XF56mmF1.2 Rのタグまとめ

XF56mmF1.2 R」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはXF56mmF1.2 Rに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「XF56mmF1.2 R」タグの記事(324)

  1. 壁 / X-T3 + XF56mmF1.2 R - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    壁 / X-T3 + XF56mmF1.2 R

    この日、一番写欲が湧いたのは、壁でした。クリックで応援お願いします。

  2. 階段 / X-T3 + XF56mmF1.2 R - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    階段 / X-T3 + XF56mmF1.2 R

    インフルエンザになりました。ほぼ回復です。月曜日から仕事します。1日後に子供もインフルエンザになったので、ゆっくり寝ることもできず。大変でした。クリックで応援お願いします。

  3. 逆光ポートレート / X-T3 + XF56mmF1.2 R - minamiazabu de 散歩 with FUJIFILM

    逆光ポートレート / X-T3 + XF56mmF1.2 R

    3連休は、XF56mmを使い倒しました。たくさん使いたいレンズですが、少しフードが長いので、XF23mmF1.4用の純正メタルフードを付けて撮影しました。フードの長さが1/2くらいになるので使い勝手が良いのと見た目がかっこ良いです。逆光では、太陽が入っていない場合でも強烈な赤いゴーストが出ることがありました。逆光でポートレートを撮る場合は、少々大きくても付属のフードを付ける方が良さそうです。...

  4. 某所にて仕事後にw - Capu-photo Digital photographic Laboratory

    某所にて仕事後にw

  5. スナップでボケが欲しい場合でもAPS-Cセンサーで十分だ - 一人の読者との対話

    スナップでボケが欲しい場合でもAPS-Cセンサーで十分だ

    私は2007年にEOS 5D(初代)を購入して以後ずっとフルサイズセンサーのカメラを使い続けて来た。ちょっと前までは、フルサイズセンサーとAPS-Cセンサーの描写性能には明らかな差があったからである。しかし、ここ数年APS-Cセンサーの描写性能が大きく向上した。FUJIFILM X-T2の画質を見て、APS-Cセンサーで十分だと思ったのでメインカメラをEOS 5D MarkⅢからFUJIFI...

  6. 私の場合フルサイズセンサーが必要なのはポートレートの場合だけ - 一人の読者との対話

    私の場合フルサイズセンサーが必要なのはポートレートの場合だけ

    私の場合、フルサイズセンサーを使いたいケースはポートレートだけである。ポートレートの場合開放絞りF1.4の大口径レンズを使うが、絞り開放で撮ることはまず無い。ほとんどのケースは開けてもF2.0、F2.2、F2.5のいずれかである。このF値はAPS-Cセンサーでは概ねF1.4、F1.6、F1.8に相当する。FUJINON XF 56mm F1.2 Rは絞り開放から安心して使えるので割と多用して...

  7. モノクロ写真のマジックナンバー(3)渡部さとるメゾット - 一人の読者との対話

    モノクロ写真のマジックナンバー(3)渡部さとるメゾット

    (2)の末尾で「我が家のフェルメールライン」は「南向きの窓際」にあるという話を書いた。渡部さんは「僕の撮るモノクロ写真は北側の窓から入る光を使うことが多い」と語っている。その理由は「直射光では無く、間接光で柔らかく窓辺を照らす」からだと説明している。そして、そのような光で撮った「ネガ」(ファイル)からは「グラデーションがたっぷりあるプリントを作ることができる」と明言している。話を進める前に、...

  8. 憧れで高級カメラを使うより自分の必要に合ったカメラを使った方がいい! - 一人の読者との対話

    憧れで高級カメラを使うより自分の必要に合ったカメラを使...

    今年4月8日に「茅野の家」で寝ぼけ眼の娘を撮った写真。朝の柔らかい光だ。XF56mm F1.2 Rを買った直後に撮った写真である。いつでも奇麗な光で撮ることが出来るのであれば、X-T2 + XF56mm F1.2 Rで十分だと思う。α7Ⅲが必要になるのは条件がギリギリの時だ。年内いっぱいはSONY α7Ⅲで撮った写真は掲載しないつもりであった。いや、このブログは年内で辞める予定なので来年にな...

  9. 京北の初冬 - OWLの飼育箱

    京北の初冬

    早いものでもう12月。京北美山で僅かに残った紅葉を楽しみました。すっかり枯れた葉の色も良いもんです。

  10. 理屈抜きに写真を教えるそして、理屈を忘れて写真を撮る心で撮るんだ! - 一人の読者との対話

    理屈抜きに写真を教えるそして、理屈を忘れて写真を撮る心...

    ※このエントリーは11月21日の夜書いたものである。このエントリーを書いたときには、このエントリーを22日15時に予約更新してそれをもって当面このブログの更新を停止するつもりであった。その後、0123okkunさんなどから情熱あるコメントをいただき方針転換した。しかし、このエントリーを斜め読みしてみたら、これをアップしたらこのブログを終わりにしたい気分になってきた。私にはこんな素敵な生徒がい...

  11. 夕暮れ時の淡い光斜光そしてフラットな光写真は光で撮るんだよ - 一人の読者との対話

    夕暮れ時の淡い光斜光そしてフラットな光写真は光で撮るんだよ

    ストロボもレフ板も使わずに彼女を撮ろうと思う。それどころかズームレンズで撮ろうと思っている。彼女の"素”の表情が撮りたいんだ。17日に「ポートレート写真しか興味が湧かない」という青年から心のこもったメッセージをいただいた(彼のメッセージは「狂おしいまでの情熱」のコメント欄にある)。失礼な事であるが、私は彼に返事を差し上げていない。直接的な返事を差し上げなくても、彼は私が次々とアップ...

