booksのタグまとめ

books」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはbooksに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「books」タグの記事(28)

  1. 伊藤まさこさんの"ニホヘト" - yamatoのひとりごと

    伊藤まさこさんの"ニホヘト"

    こんな風にできたら、家事が楽しいだろうな。よく見るものも、なぜかまさこさんのフィルターを通すと別のものに見える。これがセンスなのね・・・+++++++ 台所のニホヘト +++++++伊藤まさこ著新潮社春野菜の味わい方、ひとりのときの食事、我が家の定番とっておきのカレー。地に足がついているのに、どこかおしゃれな暮らしぶりで人気のスタイリストが、台所まわりで実際に行っている家事をどーんとご紹介。...

  2. 熟年サイクリング - 世話要らずの庭

    熟年サイクリング

    土曜の夜の仕事帰り、家に電話したら非常に珍しいことに家族全員が揃っていたのでフレンチに誘ったら全員が「行くー!」と二つ返事。忙しい大学生たちが揃うのは珍しいことだ。子供達全員、よく笑いよく喋りよく食べる。そういう様子を見てるのが楽しいっていうの、何か親的な心境なんだろうか。でも来年くらいには上の子たちはもう家にいないのか……末っ子が寂しがるだろうな。なんかしんみりして、翌日はサイクリングに誘...

  3. 三月日記:菫の群生 - 世話要らずの庭

    三月日記:菫の群生

    今日は出勤がてら、毎年スミレが乱れ咲くお気に入りの場所をチェックに行った。よし!今年も一面に咲き乱れて、地面がほんのり薄紫に染まっているのを確認!何ごとも変わりなし!ただ、あともう少しすると、あちこち株が掘り返されて穴だらけの地面になって寂しい気持ちになるのも毎年恒例のイベントなのだった。一応、園芸には全く関係無い公共の場所なんだけど、立ち入り禁止にはしていない寂れた場所なので、知ってる人は...

  4. 三月日記:春日 - 世話要らずの庭

    三月日記:春日

    数日前の暖かい夕方、1時間くらい散歩しようと、ポッケに財布だけ入れてシャツ一枚で家を出たら、ついでに買物してきて、と頼まれた。満開でふんわりした桜が異常に綺麗で、桜を追って北北西に進路をとった。歩いているうちに少しずつ空がオレンジ、ピンク、ブルーグレーに移り変わって、物や人の形がぼんやりと判別しにくくなる。一方で、桜や雪柳、白木蓮や辛夷などの花だけは白く浮き上がって、夢みたいに綺麗。気づいた...

  5. 三月日記:春サイクリング@深大寺門前〜野川 - 世話要らずの庭

    三月日記:春サイクリング@深大寺門前〜野川

    春休みの子供とランチに出かけた。日差しも風も暖かくて、上着がなくても気持ち良い。せっかくのお天気だから遠くまでサイクリング行こうよと誘ったら、「えー面倒臭いから嫌だ」とつれない答え。てくてく歩きながら、足元に青い小花が群れ咲いているのを見て、この花好きなんだーと言うので、オオイヌノフグリっていう名前だよと教える。ふーん、どういう意味?と更に質問されて、英語で言えばビッグ・ドッグズ・ゴールデン...

  6. 14032018 - 音・岩・光

    14032018

    今年はそれなりのペースで読書が出来ている。図書館のWeb利用手続きをしたのと、SNS上で興味のある本に沢山出逢えているのがそれを可能にしてくれているように思う。丸山宗利著 きらめく甲虫西本昌司著 街の中で見つかる「すごい石」 甲虫については昆虫こわいからの流れで借りてきたもので、書物(解説)というよりは写真が多い内容で、サクッと読み終える。すごい石については、すごく危険な(良い意味で)匂いが...

  7. 01032018 - 音・岩・光

    01032018

    例えば、現代において地球が球体と信じられている時代に、いやいや地球は平らなんだよとか三角錐なんだよという主張があって、それが後世まで資料や文献として残ったとする。現在の観測では明らかに間違いであろうこれらの主張が、もし未来において正しいという観測結果とともに見直されたらどんなことが起こるのだろう。もしかしたら、そんなことまで起きかねないような期待妄想を感じさせてくれるような内容だった。重力波...

