読者との対話

    今日は更新をお休みにするかも…

    11月12日15時過ぎに嵯峨野で撮った写真。この日は曇天であったため紅葉の写真はあまり撮っていない。赤い葉だけにピントを合わせた。11月11〜13日に京都で撮った写真の総枚数は800枚強である。11日は夜1時間程の散歩の間に91枚。12日は午前中は貴船神社、午後は嵯峨野周辺、夕刻には祇園から二年坂・産寧坂・八坂神社界隈と丸1日撮っているため416枚。13日が一番撮るつもりで撮った。午前中は「...

  10. 171113哲学の道(65) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(65)

    哲学の道の銀閣寺側の入り口を入って直ぐあたりの光景である。紅葉しているのは桜の木。春になると桜並木になる。とても見事だが人人人だ。最後の1枚がこんな写真じゃな〜。でも、哲学の道を16:9というアスペクト比で撮ってみたいと思った理由が端的に示されている写真ではある。つまり、どちらかの端に(ここまで端で無くても良いが)人物を配して、空いた広い空間にその場の光景を写し撮るという撮り方である。観光地...

  11. 未だ悩み中 - 空を見上げて

    未だ悩み中

    未だに何を買うか迷っている。ただ、頻繁に使わないものは持っていたくないので、下取りに出そうと思う。ほぼ、固まってきたんだけど、まだ変わるかも・・・。

  12. 171113哲学の道(64) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(64)

    哲学の道を歩いて面白いと思ったことは、中国人・韓国人観光客はほとんど歩いておらず、歩いている外国人は西洋人ばかりであったこと(沢山すれ違った)。嵐山は中国人だらけであった。中国人は「観光地」ピンポイントで訪れ、西洋人は「歩く」旅をしていると思う。これは勝手な推測では無くほぼ間違いない。西洋人観光客にはバックパッカーがかなりいるが、中国人や韓国人のバックパッカーはほとんど見かけない。西洋人は哲...

  13. 171113哲学の道(63) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(63)

    この写真はXF18-55mmF2.8-4 R LM OISのテレ端で撮影している。135判換算で約83mmとなるので中望遠である。こんな風に横長にしてしまうと83mmで撮っているような気がしないが、圧縮効果ははっきりと出ている。まるで広角レンズで撮ったかのようなワイド感がありながらも遠景が引き寄せられている。16:9フォーマットの面白い使い方だと思う。私の背中側が銀閣寺。この坂を降りていくと...

  14. 171113哲学の道(60) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(60)

    箸休めと言うことで(笑)。強い光が当たっている部分があって綺麗に撮れないと分かっていても撮りたくなる。

  15. 171113哲学の道(59) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(59)

    まあ、いろいろなものを撮ってみないと(笑)。

  16. 171113哲学の道(56) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(56)

    この写真は最初は1:1のスクエアーフォーマットで撮影した(X-T2・X-T20購入後初めて1:1で撮った)。右側の明るい部分を入れずに撮りたかったから。こんなに白飛びギリギリの明るい部分は「最悪」である。レタッチでハイライトを下げても汚れた感じになってかえって目立つ。対処法はただ一つ、こういうアングルで撮らないことである。縦位置で撮影した写真を掲載した(35)の中で次のように書いたーー「ここ...

  17. 171113哲学の道(51) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(51)

    アングルを変えてもう1枚撮ってみた。アングルを変えようが何をしようが、この枝に当たった光はどうすることも出来ない。しかし、最初に撮った写真の右側のハイライト部分を外して1枚撮ってみた。ほぼ同じ場所から撮影してもアングルを変えると明るさや色の出方が変わるのでそれを見て見たかった。変わってしまう理由は、私がAEで撮影しているからである。(51)もこれもISO400 F4.0 -0.67EV AW...

  18. 171113哲学の道(50) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(50)

    椿や山茶花が好きで、見かけるとつい撮りたくなる。しかも、こんな風に日陰に咲いているのが好き。それも完全な日陰では無く、直ぐ脇に明るい光があるところに咲いているのが一番好きだ。しかし、ぱっと見かけたとき、この枝の二股の部分に直射光がガツンと当たっていたので諦めて通り過ぎた。しかし、3歩歩いたところで引き返してこの写真を撮った。別にブログに掲載するつもりじゃ無いのだから、綺麗に撮れていなくてもい...

  19. 171113哲学の道(49) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(49)

    ひどく甘い写真だと思ったら手ぶれしている(笑)。確認したら1/12だった。F5.6のつもりがF11だった。しかも慎重になど撮っていないのだからぶれるわけだ。それでもこの程度で済んでいるのは手ぶれ補正機能のおかげだ。それにしても、Velviaはシャドーにパープルが載る。Camera Rawフィルターで"パープル”を0にして、「黒レベル」を少し下げたらこんな感じ。あとは微調整。

  20. 171113哲学の道(48) - 一人の読者との対話

    171113哲学の道(48)

    16:8に切った。16:9より16:8や16:7の方がしっくりくる。もちろん撮る場所によるけれど。

1 - 20 / 総件数:228 件

似ているタグ