Zuiko 100mm F2.8のタグまとめ

Zuiko 100mm F2.8」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはZuiko 100mm F2.8に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Zuiko 100mm F2.8」タグの記事(5)

  1. 冬の名残 - 鞄の中身

    冬の名残

    1月も半分が過ぎると、例年のように「冬が終る」恐ろしさに苛まれるようになります。とりわけ今季はとんでもない暖冬でした。実際、そうこういっている間もないほどで、先週末辺りにはもう春の陽射しを感じて慄いたものです。せめてもの冬のイメージを残しておこうと日没後のサザンカを狙ってみました。わがマンション周りの立木の一つですが、帰宅した際に目に付いたものです。ところが、この日の鞄の中には暗めの中望遠し...

  2. 大は小を...? - 鞄の中身

    大は小を...?

    少し遅いと思ったら、ごくごく普通にあちこちで咲き、あっという間に過ぎ去ろうとしています。いや、今年の彼岸花のことです。別段好きな植物じゃないのですが、鮮やかな朱色と黄緑色の対比がやはり眼を引くので、カメラを向けるのが半ば年中行事になっています。例年同じ場所を訪れれば会えるのは楽なのですが、開花のポイントまで殆ど判を押したような有様なのには感心させられます。いい換えれば、撮影には相応の工夫が求...

  3. あと二日... - 鞄の中身

    あと二日...

    各地の商店街が寂れていく中、わが水道筋商店街はまだ活気がある方だとせねばならないでしょう。とりわけ先日あたりからは、いわゆる迎春の買物で人出は明らかに増しております。それでも全盛時を知る人々は口々に「かつての年末は立錐の余地もないほどだった」と仰います。『Nカメラ店』のご主人も、「普通のお店は大晦日までやけど、ウチらは三ヶ日もありませんでしたからね」と。そんな『Nカメラ店』も今年は今日で仕事...

  4. 光は一瞬... - 鞄の中身

    光は一瞬...

    ...という表題を痛感することの多いこの頃。まさに釣瓶落としの時季が続いているからでしょう。とある日没時、自転車を走らせていて、ふと二時位置の輝きに感応してしまった私です。といって、とりわけ大層なシーンやモノに出会したわけではありません。ある建物のアプローチに設けられた変哲もないスロープが夕陽で橙色に映えていただけのことですが、これこそが私が日頃カメラを向ける対象の一つでもあります。ただ、ほ...

  5. ビエンナーレに非ず - 鞄の中身

    ビエンナーレに非ず

    今年も残り少なくなってから<OM-2 SPOT/PROGRAM>を引っ張り出し、なんとか「せめて年に一度の使用」を果したわけですが、まぁ、このこと自体は自覚もするところではあります。プログラムAE搭載機の鈍重さを想うと、つい二の足を踏んでしまうからだ、と。ところが、ここでその撮影結果をお披露目している最中にもっと恐ろしい事実に気付きました。全く鈍重ではないばかりか、多種多様のカメラに住空間を...

総件数:5 件

似ているタグ