chinaのタグまとめ

china」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはchinaに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「china」タグの記事(86)

  1. 記憶の欠片 - Life with Leica

    記憶の欠片

    OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.62017年5月に大阪の新世界で撮った、似たようなショットがこれだけど。キャプションの撮影地を逆にしてもすぐには気付かないのではなかろうか。そういえばずいぶん昔、初めて新世界を歩いたときの印象は、「ここは日本の香港か」であった。

  2. 記憶の欠片 - Life with Leica

    記憶の欠片

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

  3. 記憶の欠片 - Life with Leica

    記憶の欠片

    OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

  4. 記憶の欠片 - Life with Leica

    記憶の欠片

    OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

  5. 軍内の帝政派士官 『偉大なる道』第2巻③ー4 - Out of Far East

    軍内の帝政派士官 『偉大なる道』第2巻③ー4

                羅偑金(Wikiより借用)新制第十九師は、クルップ製ライフル銃、機関銃、野砲を装備していた。満州人の総督は、これで起こりくる革命運動から朝廷を守ろうと考えていた。北京の朝廷は、華北人の高級士官を送ってきたが、彼らは帝制派であり、枢要な地位につき、危険分子の疑いがあるものに対して、高級スパイとしてはたらいていた。若い士官の多くは、同時に軍官学校の教官になっていたが、日本...

  6. 呉三桂の遺跡 『偉大なる道』第2巻③ー3 - Out of Far East

    呉三桂の遺跡 『偉大なる道』第2巻③ー3

               呉三桂(Wikiより借用)返信を待つあいだ、ふたりは雲南の町や近郊を熱心に見物し、中国の農民と山岳民族のロロ族やシャン族がごった返す市場もたずねたこともあった。彼らは、自らを近代的な解放された青年と思ってはいたが、結局は、その時代の子であり、つまりその時代の知識の子であり、多くの迷信や偏見、神話的歴史を受け入れていた。ほかの中国人と同様に、ロロ族を野蛮人だと考え、一方、...

  7. 雲南の苦渋 『偉大なる道』第2巻③ー2 - Out of Far East

    雲南の苦渋 『偉大なる道』第2巻③ー2

    故郷をできるだけしっかり見ておきたいという思いから、この旅人たちは、主だった街々では何時間か舟をとめたが、やがて揚子江岸の宜賓に上陸した。あくる朝、寝具と衣類を巻いて肩にかけて、大江をわたって、山に登りはじめた。狭い小道は山腹に絹の糸のようにかかり、片側には真直ぐにそそり立つかたい岸壁があり、片側には口をひらいた暗黒の深淵があった。 道には宿場があって、旅人は日が暮れる前に宿を求めることがで...

  8. 四川省脱出 『偉大なる道』第2巻③ー1 - Out of Far East

    四川省脱出 『偉大なる道』第2巻③ー1

    1908年の12月半ばに成都に踏みいった若者は、2年前のぶざまではにかみ屋の百姓のせがれではなかった。もはや22歳であり、経験もつみ、自信もあった。といっても、世なれた男というところまではいっていない。心につらい痛手も受けた。そのころから数年間の彼の態度と行動は、やはり農村青年の無邪気さと素朴さを物語るものだった。 いや、そういう点から見れば、彼は、生涯のいかなる時期にも、彼の世代の多くのも...

  9. 追放者 『偉大なる道』第2巻②ー14 - Out of Far East

    追放者 『偉大なる道』第2巻②ー14

    家は、これから彼の送金を頼りにすることができなくなるので、朱徳は、成都に向かう前に帰郷して事実をつげようと決心した。家族たちは、恥をおそれて、息子が軍隊に入ることは隠しとおすだろう、ということはわかっていた。彼は、雲南軍官学校を出て俸給をとるようになり次第、ふたたび家の借金払いを助けるつもりだ、と約束することにした。 1908年の12月のはじめ、家に向かった。「たった一晩家に泊まっただけだ。...

  10. 軍官学校入学を志願 『偉大なる道』第2巻②ー13 - Out of Far East

    軍官学校入学を志願 『偉大なる道』第2巻②ー13

    朱将軍は、儀隴県での経験は、封建勢力がいかに動くかという知識と積極的闘争への自信を彼にあたえたことで、生涯のうちでももっとも貴重なもののひとつになった、といった。彼の知識と視野は広まってゆき、一方で国事がさらに危急存亡の時を迎えたとき、彼は「教師はおれの生きる道でない」とさとった、という。儀隴県での1年間、彼は、成都時代の学友チン・クンと連絡を取り合っていた。チン・クンは、成都の軍官学校にゆ...

  11. 新教育を受ける権利闘争 『偉大なる道』第2巻②ー12 - Out of Far East

    新教育を受ける権利闘争 『偉大なる道』第2巻②ー12

               第2代醇親王(Wikiより借用)「もうそのころには、私たちの評判はすごくよくなり、支持者がうんと増え、学校には70人ばかりの生徒がいた。旧弊派は、法廷で敗れ、世論も彼らを悪くみていることがわかると、あらゆる卑劣な手段をとりだした。ごろつきをやとって、糞尿の桶を学校の前でぶちまけさせたが、それでわれわれを抑えることができないとわかると、暴力団をやとって、街頭で襲撃させた。...

