musicのタグまとめ

music」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmusicに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「music」タグの記事(306)

  1. みんなは覚えているかしら? "We are The World" - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    みんなは覚えているかしら? "We are ...

    バンビ・・今夜、スゴイ!"We are The World"に出会ってしまいました。・・・どうかしら!??Yukinoさん!ありがとうやっぱり、世界は"愛"で、出来ているんだね。

  2. 「僕らの時代」なんだって・・・・・ - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    「僕らの時代」なんだって・・・・・

    映画「チワワちゃん」の中で流れて来るんだけど、何か・・チョット?イイ!!ので、ちゃんと聴いておこうか!!?「僕らの時代」って・・いったいどんな時代なんだろう。?

  3. 今年になって3週目、仕事を遣り出して2週目に入るんだけど・・ - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    今年になって3週目、仕事を遣り出して2週目に入るんだけど・・

    いつも自分を大好き!!でいられるような姿勢で日々を送りたいですねぇ。今年の神様・仏様への願い事は・・「心願成就」!成就させたいですねぇ。何を目指しているか?は、秘密なんだけど・・年末には、みんなに気付いて貰えるかしら??今日、偶然出会った"In My Mind"です。

  4. 年明けすぐにピアノでセッション行った効果 - 林道部のピアノマン

    年明けすぐにピアノでセッション行った効果

    年明けすぐにピアノでセッション行った効果年明けすぐの1月4日に意を決して、ピアノでブルースセッションに行ってみた。いつもの店でなくて、違う店に。途中うまく弾けなくて、文句言われた場面もあったりもしたが、なんとなく弾くには弾けたけどって感じ。ただ自分のレベルのピアノを弾いただけで、たいしてなんも得るもんなかったと、自分では勝手に思った。終わってすぐには。ところが翌日以降に自分の中に変化があった...

  5. ああ年末年始 - ロックンロール・ブック2

    ああ年末年始

    またしても「ヤバいこんなことしてる場合じやない」「早くしなければ」と焦りながら、YouTubeとApple Musicにて荒井由実ばかりを観て過ごし、結局何もせずに一年で最も貴重な年末年始が終はらむとしてゐる。16ぐらゐかれこれ30年以上連続で年末年始を棒に振つてゐる。と書いてふと気づいた。正確には、薄々気づいてゐたことを思い切つて見つめてみた。つまり、「では何をする場合なのか」。何をすれば...

  6. 20190106 - JIZZ! BOMB! POW!

    20190106

    2018年は、人生で最も音楽を聴いた一年だった。今まではCD・レコード現物主義と言うか、やっぱりモノとして手にしたいよねって感じだったけど、今や時代はサブスク、デジタル・ストリーミング。むしろCDがリリースされない時代へと突入し、woking1998さん(懐かしいな、この感じ)がSpotifyを導入したこともあり、じゃあ僕もやってみようかなとSpotifyに登録。すごい便利、なにこれ。なんで...

  7. 荒井由実 貴重映像 - ロックンロール・ブック2

    荒井由実 貴重映像

    荒井由実はトークもすげえいい。よく笑ふ。荒井由実×矢沢永吉自宅ライブ

  8. 「君のこころは輝いているかい」!!? - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    「君のこころは輝いているかい」!!?

    NHKの紅白歌合戦で知った・・"Aqours"若い女の子達が、舞台で飛び跳ねて?歌っている姿を見ていると、何を歌っているのかよく解らなくなってしまう?オッチャンなんだけど・・??彼女達の若さのパワー!と「君のこころは輝いてるかい」というフレーズは、最高!!やねぇ。もちろん!オッチャンの"こころ"はシッカリ!輝いているよ~ッ!??今年も チョット?阿呆な...

  9. !??・・・中々エエ!バンドじゃん。? - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    !??・・・中々エエ!バンドじゃん。?

    今夜知った・・"Hi-STANDARD"なんだけど・・・ヘタさ加減は絶妙!だし・・ノリは最高!!じゃん。と、いうコトで一発!聴いて貰おうか!??チョット?調べてみたら・・"Hi-STANDARD"って、結構、年季の入ったバンドみたいやねぇ。そんなコトは、どうでもイイ!んだけど・・・2or3曲聴いたら・・飽きてしまった!と、しても?エエ!バンドと違うん!??

  10. Nicki Minaj 『Queen』 - SHIRAFUJI-BLOG

    Nicki Minaj 『Queen』

    ミクスチャー世代としては最近のHip Hopの多様性というか、ハードな感じが全盛期のRage Against The Machineや初期のLimp Bizkitを彷彿して面白いなと思いながら聴いてる。エミネムがでてきた頃はミクスチャーに辟易しててイマイチついていけなかったのだけど、ジャズやクラシックばかり数年聴いてたらこういう音楽に新鮮さを持てるようになってきた。ゲストも豪華ですよね。[N...

  11. この曲の感じ・・・メッチャクッチャ!かっこよくない?? - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    この曲の感じ・・・メッチャクッチャ!かっこよくない??