  8.  犬の本【犬のしつけパーフェクトBOOK】 - yamatoのひとりごと

    犬の本【犬のしつけパーフェクトBOOK】

    yamatoのしつけの必要性を感じた頃。最も影響を受けたのが中西さん。すごく自然だった。教科書通りには行かない犬のしつけ。愛犬を見守りながら、躾け法を見つけ出す。そんなことを教えてくれた・・・***そんな中西さん監修の本。知っておくと良い事がひと通り書かれているので、初めて犬を飼われる方にはおすすめ。+++++++ 犬のしつけパーフェクトBOOK +++++++中西典子監修ナツメ社<主...

  9. 三月日記:『花を愉しむ事典』(J. アディソン著) - 世話要らずの庭

    三月日記:『花を愉しむ事典』(J. アディソン著)

    俯いて咲く庭のスイセンを見ながらナルキッソスとエコーの神話エピソードを話したら、子供の喰いつきが凄い。で、この本にも色々載ってるよと本棚の『花を愉しむ事典』を渡したら思いの外気に入った様子で、それから何かとページを開いている。Echo and Narcissus by J. W. Waterhouse (1903) / Public Domain事典に載っている植物について、図鑑で写真まで調...

  10. 三月日記:ヒヤシンスの中のバナナ - 世話要らずの庭

    三月日記:ヒヤシンスの中のバナナ

    なんで今月は三月日記ってタイトルに一々つけてるかといえば、庭があまりにも良い匂いで、日々、新しい花が咲くから、今月はしばしば庭の草花の写真を投稿しようかな、なんてふと思っちゃったんだよな。ただ、毎日書くことなんて無いだろうから、とりあえず三月の記録だから三月記というヘッダーをつけて、日々の草花の写真を投稿すれば良いやと思った。そして、「あっ、これだと中島敦の山月記のシャレみたいじゃないか?恥...

  11. "酵素いきいき生甘酒" - yamatoのひとりごと

    "酵素いきいき生甘酒"

    ドライブなどで産直へ行くと、生の麹を探す。わが家では塩麹か味噌作りでしか使うことがなかった生麹。初めて作った甘酒は【生麹+おかゆ】で作った。2回目は、【生麹+水】だけで作った。お粥で作ったものに比べると、より原液に近くなるらしいので。忙しい気持ちでいたときは、作るのも面倒だったが慣れれば簡単。yamatoが毎朝食べるヨーグルトにも入れてあげている。甘酒には、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整...

  12. 三月日記:放浪記 - 世話要らずの庭

    三月日記:放浪記

    趣味の大会の日。全国津々浦々、時に海外からも懐かしいメンツが集合する。ここ二十年来、年に一度のこの日ばかりは大人の勝手の日だ。家は子供たちに任せて、夫婦ふたりで週末まるまる留守にする。昔はベビーシッターを頼まねばならなかったが、いつの間にか子供たちも十代二十代となって、置いていくのに何の心配もない。大人不在の混沌の家で、ゲームでも漫画でも夜更かしでもカウチポテトでも自堕落三昧するが良い。そし...

  13. 傘寿まり子 - 浦安フォト日記

    傘寿まり子

    「傘寿まり子」を読み始めました。主人公は80歳のおばあちゃん。4世代同居で自分の居場所が無くなっていることに気づいて家出をするのです・・・。結構面白いけど、若い人が書いているので少し若すぎ。うちの母なぞ80歳の時にこんな元気ではなかったし・・・。というのも個人差がものすごくあるのでしょう。2-5巻も読み進めていきます!とても面白くて楽しみが増えました。でも欠品状態で、ちょうど80歳の義母が2...

