beachcombingのタグまとめ

beachcombing」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはbeachcombingに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「beachcombing」タグの記事(35)

  1. beachcombing - on the shore

    beachcombing

    ちょっくら日本海側へ行っておりました。このbeach findsの中での目玉は豆電球と、カエルの親子。↓ この鹿の角は頂き物。もちろん浜辺に打ち上げられたものです。これらを使って、そうしてまたモビール作りました。その話はまた次回。さむくなってきましたね。ご自愛ください。♡

  2. 発芽 - on the shore

    発芽

    ハマナタマメの種を浜辺で拾ったのは10月の潮岬でした。袋に入れてとっておいた、ハマナタマメをふとみると、は、発芽していました!どどどど、どうしよ〜〜!!暖かい地方の植物なのに、これから冬場を迎える我が地域で芽出しできるとは思えません。これはこのまま放置でよいのか、もう育ててしまうべきなのかっ??紙に包んで暗いところに押し込むべきか??こんなに可愛い花をつけて自生していたハマナタマメ。その姿を...

  3. 秋色のモビール - ちょこっとぅ

    秋色のモビール

    秋色のモビール。ビーチコーミングで拾ってきた「弧を描く流木」に麻紐を結んで、グルーガンでくっつける。森で拾ってきたもの。海で拾ってきたもの。好きなようにゆらゆら吊って。♡

  4. モビール作り - ちょこっとぅ

    モビール作り

    部屋の真ん中にフックを吊りました。何用?モビール作り用。(笑)ビーチコーミングで拾ってきた浜辺に打ち上げられたものたち。↓細かく見てみると、これらの物が。ビーチコーミングで拾うものがすてきでキレイなものばかりと思うなかれ。(笑)変なものも拾います。偽ミッキー、ぺろぺろチョコの棒のとこ。プラスチックの破片。ゴミ?そう。ゴミです。人間のせいで海に溢れるゴミのほんの少し。そんな物も、モビールの材料...

  5. 熟成されたモチーフのモビール - on the shore

    熟成されたモチーフのモビール

    体調不良のため海に行けず。クラフトを作り自らを慰める日々。(笑)少し前にいただいたビーチコーミングでゲットした古びた小瓶も、叔母の庭からせしめてきたコットンボールも、浜辺に打ち上げられた流木に結んで。潮岬で拾ってきたサンゴは紐でくくって、グルーガンで形の面白いサンゴはくっつけて、マツバガイもグルーガンで、ウズイチモンジもグルーガンで、サトウガイは大きいものを吊って、回りまーす、回りまーす、回...

  6. モビール - on the shore

    モビール

    モビールあそび。浜辺で拾ってきたプラスチックや貝殻をやっぱり拾ってきた木の棒に吊り下げる。なぜかハマる。(笑)♡

  7. 台風のあと - on the shore

    台風のあと

    この日に拾った貝殻。ネコノアシガキ、ヒメネジガイ、ナミマガシワ、ハイガイ。ほかの巻貝は調べないとわかりません。(笑) 調べたくて持って帰ってきました。台風が通り過ぎたあとの浜辺は、風に吹き寄せられて貝殻はすっかり砂に埋もれていました。↓先日、貝殻が帯状に並んでいた汀線に沿って埋もれた貝殻がちらほら見えます。↑ わたしの靴の先が…(笑)近づいてみると↓こんな様子です。埋もれてます。この砂に埋...

  8. ネコノアシガキ - on the shore

    ネコノアシガキ

    先日お話したネコノアシガキ。絶滅危惧種Iカテゴリーで、このネコノアシガキを拾った海では絶滅しています。生きている個体は絶滅していても、死んだあとの殻は海中にあり、あるいは砂に埋もれており、波や潮の作用で浜へ打ち上げられる。当たり前だけど、不思議 Wonder な感じ。詳しくないけれど、ネコノアシガキを調べると、カモノアシガキというのが検索されます。同定が難しい似た種かな?猫好きな皆さんには、...

  9. heart shaped - on the shore

    heart shaped

    ハートの形の石、ハッケーン!!どんな大きさだと思います?↓↓どーん!でかい!!比較対象に自分の足先をいれて撮影。♡

  10. ハマナタマメ、自生 - on the shore

    ハマナタマメ、自生

    ハマナタマメが自生しているのを潮岬の浜辺で見つけました。しっかりと根を張って伸び放題に勝手気儘に育っていました。わたしの知っているハマナタマメは、渥美半島で拾う「漂着物」としてのハマナタマメのみ。この夏ハマナタマメなどと一緒に漂着した木ノ実色々の写真が下の写真です。マルで囲ったところが「ハマナタマメ」と「ナガミハマナタマメ」。潮岬でみつけたハマナタマメをグイグイ割って中を見ます。↓ おおぅっ...

  11. 夕暮れの浜辺とハイガイ - on the shore

    夕暮れの浜辺とハイガイ

    とある日の on the shore気分がささくれてる日も、気分の良い日も、海に行けばいきなり元気になります。不思議なもんだな。いつもの海。うちからそんなに遠くないところ。貝を拾っていると夕暮れがすすみます。↓ 近頃ではこのヒメネジガイを、一度行くと1つか2つ見つけられるようになってきました。↓ 地味な色目の濃い茶色やクリーム色の二枚貝は「ハイガイ」という名前でこの地域では昭和40年代に絶滅...

