marais マレ・畑のタグまとめ

marais マレ・畑」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmarais マレ・畑に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「marais マレ・畑」タグの記事(66)

  1. * ゲルダさんの海辺の花たち ⑯ - フランス Bons vivants des marais

    * ゲルダさんの海辺の花たち ⑯

    *Kit: KYSTENS BLOMSTER L.N.30-5406 by Haandarbejdets FremmeDesign:Gerda Bengtssonバーバスカムの隣りに、今度は白い花が現れました。ノラニンジンです。→ ★ワイルドキャロットですね。せり科の花は、みなとてもよく似ているのでなかなか区別がつきにくいですがこの刺繍をしたからには、ノラニンジンは見たらすぐわかるようになる...

  2. 雨が多いので - フランス Bons vivants des marais

    雨が多いので

    この5月6月は、ほんとに雨が多くて植物たちも戸惑っているようです。毎年、どっさりとれるフィフィ島のサワーチェリーも今年は、クラフティがタルト型ひとつできるかなという程度しか収穫できませんでした。さくらんぼ酒作りも今年はできませんね…遠くから赤い実がたくさん見えても近くで見て、手に取ってみると傷んでいるものばかりです。マレ仲間に聞いてみると「ひとつも収穫できなかった!」という人もいてこういう年...

  3. 2週間ぶりの白鳥のべべたち - フランス Bons vivants des marais

    2週間ぶりの白鳥のべべたち

    13日の水曜日、2週間ぶりに会った白鳥のべべたちは予想以上に大きくなっていました。お父さんのサリュとお母さんのリュリュの間で5羽のべべが仲良く泳いでいます。上手に5羽を全員カメラに収めるのは、なかなか難しいですね。(撮影 5月31日)この前会ったのは、5月31日。小さかったですね。2週間でずいぶん大きくなるものですね。舟の上から写真を撮っているので片手には竿を持っています。船上カメラマン、曲...

  4. タチアオイ、色の競演 - フランス Bons vivants des marais

    タチアオイ、色の競演

    いろいろな色のタチアオイを見かけるようになりました。濃いアプリコット色やオーソドックスなピンク石畳からすくっと立っているのは臙脂色に近いかな花粉まみれになった蜂が酔っぱらったように葉っぱの上をよろよろ歩いていました。その向かいにはほぼ黒といっていい深い赤のタチアオイさらに進むとかつて大修道院のチャペルだった建物の前に少しずつ違う色のタチアオイが並んでいました。柔らかいピンクもかわいいですね。...

  5. ソラマメの収穫を祝おう! - フランス Bons vivants des marais

    ソラマメの収穫を祝おう!

    大事に鞘に包まれて大きくなったソラマメ、美しいですね。こんなにふかふかの布団で育つ豆は他にありませんね。まだ少しだけですが、今年初めての収穫です。ソラマメの収穫の日と知ってか知らずか港に着いたときからカシューもハイテンションです。舟の先には、大陸のように広がっている大きな白い雲。ソラマメやフサスグリを収穫し終えた頃カシスの向こうのポプラの木の後ろに黒い雲が湧きあがってきました。雨がザーザー降...

  6. * ゲルダさんの海辺の花たち ⑮ - フランス Bons vivants des marais

    * ゲルダさんの海辺の花たち ⑮

    *Kit: KYSTENS BLOMSTER L.N.30-5406 by Haandarbejdets FremmeDesign:Gerda Bengtssonまたひとつ素敵な花が加わりました。カルーナ(ギョリュウモドキ 御柳擬)です。→ ★フランス語だと、Callune, Béruée, Fausse Bruyère, Bruyère Callun... いろいろな呼び名があるようです。...

  7. 雲と木々と鳥と - フランス Bons vivants des marais

    雲と木々と鳥と

    金曜日のお昼過ぎ、久しぶりに下のマレへ散歩に行くと空には大きな雲が湧きあがり光りも雲もすっかり夏。木々も、雲のようにもくもくと湧くように揺れています。土手の方へ行く前に、モネの小道を歩きました。木々が鬱蒼としてその向こう、遠くにカテドラルの姿が見えます。もう10年以上、この道を歩いていますが木々は傾いたり倒れたり、少しずつ風景が変化しています。土手へ向かうために引き返すと緑の水面に柳の影が美...