  14. 13022018 - 音・岩・光

    13022018

    お次は「昆虫こわい」丸山宗利著を。落語の一席に「まんじゅうこわい」というのがあって、そこから来てるのかなと思ったら、そのとおりだった。more以降はネタバレを含むのでご注意。 研究者って人達は、小さい頃からビビビと来るものなんだろうか。著者の丸山さんは子供のころからずっと昆虫が好きだったそう。学研だったかの世界の昆虫という図鑑を丸暗記するほど毎日のように読んでいたらしい。そうするうちに、夏休...

  15. 08022018 - 音・岩・光

    08022018

    一気に貸し出し準備が整ったあの4冊を無事に読みきり、今度は「めざすはライカ!」神尾健三著を読了。 今年は沢山本を読んでいこうと思う。当時、ライカと提携をしたミノルタを中心に、キヤノンやニコンなどを交えて戦後のカメラ史を一気に巡る内容だった。ミノルタオートコードが欲しくなるなる。印象に残った一節は、「デッサンのよいメカニズムは、簡潔でバランスが実によい」と、「中身が悪いものをデザインでカバーし...

  16. "森のリース、森の恵み" - yamatoのひとりごと

    "森のリース、森の恵み"

    弟と森の中を散歩した。ひとりの散歩も好きだけど、仲間がいると時間がすぐに過ぎる。野球場のフェンスで見つけた完璧なヘクソカズラ。ヘクソカズラには目があるのかしら。すごく綺麗に巻きついてるよね・・・**** ヘクソカズラに似合う蔓を探した。「ねぇどう?」散歩中に見つける素材が満載。お花屋さんでは買えないリースに出会えた。+++++++ 森のリース、森の恵み-植物の四季を暮らしに +++++++横...

  17. "中川政七商店が伝えたい、日本の暮らしの豆知識" - yamatoのひとりごと

    "中川政七商店が伝えたい、日本の暮らしの豆知識"

    銀行とかでもらった"祝い箸"。使わずにどんどんたまっていく。なぜ私は使いもしないのに、捨てずに残しておくんだろう@@箸袋のデザインが好みではないからだわ。***鶴の印刷じゃなくて、こんなのだったらいいのに。こちらの本に水引のことが書かれていたので真似してみた。来年のお正月はこれを作ろう。+++++++ 中川政七商店が伝えたい、日本の暮らしの豆知識 +++++++中川政七商店編集PHP研究所奈...

  18. 13012018 - 音・岩・光

    13012018

    通勤や移動に使う最寄り駅には市立図書館があって、これまで少しばかり利用してきた。近々だとサイモン・シン著のビックバン理論(上下巻)やAlone on the Wallとかその辺の本たちをここで借りた。図書館カードと連動しているアカウント(利用者番号)をWebページと連動させると、直接図書館へ行かなくても書籍の検索ができ、しかも予約の申請や予約した本が貸し出し準備完了になったことを登録したEメ...

  19. "週末を気持ちよくする、100のこと。" - yamatoのひとりごと

    "週末を気持ちよくする、100のこと。"

    雑誌の創刊号には気合を感じる。お気に入りの雑誌。そういえば、創刊号はまだだったと思い出した。++++++++ & Premium (アンド プレミアム) 2014年 1月号 ++++++++「上質」にこだわる大人の女性のための新クオリティライフ誌マガジンハウス*THE GUIDE TO A BETTER LIFE.週末を気持ちよくする、100のこと。朝に目覚めてから、好きな服を着て出...

  20. 理解不能なSFに比べて - mamiノート

    理解不能なSFに比べて

    ピロリ菌の除去の診察のついでに血液検査も、スギ花粉の薬はアレルギークリニック、肌トラブルで皮膚科、と病院通い。どれも深刻な症状ではないのだが、待ち時間、退屈しのぎに先日友達に借りた本を読んでいた。『悲嘆の門』は、上巻が面白かったので、つい引き込まれて一挙に読んでしまった。先日借りたSFの短編集も読んでいるが、想像力と科学的知識が欠如しているためか?理解不足で足踏み状態。それで、やはり『蜂蜜と...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