    どうかしら??でも・・このデッカイ!オッパイと、おケツは御免蒙りたいねぇ・・。?誰も僕の相手はしないって??有難いコトです。

  12. 仲間たちと - Nick's Favorite things

    仲間たちと

    音楽の仲間、カングー(商店街も)乗りの仲間、皆それぞれが大切なつながり。来年も楽しむぞ

  13. Nine Inch Nails『Bad Witch』 - SHIRAFUJI-BLOG

    Nine Inch Nails『Bad Witch』

    耳に負荷がかかる音楽はだいぶ聴かなくなったので昔ヘビーリスニングしてたバンドはここ数年ほとんど聴かなくジャズやクラシックばかりを聴く日々だった。最近、ふとした拍子に久しぶりにNine Inch Nailsのことを思い出しSpotifyで検索したら、最近発売したアルバムがあり、ジャケットもとても良かったので聴いてみたのだけど「こんなNINを待ってたんだよな!」と思える会心のアルバム。1曲目から...

  14. 小西君ゴメン!!ヤッパリ・・"CHAI"は、僕には無理みたい。?? - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    小西君ゴメン!!ヤッパリ・・"CHAI&qu...

    松山で、小西君に奨められた"CHAI"その場で、"無理!"と言ってはいたんだけど?とりあえず、小西君の奨めもあるコトだし・・僕なりに?色々とチャレンジはしたんだけどねぇ。・・・・・やっぱり、彼女達の"手の内"が、見えてくるンよね。

  15. と、いうコトで・・? 早速!届きました。?? - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    と、いうコトで・・? 早速!届きました。??

    そう・・荒井由美の"ひこうき雲"実家に、LPレコードの「ひこうき雲」があるんだけど・・待てませんでした。明日・・車のエンジンを かけた時に、"ひこうき雲"が流れるようにセットしておきました。?それはそうと・・TVで、朝鮮のニュースを観る度に頭に流れる曲があるんよね。以前、この曲と出合った時にも Up!!しているんだけど、みんな、もっと!平和について本気...

  16. Musette - Nick's Favorite things

    Musette

    Musette (ミュゼット)ネットで探して聴いてごらん♪

  17. 連載 日本のロック史 60〜70年代(10)荒井由実と中島みゆき - ロックンロール・ブック2

    連載 日本のロック史 60〜70年代(10)荒井由実と...

    荒井(松任谷)由実1954年1月東京都八王子市で1912年から続く老舗呉服店・荒井呉服店で、三男二女の第四子(二女)として生まれ、6歳からピアノ、11歳から三味線、14歳からベースを始めた。中学時代には、カツラを購入し、寝てるように家族には見せかけ内緒で当時国内外の文化人が集まるサロン的存在だった港区麻布台3丁目(1969年まで麻布飯倉片町8番地の住所表記だつた場所)のイタリアンレストラン「...

  18. アイリッシュ・ロック - ロックンロール・ブック2

    アイリッシュ・ロック

    アメリカンルーツミュージックを辿ると、アイリッシュに行き着く。アイルランド人ロリー・ギャラガーザ・チーフタンズザ・ブームタウンラッツ(ボブ・ゲルドフ)U2シネイド・オコナークランベリーズ(ドロレス・オリオーダン)ケルティック・ウーマン北アイルランドヴァン・モリソンアイルランド系イギリス人ビートルズジョン・レノン(父がアイルランド系)ジョージ・ハリスン(母がアイルランド系)ポール・マッカートニ...

  19. 連載 日本のロック史 60〜70年代 (9)ニューウェーブ - ロックンロール・ブック2

    連載 日本のロック史 60〜70年代 (9)ニューウェーブ

    四人囃子1969年森園勝敏(ヴォーカル、ギター)と岡井大二(リーダー、ドラムス)が高等学校在学時に出会い、中村真一(ベース)を加へ「ザ・サンニン」として活動開始。その後、坂下秀実(キーボード)が加入し「四人囃子」としての活動を開始。1973年邦画のサウンド・トラック『ある青春/二十歳の原点』を発売しプレ・デビュー。1974年東宝レコードから『一触即発』を発売して本格的にメジャー・デビュー。発...

  20. 連載 日本のロック史 60〜70年代 (8)矢沢永吉界隈 - ロックンロール・ブック2

    連載 日本のロック史 60〜70年代 (8)矢沢永吉界隈

    キャロル矢沢永吉:ベース・ボーカル。リーダー。広島県広島市出身ジョニー大倉:サイドギター・ボーカル。神奈川県川崎市出身内海利勝:リードギター・ボーカル。神奈川県鎌倉市出身ユウ岡崎:ドラムス。東京都豊島区出身元メンバー今井茂利:ドラムス(結成からデビュー前まで)相原誠:ドラムス(3rd Singleの時期のみ)サミー:サイドギター(ジョニー大倉が失踪中であった1974年初頭、2ヶ月弱のみ在籍)...

総件数:306 件

似ているタグ