magazineのタグまとめ

magazine」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmagazineに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「magazine」タグの記事(24)

  1. MJイラストレーションブック 2019 - yuki kitazumi  blog

    MJイラストレーションブック 2019

    実力派西川真以子さんの表紙は超かっこいいです!これは私のページできたてほやほやのMJイラストレーションブック 2019がAmazonから発売中です!「MJイラストレーションズ」の卒業生在塾生の選抜165人の作品ファイルです!1月19日(土)からは、書店販売(取扱い書店は下記に記載)もいたします。6号目の今号も人数がぐっと増えました。 監修:峰岸達発行元:MJブックス発売元:パイインターナショ...

  2. 雑誌挿絵「山と渓谷」2018年12月号 - yuki kitazumi  blog

    雑誌挿絵「山と渓谷」2018年12月号

    山と渓谷社「山と渓谷」12月号リスクに備える雪山行動術の挿絵、小さなカットを描いています。山と渓谷社「山と渓谷」12月号カレンダー付きです。動物カレンダーの写真がかわいい!

  3. 挿し絵の仕事「JR EAST」2018年2月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JR EAST」2018年2月号

    JR東日本の広報誌「JR EAST 2018年2月号」のコラムの挿し絵を担当しています。「”ジオたび”のすすめ」古田一義PB / JR東日本ED /ケイオフィスAD / 坂川事務所D / D.tri be

  4. 挿し絵の仕事「JR EAST」2017年11月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JR EAST」2017年11月号

    JR東日本の広報誌「JR EAST 2017年11月号」「ハタハタがやってくる」加藤清PB / JR東日本ED /ケイオフィスAD / 坂川事務所D / D.tri be

  5. 挿し絵の仕事「JR EAST」2017年10月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JR EAST」2017年10月号

    JR東日本の広報誌「JR EAST 2017年10月号」「台風一過の草原にて」夏目哲宏挿し絵は今月も、日程の都合で描きおろしではなく過去の作品を使って頂きました。どこかで見たことがあるぞ、と思われる方も仲にはいらっしゃるかもしれません。デザイナーがチョイスしたこの作品は年賀状で使用した羊の絵なのですが文章の内容に違和感なく合っていて、なるほど、とニンマリしてしまいました。PB / JR東日本...

  6. ナツメ書店 - d.d.mediA

    ナツメ書店

    友人のお店。今日からopenらしいです。きっと、素敵な本と素敵なコーヒーに出会えるのだろう。

  7. 挿し絵の仕事「PREPPY」2017年9月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「PREPPY」2017年9月号

    「PREPPY」は、えい出版が月刊発行している美容専門雑誌です。特集「ベーシックの、その先に」の扉ページを担当しました。小さなノートから飛び出すチャップリンを作りました。カメラマンに撮ってもらうと、どこかチャップリンもスマートです。自分で撮ったチャップリン。PREPPYPB / えい出版ED /小林真理子AD / 矢部夕紀子

  8. 挿し絵の仕事「JR EAST」2017年8月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JR EAST」2017年8月号

    JR東日本の広報誌「JR EAST 2017年8月号」「夏、空想の湖畔にて」 高橋秀徳 今月号も日程の都合で描きおろしではなく過去の作品を使って頂きました。PB / JR東日本 ED /ケイオフィス AD / 坂川事務所 D / D.tri be

  9. 挿し絵の仕事「JR EAST」2017年7月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JR EAST」2017年7月号

    JR東日本の広報誌「JR EAST 2017年7月号」「牡鹿半島との出会い」平井慶祐挿し絵は日程の都合で描きおろしではなく過去の作品を使って頂きました。PB / JR東日本ED /ケイオフィスAD / 坂川事務所D / D.tri be

  10. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 116/23日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介そうは見えなくても、苦しんでいるのだそれまでの鈴木さんの取材対象は社会的困窮者。しかし自身が高次機能障害を抱えてみると、猛烈な後悔の念に襲われたのでした。

  11. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 106/16日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介高次脳機能障害と発達障害の相似点高次脳機能障害への対応の参考になるのが発達障害へのそれ。この両者は非常によく似た特徴をもっているのです。週間金曜日

  12.  挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 096/9日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介病前と病後のギャップに心折れないために病前やれたことが病後はできなくなっている。この事実は何よりつらく.うつになる人も。当事者に必要なのは。周囲の受容です。週間金曜日

  13. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 086/02日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介僕には僕の「脳のペース」ボケっとしているように見えても、脳は全開。だから周囲は、そのペースに合わせてほしい。それだけで脳のリハビリにもなるのです。週間金曜日

  14.  挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 075/26日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介まわりはもとより、本人も気づきにくいのが高次脳機能障害の特徴と言えます。退院後に痛感した不自由さとは?週間金曜日

  15. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド 065/19日号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド鈴木大介身体マヒを克服した鈴木さんですが、高次脳機能障害が残りました。能の機能が大幅にダウンしてしまったのです。週間金曜日

  16. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド05」5/12号 2017年 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    身体の障害は克服しても鈴木さんの場合、身体のマヒは比較的軽かった。しかし退院後、脳の障害に苦しめられることになるのです。鈴木大介週間金曜日

  17. 挿し絵の仕事「JREAST」2017年5月号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「JREAST」2017年5月号

    クロマツがつなぐ津波の記憶高橋洋子PB / JR東日本ED /ケイオフィスAD / 坂川事務所D / D.tri be

  18. 挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド04」4/28, 5/5 合併号 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事「週刊金曜日脳梗塞サバイバー が考える患者...

    リハビリ始まる脳梗塞発症、一命を取り留めたものの、鈴木さんの身体には後遺症が残りました。リハビリ開始!です。株式会社金曜日

  19. 挿し絵の仕事 週刊金曜日 「脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド02」4/14  2017 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事 週刊金曜日 「脳梗塞サバイバー が考える...

    「脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド02」株式会社金曜日

  20. 挿し絵の仕事 週刊金曜日 「脳梗塞サバイバー が考える患者支援ガイド01」4/7  2017 - yuki kitazumi  blog

    挿し絵の仕事 週刊金曜日 「脳梗塞サバイバー が考える...

    週間金曜日の「脳梗塞サバイバーが考える患者支援ガイド」鈴木大介さんのコラムに挿し絵を書いています。筆者の鈴木大介さんは若者、特に女子の貧困を可視化したライターさんとして定評のある方です。著書「最貧困女子」(幻冬舎新書)は大きな話題となりました。鈴木さんは2015年に脳梗塞を発症。その後リハビリを経て復活しました。その体験を基に、当事者に必要な支援に着いてお伝えしていく連載です。全12回の連載...

総件数:24 件

似ているタグ