  12. 今日はちょっと角度を変えた出題が二題 - 一人の読者との対話

    今日はちょっと角度を変えた出題が二題

    この写真は撮影した翌日にカラー写真で掲載している。"これ”である。モノクロにした方が「光」の当たり方がハッキリと読み取れるので、今回はモノクロにして見せることにした。実は、この写真も"この写真”や"この写真”と同じ「理屈」(条件)に従って撮影している。要するに女性ポートレートを撮影する際の「お決まりのパターン」のひとつなのである。この写真を撮ったときの光はサイド...

  13. プロフォトグラファーレベルの写真を撮るためにはそれなりのセッティングが必要 - 一人の読者との対話

    プロフォトグラファーレベルの写真を撮るためにはそれなり...

    下の写真は"ひとつ前のエントリーに掲載した写真”より7分ほど前に撮ったカットである。モデルの位置もカメラマンの位置も同じ。しかし、モデルの顔の向きが変わっているため、顔に「光」が十分回っていない。そのため「瞳認識AF」がキッチリ「右目」をとらえている。また、レンズに強い光が入ってこないアングルで撮影しているため、フレアーも出ずキッチリ写っている。「真面目」に撮ったつまらないタイプの...

  14. とにかく沢山撮れ!SunsetLineさんとMon's Cafeさんへの「手紙」 - 一人の読者との対話

    とにかく沢山撮れ!SunsetLineさんとMon&#...

    ※このエントリーはひとつ前のエントリーの続きである。実際は一気に書き終えた文章を分割して掲載している。しかし、後半部分には別のタイトルと付けて掲載した。内容がSunsetLineさんとMon's Cafeさんへの「手紙」になってしまっているので(笑)。酷い写真だね〜(笑)。まあ、フレアー掛かった絵になるのは承知の上で撮っているのだけれど「前ピン」じゃね〜(ピントは鼻の頭)。「瞳認識...

  15. 遊び心を持って撮りまくれ! - 一人の読者との対話

    遊び心を持って撮りまくれ!

    FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF56mm F1.2 R ND4ISO200 F1.2 1/1700 +1.67EV AWBPROVA※写真下に本文あり。【追記】上の写真を撮る際にレフ板は使用していない。テーブルに敷いてあった「白い紙」からのバウンス光がある程度回っている。+1.67EV補正でハイライトが完全に白飛びする露出で撮影している。飛んだハイライトはレタッチで「戻し...

  16. 女性が美しく見える顔の向き(3) - 一人の読者との対話

    女性が美しく見える顔の向き(3)

    問題は、右を見ているか、左を見ているかではない。その時の彼女の「表情」がどうかなのだ。それが一番大事なのだけれど、その上で言うと、コメントを寄せてくれた59Kisaragiさんが指摘するように、彼女はこの写真とは反対側から撮ったときの方が「顔の表情が若々しく」見えるとは思う。つまり、こちら側の方が「隙のない」顔なのである。だから、この写真もそうだけれど、こちら側から撮る時には可愛らしい表情を...

  17. 女性が美しく見える顔の向き(2) - 一人の読者との対話

    女性が美しく見える顔の向き(2)

    素敵な笑顔だよね。出会ってから6分後に撮った写真だよ。彼女はどうしていま出会ったばかりの見知らぬ「老人」にこんなにも無防備で素敵な笑顔を見せてくれたのだろう?それは、彼女が「屈託のない真っ直ぐな心」の持ち主であったことが一番の理由だけれど、もうひとつは「老人」の側にも魅力があったからなんだよ(笑)。きっと、年の差が20歳以内で私が未婚だったら私たちは恋愛関係になっていただろう(爆)。どうでも...

  18. "気の持ちよう"がどれほど大切か - 一人の読者との対話

    "気の持ちよう"がどれほど大切か

    半月ほど前に撮った写真。彼女の写真を掲載しなかった理由は上手に撮れなかったから。西陽で写真を撮るのが好きなんだ。あちらこちらのブログを覗いていると「ネタ切れ」という言葉を見かけるが、私の場合ネタ切れすることはない。反対に、過剰な「ネタ余り」状態である。で、夏場には第三のブログを始めたほどであった。私は、1時間写真を撮ったら一月ブログを埋められる(笑)。その第三のブログも1時間ほどの間に撮った...

  19. もっと美しい写真が撮りたい - 一人の読者との対話

    もっと美しい写真が撮りたい

    日没の30分ほど前に撮った写真である。すでに水平線の直ぐ上まで降りてきている太陽からのオレンジ色の光が彼女の左頬に当たっている。左目尻のあたりからシャドーになり直射光は当たっていないが、このアングルだと光はモデルさんの顔全体に回る。幸いにも彼女が着ているTシャツが白色であったために、それが「レフ板」効果を生んで彼女の顔に光をバウンスさせている。狙って撮ったカットではないが、彼女には「身体や顔...

  20. 写真は「出会い」だそして、本気になっても「いい加減」に撮る - 一人の読者との対話

    写真は「出会い」だそして、本気になっても「いい加減」に撮る

    この写真は日没6分後に撮影したものである。この写真を撮ったとき、太陽は水平線の下に没していた。モデルさんとの距離はおよそ8〜9mほどだ。135判換算85mmレンズの場合、横位置でモデルさんの全身カット撮るためには7m以上離れなければならない。すでに日没しており光量は少ない。しかし、「逆光」であるからモデルさんの前面はシャドーに落ちる。プラス補正を掛けて撮れば背景が飛んでしまう。ようするに、撮...

総件数:324 件

似ているタグ