  8. 銀の鎖 - フランス Bons vivants des marais

    銀の鎖

    優しい雰囲気のチェーンのネックレスとブレスレットがソラマメのペンダントの横に並びました。銀のソラマメをプレゼントしてくれた彫金作家の友人がこの夏は、この銀の鎖を送ってくれました。どこかロックな香りがしながらもごつい感じではなく繊細な感じのこのアクセサリーはきらきらゆらゆらとちょっと日焼けした肌の上で輝いてくれます。ソラマメもとても気に入って、街に行くときはよく付けていきますがこのチェーンもさ...

  9. 豆の美、豆の力 - フランス Bons vivants des marais

    豆の美、豆の力

    なんて美しいのでしょう。色といい形といい、完璧といいたい。^^鞘に大事に包まれて、鞘と繋がって丸く大きくなったグリンピース。このまま口に入れても、甘くておいしいのです。ちょっと塩味も感じます。細い竹を何本か立てて置いたらその間に上手にまっすぐ育ってくれて、とてもいい具合です。枝豆もサヤインゲンもゆっくりと育っています。これは、昨日の黒豆(黒大豆)の様子。食べるための黒豆のストックが一袋残って...

  10. グリンピースとサヤエンドウの収穫 - フランス Bons vivants des marais

    グリンピースとサヤエンドウの収穫

    ようやく!グリンピースとサヤエンドウが少し収穫できるようになりました。緑色がきれいですね~まだ花の一部が鞘の先に残っています。サヤエンドウもグリンピースもいろんな品種があってそれによって花の色も違うようですが我が畑では、この紫の花がサヤエンドウで白い花の方がグリンピースであります。お天気がよくないのでもう少しからっと晴れた日に収穫しようと思っているにんにくをひとつだけ試しにとってみました。植...

  11. * ゲルダさんの海辺の花たち ⑭ - フランス Bons vivants des marais

    * ゲルダさんの海辺の花たち ⑭

    *Kit: KYSTENS BLOMSTER L.N.30-5406 by Haandarbejdets FremmeDesign:Gerda Bengtssonゲルダさんの海辺の花の図案のいちばん左端の刺繍が仕上がりました。赤い実を付けたこの植物はソラナム・デュルカマラ → ★ナス科の植物です。学名は、solanum dulcamaraフランス語では、Douce-amère ドゥース・アメ...

  12. ドリチョス or ラブラブとの再会 - フランス Bons vivants des marais

    ドリチョス or ラブラブとの再会

    「おやつのパンちょうだい~」5月の最後の日、きゅうりの苗の植付けをしながらふと川の方を見ると白鳥の頭が見えたのでべべを従えたサリュたちがやってきたのかと思って近づいてみましたがそこにいたのは一羽だけ。よく見ると、頭と翼に茶色い羽があるし嘴も鮮やかなオレンジ色ではなく、くすんだ色・・・おや、これはまだ幼さの抜けていない白鳥・・・まあ! もしかしてドリチョス?? ラブラブ??「そうよ~だから早く...

  13. 白鳥のベベは5羽! - フランス Bons vivants des marais

    白鳥のベベは5羽!

    いました!白鳥の親子です。やっと間近で見ることができました。べべは5羽いますね。ふわふわのグレーの醜いあひるの子たちなんてかわいいのでしょう♪ふわふわだけど先日遠くから見たときよりも少し大きくなってしっかりしたような気がします。マレに行く途中の橋のところで会うことができたのです。あとで港の方まで来るかなと思ったのですが今日は別のところへ行ったようでした。「べべたちに会えましたね!!」今日のか...