  12. 封建勢力からのいやがらせ 『偉大なる道』第2巻②ー11 - Out of Far East

    封建勢力からのいやがらせ 『偉大なる道』第2巻②ー11

                 弁髪(Wikiより借用)朱将軍がいうには、この戦線はまもなく「旧式学校から、家庭や町の通り、商店、茶館、寺へと広がっていった。私たちは、人間の屑で、いうにいわれない理由で結婚もしないやつだ、といわれた。召使の女のようなものたちまで、道で私たちを見ると逃げ出し、男たちは立ちどまってにらみつけ、子どもたちは石を投げてきた。 「私たちの生徒の家族は、大変な勇気と努力で、私...

  13. 旧式学者対新学問 『偉大なる道』第2巻②ー10 - Out of Far East

    旧式学者対新学問 『偉大なる道』第2巻②ー10

                  Wikiより借用朱将軍の説明によれば、成都のような大都会では、「封建勢力は退潮しつつあったが、いなかでは、郷紳と彼らの同盟者たちが、まだ王者の威厳をふるっていて、あらゆる思想と行為を上から統制し、法廷と警察と地方軍を支配していた。旧式学者は、そういう家族の出身であり、彼らといっしょに新学問を非難して、『国粋』をおびやかす野蛮な風習の侵害である、といった」朱将軍にい...

  14. 老いた養父 『偉大なる道』第2巻②ー9 - Out of Far East

    老いた養父 『偉大なる道』第2巻②ー9

    「養父はとても親切な人で、理解できないようなことにも、すすんできき入ろうとした。そのこと自体が、私を苦しくして、私は、その夜は一睡もせず、ひとりきりの部屋で横になったまま、自分のいままでの生活をふりかえった。自分は孝行という古来の道徳にそむいた。だが、家への忠誠ということは、国家と全人民へのより大きな忠誠に、道をゆずるべきではないか。人が家に尽くすということは、ただそのために奉仕するというこ...

  15. 家族への告白 『偉大なる道』第2巻②ー8 - Out of Far East

    家族への告白 『偉大なる道』第2巻②ー8

    2、3日を養父の家ですごしたのちに、朱徳は、祖先伝来の家に実父母と祖父母をたずね、それからまたほかの親戚をたずねた。どこへ行っても同じようにもてなされたが、たずねたその日がすぎると、自分は厄介者にされていて、みなは自分が出てゆくのを待っている、と彼は感じた。 祖先の家をたずねていたときに、ついに彼は嘘をついていたことを告白し、これから儀隴県で体育の先生をするといった。そして、たたみ掛けるよ...

  16. 家族の貧窮 『偉大なる道』第2巻②ー7 - Out of Far East

    家族の貧窮 『偉大なる道』第2巻②ー7

    朱徳が留守にした2年間に、家はますます貧しくなっていた。外面からはそれほどはっきりわからなかったが、よく見れば、隠しようもなかった。衣服は、彼の帰郷を迎えるために、洗ってかがってあったが、ぼろぼろで色もあせていて、もう何年も着ふるされたものだった。一家は大きな借金をしていて、片時も忘れることがない憂慮が、みんなの上にのしかかっていた。それを、彼がぎりぎりのところで救ってくれると期待していた。...

  17. 帰郷 『偉大なる道』第2巻②ー6 - Out of Far East

    帰郷 『偉大なる道』第2巻②ー6

    2年間も家をはなれていたので、朱徳は、自分がいかに新中国的な存在になり、家族がいかに旧時代のままに取り残されているかということに気がつかなかった。大湾に向けて歩いて帰るとき、彼は、家のものは彼が成都の学校のことで嘘をついたことを了解してくれる、と信じていた。よく説明さえすれば、新しい職業をみとめてくれるだろう。――とりわけ、かなりの額の金をもうけるようになって、自分の教育のための借金だけでな...

  18. 高等師範卒業 『偉大なる道』第2巻②ー5 - Out of Far East

    高等師範卒業 『偉大なる道』第2巻②ー5

    朱将軍によれば、都市がこのように繁栄した一方では、田舎は相変わらず昔ながらの暗い生活をおくり、改革の諸施設のための税金の重荷でよろめいていた。郷紳階級はどこまでも怠惰で、進歩に反対していたが、いまやいっそう貪欲になって、官位職権を買って、あらゆる税を人民にかけてくる力を手に入れた。街を歩くときなど、朱徳はたまに叫びをきいた。「大人(たいじん)のお通りだ。道をあけろ!」きらびやかなかごが、新た...

  19. 高等師範での一年 『偉大なる道』第2巻②ー4 - Out of Far East

    高等師範での一年 『偉大なる道』第2巻②ー4

    成都には、いくつかのキリスト教のミッションスクールがあったが、朱徳と学友たちはそこの学生を「洋夷の奴隷」とさげすんでいた。そこの学生たちは、孤立したせまい世界に生きていて、国事には関心をもたないで、自分の霊魂や来世のことに気をもんでいた。彼らは、現世の美食を満喫しようとがつがつしていた外国銀行、商社、伝道機関のために働けるように訓練されていた。そして、祖国をうしなった男女であり、自らの説くこ...

  20. 立憲君主派と共和派の教師たち 『偉大なる道』第2巻②ー3 - Out of Far East

    立憲君主派と共和派の教師たち 『偉大なる道』第2巻②ー3

               同盟会の設立風景(Wikiより引用)朱徳はまじめな学生だったが、そのうち、自分の学業課程よりも国事について熱心になった。しかし、猛勉強はつづけていて、とくに、偽弁髪の教師たちが自分の講義を活気づけながら、「自由平等」や「旧制」の非について宣伝することに耳をかたむけた。だが、この教師たちは、新改革の規模があまりにも制限されていてなまぬるいと批判はしたが、清朝に反抗する言葉...

1 - 20 / 総件数:86 件

似ているタグ