musicのタグまとめ

music」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmusicに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「music」タグの記事(329)

  1. NIAGARA CONCERT '83 - @なんだか日和 VOL.2

    NIAGARA CONCERT '83

    気づけば36年の歳月が経過しました。

  2. Motion - 月下麗人の感想

    Motion

  3. HOCHONO HOUSE - @なんだか日和 VOL.2

    HOCHONO HOUSE

    46年ぶりのリメイクだそうでして。

  4. my son's guitar - Nick's Favorite things

    my son's guitar

    タタミとグレッチ

  5. この春の買ひ物 - ロックンロール・ブック2

    この春の買ひ物

    ユーミン及び「ギター目線の歌謡曲」ブームの昨今、俄然、スタジオミュージシャンや編曲家に目(耳)が行つてゐたところ、2016年3月4日に出てゐたコレが出てゐたことを知りアマゾンにて買つたら、コレを買つた人はコレも買つてます、と言はれたのがコレで、そりやさうだわなと買つてしまつたところ、さらに、コレを買つた人はコレも買つてます、とコレを勧められた。なぜ編集部は今のマイブームが分かつたのだらうと訝...

  6. Charと野口五郎の対談がおもしろい - ロックンロール・ブック2

    Charと野口五郎の対談がおもしろい

    ギターマガジンの、ギター目線の歌謡曲特集(2017年4月号)の巻頭対談がCharと野口五郎なのだが、ものすごく面白かつた。一番面白かつたのは以下の場面。Char「さういへばダン(池田)さんのバンドにレス・ポールの人がゐたの覚えてる? いつもひとりだけスーツじやなくてさ、『夜のヒットスタジオ』でエレキ・ギターの間奏やイントロがあるときにしかゐない人なんだけど」野口「たぶん東京ユニオンにゐた荒谷...

  7. 長渕剛と矢島賢 - ロックンロール・ブック2

    長渕剛と矢島賢

    1986〜92年ごろの長渕は本当に途轍もなかつた。30〜36歳。『STAY DREAM』から『JAPAN』と言つてもいい。音楽的にも、そして人気的にも、最高潮で、他を寄せ付けない、圧倒的な凄みがあつた。これはもう圧倒的だ。なんてことをまたしても、いまさら、書く気になつたのは、ギターマガジンでの矢島賢の発言を読んでだ。彼(長渕剛)は一緒にやつていて、面白かつたです。こつちが全開でギターを弾いて...

  8. キース・フリント逝去 - ロックンロール・ブック2

    キース・フリント逝去

    プロディジーのキース・フリント逝去。享年49。

  9. 歌謡曲におけるギターフレーズ - ロックンロール・ブック2

    歌謡曲におけるギターフレーズ

    歌謡曲といふと、1 歌唱と顔2 歌詞と曲(殊にメロディ)といふ要素が、その魅力の9〜10割を占める。そこがジャズやロック、ソウル、リズム&ブルーズといつた他ジャンルとの違ひなわけだが、松原正樹のギターを聴いて、「歌謡曲におけるギターフレーズ」といふ切り口はひとつあるな、と感じ始めて、今剛、矢島賢といつたスタジオミュージシャン斬りでのApple Musicプレイリストを作らうと思い立ち、参考文...

  10. 松原正樹WORKS in YouTube - ロックンロール・ブック2

    松原正樹WORKS in YouTube

    中央フリーウェイ荒井由実1976年11月20日(『14番目の月』)荒井由実冷たい雨ハイ・ファイ・セット1976年4月20日 松任谷由実冷たい雨松任谷由実1979年7月20日(『OLIVE』)松任谷由実微笑がえしキャンディーズ1978年2月25日 阿木燿子/穂口雄右さよならの向う側山口百恵1980年8月21日 阿木燿子/宇崎竜童恋人がサンタクロース松任谷由実1980年12月1日(『SURFSN...

  11. 松原正樹WORKS - ロックンロール・ブック2

    松原正樹WORKS

    松原正樹の偉業が素晴らしすぎて、Apple Musicにて「松原正樹WORKS」を作成。ベスト5をやらうとしたが、全部ほぼ同列一位だつたのでやめた。キャンディーズと山口百恵が配信されてないため、CDで持つてゐるにもかかはらず各250円でDL。本来一曲2億の価値があるから激安である。松山千春は長いこと「長い夜」だけが入つてなかつたはずだが今年に入つて入つた模様。Apple Musicは、作詞作...

