architectureのタグまとめ

architecture」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはarchitectureに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「architecture」タグの記事(15)

  1. すすき野・・・・・宇治川下流域 - みーすこるびじぇもんどりあん   -Mies Corbusier Mondrian-

    すすき野・・・・・宇治川下流域

  2. 天津濱海公立図書館 - Quovadis

    天津濱海公立図書館

  3. Old aand New - COOL STUFF

    Old aand New

  4. 建築家の夢トマス・コール - Quovadis

    建築家の夢トマス・コール

    われわれは「建築家の夢」に見られる孤独な人物に似ていなくもない。彼が目にしているものこそ、彼の仕事にとっての理想化された遺産。彼は自分自身の同時代の建築に形を与えるために、ちょうど19世紀の建築家たちがそうしたように、この膨大で多数な宝庫の中から図を描き出すことができた。歴史家は建築の真の姿をさらに越えて、それらは何であるのか、それらはどのようにして生み出されたのか、そしてそれらは何故そのよ...

  5. 建築の日本展 - Quovadis

    建築の日本展

  6. 北方・・・・・船岡界隈 - みーすこるびじぇもんどりあん   -Mies Corbusier Mondrian-

    北方・・・・・船岡界隈

  7. いよいよ築地は閉場、オリンピックのための環状2号線(外濠道路)の延長工事 - Quovadis

    いよいよ築地は閉場、オリンピックのための環状2号線(外...

    画像は20180906東京新聞朝刊第一面のコピーから

  8. 映画・オーシャンズ8 - Quovadis

    映画・オーシャンズ8

    オーシャンズ11を超えた8人の美女たちの痛快泥棒活劇。ニューヨークも会場のメットガラもファッションも豪華版。サンドラ・ブロックは11のジョージ・クルーニーの妹という役だが、頭の冴えは兄貴に「勝るとも劣らない」。前時代感覚だがアイコンの引き継ぎは完璧だヒビヤのシネコンを降りるとオープンしたばかりの広場にも巨大なアイコン。北京オリンピック(2008年)を引き継いでいるのだろうが、なんとなく時代遅...

  9. 日比谷ダイビル - Quovadis

    日比谷ダイビル

    Wikipediaから公開空地や壁面などには旧建物の遺構がちりばめられており、一例として第1号館の7階壁面に取り付けられていた「お面」のテラコッタ125個のうち53個が飾られている。第1号館の壁面に取り付けられていた「女神像」と「勇士像」については第2号館跡の公開空地に飾られている。また21階には吹き抜けの中庭が設けられており、旧・日比谷ダイビル第1号館の動物や玄関口のアーチ、14個の「お面...

  10. 映画・静寂をもとめて - Quovadis

    映画・静寂をもとめて

    幸い耳と目は健康でありがたいと思っている。しかし、オリンピックを控えた東京、渋谷、新宿、池袋は当然、地下鉄メンテナンス工事の有楽町、神保町等々どこもかしこも騒がしい。建設中ばかりでなく鳴り物入りでオープンした商業ビルも決して目に美しいものではなく、騒音と騒景に曝されている毎日だ。そんな中、逃げ込んだ映画館の客席でじっと始まるのを待つ、無音の一時。こんな時、じっと目そして耳を閉じ、至福の別世界...

  11. 市ヶ谷鳥瞰 - Quovadis

    市ヶ谷鳥瞰

  12. 表現としての建築の今日的課題 - Quovadis

    表現としての建築の今日的課題

    新たな課題:表現として建築の方法バルトのいう意味を持たない「表徴の帝国」である日本の表現体(エクリチュール)は、「日本問答」でいう「デュアル・スタンダードの方法」とパラレルな関係にある。二重構造が現代の都市と建築の方法であるとするならば、戦後の東京はその世界的モデルということになる。しかし、日本ばかりではなく、世界の都市と建築が新たに発する表徴、あるいはその表現空間は記号論としてはどう説明さ...

  13. 大阪天満宮 - for  someone

    大阪天満宮

    朝の参拝は特に気が引き締まる気がするのですがこの日、手水舎で手を洗おうとしたとき水が出ていなくて洗うことができませんでした。仕方ないと思いつつ参拝を済ませそのあと写真を撮り、振り返えると手水舎の水が流れていたんです!ん・・・

  14. 大山崎山荘美術館 - for  someone

    大山崎山荘美術館

    大正から昭和初期にかけて建設されたそれはもう素敵な建築物でした!内部の重厚感に圧倒されこだわりつくされた外装・内装のデザインが素敵でディスクオルゴールの優しい音色に癒されました。イベントは有元利夫展が行なわれていたのですが色彩がとても繊細かつ綺麗で魅力あふれる作品でした。

  15. 興福寺 - for  someone

    興福寺

    Kohfuku-ji今日、カメラのバッテリーを充電してみたものの写真は撮ら~ずでした・・・。写真は3ヶ月ほど前に撮ったものです。

総件数:15 件

似ているタグ