  14. 雷雨な日々 - フランス Bons vivants des marais

    雷雨な日々

    朝、家の前の通りをカシューと散歩していると青い空を白鳥が飛んでいきました。おそらく、お父さんのサリューだと思います。あちこち様子を見るための偵察飛行かな。鳥が空を飛ぶのを見るのは、ほんとに気持ちのいいものです。午後には烈しい雷雨がやってくるという予報で、注意報も発令され県庁からも、雷がなったら木の傍に寄らないようにとか雹も降る可能性があるので気をつけるように等のお知らせがありそれは大変!と早...

  15. カシューが真っ黒になるワケ - フランス Bons vivants des marais

    カシューが真っ黒になるワケ

    今日もご機嫌です!もちろんカシューは犬でありますしましてや猟犬の血を引いているので、穴を掘ったりとにかく泥んこになるのが好きなのですが真っ黒になる度に家に戻ってシャワーを浴びるとき耳や鼻に水が入りそうになると嫌がりますがシャワーを浴びるのが嫌いということはなくなにしろシャンプーマッサージ付きなので時々、「あ~ああ~」と気持ちよさそうに欠伸をするのです。それで気が付きました!カシューは、実はこ...

  16. "ルージュ"の季節 - フランス Bons vivants des marais

    "ルージュ"の季節

    コクリコ(ヒナゲシ)の花の赤は印象的です。どこかから飛んできた種が育って畑にコクリコが現れる季節になりました。除草剤を使っていない畑にだけ現れるコクリコ。我が畑のこの季節のシンボルかもしれません。フィフィ島のサワーチェリーはだいぶ赤くなってきましたよ。真っ赤になったのを口に入れたら、酸っぱい!ちょっと甘い!おいしい!ビガロのサクランボもきれいな赤になりました。「サワーチェリーはクラフティにす...

  17. * ゲルダさんの海辺の花たち ⑬ - フランス Bons vivants des marais

    * ゲルダさんの海辺の花たち ⑬

    *Kit: KYSTENS BLOMSTER L.N.30-5406 by Haandarbejdets FremmeDesign:Gerda Bengtssonゲルダさんの海辺の花の刺繍にようやくハーバスカム(ビロードモウズイカ)を登場させることができました。これで13種類の花が咲いたことになります。道端のハーバスカムが咲く前に刺繍ができあがりました。嬉しいな。肉眼ではそう思わなかったけれ...

  18. 薔薇の香り - フランス Bons vivants des marais

    薔薇の香り

    アンドレ・ル・ノートルの傷んでいる花びらの内側に更にたくさんの花びらが現れて、とても美しく咲きました。このバラのエレガントな香りを嗅ぐとそのまますーっと眠ってしまいそうになります。まさに"芳しい"香りです。先週の日曜日に「今日は母の日」と書きましたが…間違えました!^^; 訂正いたします。フランスの母の日は、5月の最終日曜日です。フランス生まれのカシューに怒られました。^^;先日の記事にも訂...

  19. 白鳥物語 2018 始まる! - フランス Bons vivants des marais

    白鳥物語 2018 始まる!

    お昼前にマレの港に着くと、おや!!白鳥のサリュとリュリュ、そしてその間にちっちゃい灰色のべべたちが泳いでいますよ!慌ててカメラを取り出したものの予期せぬ再会にびっくりしたのとべべたちに会えた嬉しさで興奮していい角度で写真が撮れませんでした…実は、数日前にマレ仲間のホットラインで白鳥のべべが5羽生まれたらしいという情報が流れてきました。でも、マレでいろんな人に聞いてみてもみんな人から聞いた話で...

  20. カシューの水泳の季節がやってきた! - フランス Bons vivants des marais

    カシューの水泳の季節がやってきた!

    ふっと見ると、何の動物が泳いでいるのかと思って目をぱちくりしちゃいますがもちろん! 泳いでいるのは、かっちゃんであります。気持ちよさそうだな~昨日までは雑草の海になっていたフィフィ島今日は、この雑草の刈り払い作業です。いつものように、助っ人の二人の仲間が草刈り機でぶんぶんと草を刈っていき私は小屋の周りや木々や花の根元の草むしり。その間に、かっちゃんは水泳!というわけであります。おお、さっぱり...

1 - 20 / 総件数:66 件

似ているタグ