  12. サンゴ - on the shore

    サンゴ

    石の間にサンゴ(笑) ↑ 貝もサンゴもこのようにぴかりっと光ってわたしに合図を送ってくるのです。サンゴの可愛さに取り憑かれました。↓ お約束ですね。貝殻をのせてパチリ。この下の写真の貝はエイジングが進んでいて色あせたものもあります。この褪せた感じがまた良いのです。ここの海岸は大好きなウズイチモンジ(アポロチョコみたいなやつね)が多くて狂喜乱舞でした。↑ ↑ ↑ 紫がきれいなタカラガイ。ハ...

  13. 橋杭岩と、ぽんかんソフト - on the shore

    橋杭岩と、ぽんかんソフト

    じゃーん! 「ぽんかんソフト」!!と、橋杭岩!!「あれ?前も同じことをしてなかった?」と思った方優秀!約一年前にも橋杭岩へ行きました。その時の記事は→こちら!このぽんかんソフトとても美味しいのです。ぜひ食べて欲しい!!国指定天然記念物「橋杭岩」は、およそ1500万年前に「熊野カルデラ」を形成した大規模火山活動に派生して南北の割れ目に貫入した石英安山岩の岩脈の一部が風化浸食によって地上に現れ...

  14. 雲母 - on the shore

    雲母

    手のひら真ん中あたり、石がありますね。これ、花崗閃緑岩なんです。雲母、キラキラしてるんだけど、写真が悪くてわからないね。(笑)子供の頃、雲母探しに行きませんでした?♡

  15. 夕焼け小焼け - on the shore

    夕焼け小焼け

    夕焼け小焼け。かわいい貝、いろいろ。特に手のひら真ん中辺りの、ナミマガシワのお皿に入れた白い巻貝、「セキモリ」という名前です、名前は可愛くないけど姿が可愛い!イトカケガイ科、セキモリ↓ 10倍のルーペでみたところをiPhoneで撮影。10月に入り、海に陽が沈んでいく時間帯の心地良い季節になってまいりました。海に行くには良い季節ですよ。♡

  16. 夕陽に染まる - on the shore

    夕陽に染まる

    夕陽に染まる浜辺。上の写真の赤い貝殻は、直径7〜8mmです。貝殻の山の中を、ざりっ、ざりっ、となめていくと、ころりん!「わ!かわいい!」軽く叫んで拾いあげました。家に帰って図鑑を調べました。イシダタミという貝の幼貝かな。ここの浜は、イシダタミの色が綺麗にでています。↓石畳がピンクと黒。貝は生育する浜によって色彩が変わるそうです。面白いですね。貝殻を黙々と探していてふと空を見ると、夕焼け小焼け...

  17. 喰われたギンカクラゲ - on the shore

    喰われたギンカクラゲ

    英名 Blue Button , 学名 Porpita porpita和名 ギンカクラゲこの夏、波打ち際で必死に探していたものは、ギンカクラゲやカツオノエボシ、カツオノカンムリといったシアン色の生物を捕食するルリガイという蒼い色の巻貝なんです。ついに1つも拾えずに終わってしまいました。今更ですが、写真を載せます。ギンカクラゲのまあるい円が欠けているでしょう?がぷりっと、喰われているからに違...

  18. 雄島の赤い橋 - ちょこっとぅ

    雄島の赤い橋

    雄島@福井県坂井市以下wikiより雄島は1,200万年前に噴出した輝石安山岩の岩石島です。越前海岸で一番大きく、標高27メートル、周囲2キロ。土地の人は昔から、神の島とあがめています。224mの朱塗りの橋を渡り78段の石段を上がると、ヤブニッケイやタブの樹木の中から伝説と神秘に満ちた雰囲気に出会えます。↑ この橋を渡り島へ行きます浜歩きの途中のお散歩。ソフトクリームは橋の手前のお店で買えます...

  19. タコノマクラ目スカシ カシパン科 - on the shore

    タコノマクラ目スカシ カシパン科

    じゃじゃーん!パンパカパーン!ああ、海の神様はやはりいらっしゃるのですね!!♡青い貝にはまだ巡り会えないけれど、こんなに素敵なスカシカシパンに出会うことが出来ました! ウニの仲間の貝です。生きているときの写真が英語版のwikiにあります。よろしければご覧ください、めちゃくちゃ可愛いです!リンク★↑ちょっと違う種類かも?よくわからーん!↑ 違ってました。(笑)師匠に教えてもらったリングがこちら。♡

  20. pebbles - on the shore

    pebbles

    波打ち際で海水に濡れて光る石は、宝石のようにキラキラしています。可愛い海藻をあしらって、パチリ。↓ こんな岩礁のある浜へ行きました。↓ うずくまり、なにやら必死にやっている私。↓ この石は、断層がハッキリと見て取れるそうです。左と右の層がズレてますね。その層から離れたカケラが波や磯でごろごろ研磨されてこんなになったのかと思うと、気が遠くなりつつ感動します。↓ 鉱物。メノウはっけーん!珍しく石...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