fujinon 23mm F2 ASPHのタグまとめ

fujinon 23mm F2 ASPH」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはfujinon 23mm F2 ASPHに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「fujinon 23mm F2 ASPH」タグの記事(21)

  1. 横断禁止 - little island walking,

    横断禁止

    誰かの優しさすら拒絶する

  2. 雨が降りそうです。 - little island walking,

    雨が降りそうです。

    誰かがごみのような僕にも傘を差してくれたんだ。

  3. PM5:11ペデストリアンデッキ上を闊歩するヒカリトカゲ - Film&Gasoline

    PM5:11ペデストリアンデッキ上を闊歩するヒカリトカゲ

    FUJIFILM X100Fにacross100を詰めて赤いカラーフィルターを装着して撮影しました。というシュミレーションですね^^;FUJIFILM X100Fフィルムシュミレーションにはacross100に装着するレッド・イエロー・グリーンのカラーフィルターもチョイスすることができるのです。その中でもっともハイコントラストのレッドフィルターでのヒカリトカゲハンティングです。最後の一枚は梅...

  4. 銀座のX100F - little island walking,

    銀座のX100F

    X100シリーズを持ち歩いている人に出会ったのはこれで5人目だ。 宮崎の花魁道中の撮影にきていたおじさん。京都旅行で乗った嵐電の中で出会ったおじさん。それからいつもお世話になっている元カフェのマスターは、昨日もフォトポタリングでX100をぶら下げていた。それから朝交通指導をされているおじさんは市議さんで、胸にはよくGRかX100をぶら下げているのを見る。ともにおじさんで、僕ももう直ぐ不惑の年...

  5. 銀座の曇天。 - little island walking,

    銀座の曇天。

    決してよくは思っていないのだと思う。人間が天を我が物にすることは。

  6. そっけない原色 - little island walking,

    そっけない原色

    なんでもない1日のなんでもない灰色の光景のためのあまりにもそっけないさし色たち。

  7. 猫の朝寝 - little island walking,

    猫の朝寝

    猫のように悠然と平日を昼寝で過ごしてみたいという欲求を休日に感じる憂鬱。

  8. 海沿い - little island walking,

    海沿い

    梅雨が梅雨らしい日々で、家に閉じこもるだけの休日だらけだ。海と風が恋しい。

  9. 左足と右足 - little island walking,

    左足と右足

    たぶん、歩幅のとても大きな人が酔っ払って家に上がる勢いで脱ぎ散らかしたのだと思うよ。

  10. 朝霧のモノクローム - little island walking,

    朝霧のモノクローム

    今日は晴れるかもしれない、という希望を、水面を流れる霧に見出す。 X100Fのアクロスは、画像が荒れる。いい感じで荒れる。感度が高い上に、デジタルコンバージョンを使うと、こんなふうに荒れる。しかし、40DでISO3200とか、5Dで2500とか、拡張感度を使った時のような荒れ方とは違う。もちろん、X100Fのこの写真は拡張感度ではないのだけれど。上手にノイズが乗っていて、これで夜の街を撮って...

  11. 1日の終わりを閉じ込めにかかる - little island walking,

    1日の終わりを閉じ込めにかかる

    その晩も明日の朝もそっくりそのままな時間があって、僕はそれを当たり前のことだと思って流し気味にこの景色を切り取った。

  12. 赤信号が嬉しい夕暮れの時の交差点 - Film&Gasoline

    赤信号が嬉しい夕暮れの時の交差点

    私が帰宅途中に必ず赤信号で引っかかる交差点があります。その角にありますビルが建て替え工事をやっていたのは気が付いていたのですが、姿を現わして驚きました。美しいカーブを描いた外壁に三角帽子と、ちょいとレトロな欧風建築のような佇まいなのであります。どうやら三幸学園という専門学校の校舎らしいのですが、「写欲をそそるありがたい物を建ててくれてありがとう!」と、お礼を言いたいくらいです^^;FUJIF...