  12. 松原正樹の偉業 - ロックンロール・ブック2

    松原正樹の偉業

    スタッフといふ、スタジオミュージシャンが結成したバンドがゐて、フェイバリットなわけだが、かうしたジャズ/フュージョン系テクニシャンバンドは日本にも多くゐる。そのサウンドは心地良く、聴けば聴くほど味はい深いものなのだが、そんな一人に、パラシュートといふバンドでも活躍し、実に1万曲以上でギターを弾いたといはれる松原正樹といふギタリストがゐる。2016年に61といふ若さで逝去したが、彼が35周年記...

  13. 松任谷由実 中期 1982-84(28-30歳) - ロックンロール・ブック2

    松任谷由実 中期 1982-84(28-30歳)

    1982〜1984年、28〜30歳の「松任谷由実 中期」は、アイドルへの楽曲提供期で、自身のシングル、アルバムも並行してリリースして行くが、霞む。提供楽曲群がグンバツ過ぎるからである。1982年(28歳)1982年1月21日松田聖子「赤いスイートピー」(作曲)1982年4月21日松田聖子「渚のバルコニー」(作曲) 1982年6月21日13thアルバム『PEARL PIERCE』(録音 198...

  14. 松任谷由実 前期 part 2 - ロックンロール・ブック2

    松任谷由実 前期 part 2

    では、1980年代をみてみよう。1980年3月20日、14thシングル「ESPER/よそゆき顔で」5月21日15thシングル「白日夢・DAY DREAM/ためらい」1980年6月21日、9thアルバム『時のないホテル』。しかし、このアルバムには2枚の先行シングル「ESPER 」「白日夢・DAY DREAM」は収録されず、各B面の2曲「よそゆき顔で」「ためらい」だけが入るといふ変則的な構成とな...

  15. 終に!僕の"iPad"のディスプレイ全域にヒビが入りました - 太田 バンビの SCRAP BOOK

    終に!僕の"iPad"のディスプレ...

    残念なコトなのですが、ソフトバンクに予約を入れました。根性!を入れて・・明日、10:30amに突撃!!します。全く関係のないコトなのですが・・・最近、ラジオで"クリープハイプ"の「栞」を よく耳にするのでYouTubeで、チョット調べてみたら・・!!?こんな「栞」を見つけました。"クリープハイプ"の「栞」もイイ!けど、・・・こういう「栞」もイイ!ねぇ。?

  16. #泣きたくなるほど嬉しい日々に - トランスポーターダイアリー

    #泣きたくなるほど嬉しい日々に

    「泣きたくなるほど嬉しい日々に」クリープハイプのことはほとんど知らないですが、言葉選びが凄くて、優しいようで凶暴で、すごいなーっておもって出勤途中の電車の中で1曲目の「蛍の光」の解説を読みながら聴いてたら涙がでそうになった。(というか泣けた)あんまりこんな感覚になることはないんだけどなぁ、久々に音楽に感動した。TVのリモコンを一生のお願いだと言ってとってもらったり、海の日に海に行ったり、そん...

  17. 冬の海とkeane - そらはなにいろ

    冬の海とkeane

    今日はひさしぶりにキーンを聴きながら海沿いを走りました。あの頃を思い出して口ずさんだりして、カレーパンと珈琲を飲みながら。キーンまた復活しないだろか。

  18. 1997ベスト5 - ロックンロール・ブック2

    1997ベスト5

    1997年は、1987年で終はつた日本のポップミュージックが10年の沈黙を経て新しい時代の幕開けを告げた年だつた。1997年6月18日中村一義『金字塔』1997年9月21日CHARA『Junior Sweet』1997年10月21日サニーデイ・サービス『サニーデイ・サービス』1998年4月17日BONNIE PINK『evil and flowers』1998年4月22日Cosa Nostr...

  19. Apple Musicに中村一義 - ロックンロール・ブック2

    Apple Musicに中村一義

    サニーデイ サービスがApple Musicに入つたと言つて喜んでたら、なんと中村一義も入つた。『サニーデイ サービス』と同じ1997年の名盤『金字塔』、『太陽』(1998)、『ERA』(2000)が聴けることに。デビューからいきなり佐内正史と渋谷陽一のバックアップを得ての中村一義の登場はショッキングだつた。特に歌詞。奇しくもこれもカゼッタベルキ初年の出来事である。これであと、Apple M...

  20. #bonobo #Ibrik - トランスポーターダイアリー

    #bonobo #Ibrik

    2年前のFUJI ROCKで最高の感動を届けてくれたbonoboの新譜が、これまた最高すぎて。終電帰りの電車の中で聴くとホント最高。チル・アンビエント・エレクトロ。山奥で死ぬまでもう一度聴きたい。

総件数:329 件

似ているタグ