  13. 東京行。 - little island walking,

    東京行。

    旅に出る前に目を鍛えておきたい。 来月、久々の東京出張とあいなった。仕事を終えたら、懐かしい面々に会いにいき、空いた時間はどこか撮り歩こうかと考えている。いつもは銀座に足を運ぶことが多い。空港に向かうにもちょうどいい場所だし、なにより学生時代7丁目のライオンで調理バイトをしていたこともあって、懐かしい場所だからだ。こんなお洒落な街を、朝寝ぼけ眼で短パンTシャツ、雪駄(合気道部だったのです)で...

  14. 異彩を放つ漆黒のハイウェイスター - Film&Gasoline

    異彩を放つ漆黒のハイウェイスター

    久々の大物撮りトラであります。オールドトラクターではありませんが、その強烈な存在感はやはり舶来物だからでしょうか?その名は「VALTRA」ムーミンの生まれ故郷フィンランドのメーカーであります。さて、今日のお写真、なぜ超ローアングルのお写真ばかりなのかといいますと・・・高速道路のパーキングで撮らせていただいた写真だからです。高速道路で見る舶来トラクターはどんなスーパーカーよりも刺激的ですね~^...

  15. 赤錆の塔と走り去る赤いトラクターの記憶 - Film&Gasoline

    赤錆の塔と走り去る赤いトラクターの記憶

    FUJIFILM X100Ffujinon 23mm F2 ASPHCopyright (c) 2013-2018 film-gasoline All Rights Reserved

  16. 日の丸構図のスナップ - little island walking,

    日の丸構図のスナップ

    ど真ん中で勝負できるほど、僕は何かを持ち合わせているわけではないのだけれど。 ともすれば、何も深く考えずにど真ん中に被写体を置いてしまうのは、カメラ素人あるあるなのではなかろうか。かくいう自分も10年選手でありながら、このど真ん中に被写体どーん、をやってしまう。つまり、自分の腕前とか視点とか、その程度だということ。特に、こういうスナップの時、慌てて撮った家族スナップなどは、日の丸構図になりが...

  17. 艶やかに朽ちる洋館 - Film&Gasoline

    艶やかに朽ちる洋館

    朽ちてなお艶やかな廃洋館であります。あの廃洋館は近寄ってみると、朽ちていく建物と戯れるように春を満喫する植物たちの姿が印象的でした。機会があればまた訪れてみたい、そんな魅力的な洋館でした^^FUJIFILM X100Ffujinon 23mm F2 ASPHCopyright (c) 2013-2018 film-gasoline All Rights Reserved

  18. 五月雨を見上げるふきのとうと赤錆の塔 - Film&Gasoline

    五月雨を見上げるふきのとうと赤錆の塔

    ふきのとうが群生する野原にそびえ立つ不気味な建造物・・・これはいったい何でしょう?この赤錆のプラントは岩手県一関市にある三菱マテリアル岩手工場であります。環境リサイクル事業を担っている工場だそうです。実際は野原に建っているわけではありません。すぐ脇を流れる小川の土手越しに撮影したものです^^;こちらはその土手の対岸になります。すっごい眺めでうっとりしてしまいました。X100Fにワイドコンバー...

  19. 新緑に包まれた廃屋 - Film&Gasoline

    新緑に包まれた廃屋

    先日ご紹介いたしました国道沿いの廃墟であります。この時は二眼レフカメラLipca Rollop ⅡとLeica M6に赤外線領域も感光するフィルムRollei Retro400Sを詰めて挑んでおりました。本当でしたら、ここで真っ白な新緑に包まれた廃屋をご紹介できる予定でした。が、ちょっとしたトラブルがありましてご紹介できなくなってしまったのです。その代わりに今日はサブカメラのFUJIFILM...

  20. 開栓前夜、どこか不安気なお蛇口さま - Film&Gasoline

    開栓前夜、どこか不安気なお蛇口さま

    GW突入前の猪苗代湖の砂浜であります。久しぶりの開栓を前にして、どこか不安気なお蛇口さまがおりました。「しばらく水を出してないけど、大丈夫かなぁ・・・」みたいな ^^;FUJIFILM X100Ffujinon 23mm F2 ASPHCopyright (c) 2013-2018 film-gasoline All Rights Reserved

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