portraitのタグまとめ

portrait」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはportraitに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「portrait」タグの記事(75)

  1. L'amour blessé(5) - ポートフォリオ

    L'amour blessé(5)

    今回の大きな目的は「夜景ポートレイト」にあった以前にも記したと思うが真冬の今ならば日暮れも早く モデルの女性にも負担が掛からない結果から言えば それまでの撮影で想定外に良い環境が得られたので満足してしまったがやはりこの場所に来て彼女を立たせてみると雰囲気が一変した今回で3回目の撮影となる彼女は その度ごとに変化を見せるもちろん「慣れ」という要素は大きいかもしれないがそれよりも「自信」と言うか...

  2. L'amour blessé(4) - ポートフォリオ

    L'amour blessé(4)

    ランチを済ませてから電車に乗って山手へ移動した洋館のいくつかを巡ってみようと思ったのだ今の季節は何もなくて良いハロウィンやクリスマスで余計な装飾が多くなる時期だと絵としてツマラナクなる今頃だと洋館を訪ねる人も少ないしそれでも午後の日差しが綺麗なことを私は知っているからここへ来る流石に室内は十分に暖房が効いているので上着は必要ない黒のダウンを脱ぐと アイボリーホワイトのスウェーターが見えた彼女...

  3. L'amour blessé(3) - ポートフォリオ

    L'amour blessé(3)

    ランチを済ませて資料館の周りを少し歩いてみる午後になるといくらか風も収まって日向にいると暖かかったつい先月も同じ場所で女性を撮影しているがその時にはまだ銀杏並木に黄色い葉が残っていたもちろん今はすっかり落ちてしまったが そのおかげもあって真冬感が増している白っぽい石畳から反射する日差しで彼女の顔が僅かに明るくなる日差しを浴びたファーもそれを助けてくれる真冬でなければみられないライティングだと...

  4. L'amour blessé(2) - ポートフォリオ

    L'amour blessé(2)

    天気は見事なくらいの快晴で日差しもたっぷりなのだがとにかく空気が冷たい室内のひだまりにいると暖かさを感じるが外気が入り込む場所だと足元から深々と冷えるしっかりと着込み 襟元にもフォックスファーをしっかりと巻いて防寒する彼女そのくらいの方が真冬らしくて良い「ジャック」を後にして 次なる目的地は「横浜開港資料館」だここに併設されているカフェでランチをしたいから そのついでに寄ってみた建物そのもの...

  5. L'amour blessé(1) - ポートフォリオ

    L'amour blessé(1)

    久しぶりに彼女と会った過去2回は郊外のローカル線沿線で撮影していたが今回はグッと都心に近づいて 異国情緒溢れるヨコハマにしてみたヨコハマは私にとっては地元でもあるので彼女を撮りたい場所は幾つもあるが1日で全てを回るのは不可能だましてまだまだ陽が短い真冬ともなれば その行動範囲は狭くなるのは必至だただ 初めてではないにしても 普段あまりヨコハマを歩くことのない人を案内するには「横浜三塔物語」と...

  6. 真冬のポートレイト(10) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(10)

    和室・真冬・モノクローム典型的な表現だそしてこの日は35mm判カメラで撮影したフィルムも久しぶりに400-TXだったロケハンをした時から決めていたできるだけ滑らかさが欲しかったがT-MAX などのフィルムでは黒が物足りないのではないかと思った普段なら1+1希釈での現像処理をするがこの時は1+2と やや薄めの処理をした相反することになるがこの時はY2も使っているしかし そのお陰もあってシャドウ...

  7. 真冬のポートレイト(9) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(9)

    真冬の定義は2月までと記しているが2月になれば段々と暖かな日もあるものだそして春の嵐になる「春一番」も2月に吹き荒れることが多い風は強いものの 南風が暖かな空気を運んでくるので一気に気温が上がるこの日もまさに春一番が吹き荒れた日だったなので室内にいる方が寒く感じてしまうのだすりガラスから溢れる外の光だけが火鉢と彼女を照らす和室が醸し出す独特の空気感があるそろそろ私の好きな冬も終わりに近づいて来た

  8. 真冬のポートレイト(8) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(8)

    真冬の静寂とモノクロームはとても相性が良いと思うモノトーンはそれだけで静寂を表現できる薄暗い教室ではスローシャッターになるがこの時はILFORD FP4 Plus を2段増感したのだ元々の描写力が高いこのフィルムだとプリントしても全く問題はなかったこのフィルムに関してはD-76が良いT-MAX・Rodinal・Rollei Supergrain などでも試しているがD-76を1〜2℃高くして...

  9. 真冬のポートレイト(7) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(7)

    雪が降り注ぐ「音」を聞いたことがあるだろうか?私は真冬の白馬へよく行くがまだ薄暗く 雪の降る早朝にローカル線の撮影に出かけたことがある目的地にたどり着くまで誰ともすれ違わず 車も走っていない何も音がしない状況の中で「雪の降り注ぐ音」を聞いたまさに真冬の静寂だったのだ都心からだいぶ離れた 人里離れた山奥にある廃校を彼女と訪ねた木造校舎の中には冬晴れの日差しが間接的にはいるが隙間風が鳴らす音以外...

  10. 真冬のポートレイト(6) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(6)

    前回と全く同じ環境下で撮影したモノクロームこの日も35mm判で撮影した前回の写真と見比べても 彼女の背景が大きくボケたことで厳かさを醸し出す柱の存在感が完全に薄れてしまったむしろ柔らかささえ感じてしまうそれがモノクロームだもちろん絞り込んでメリハリを出せば同じようになるはずだコントラストを高くしてもモノクロフィルムが得意とするグレーゾーンの表現により全体的に滑らかにも見えている彼女の足元は完...

  11. 真冬のポートレイト(5) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(5)

    誤解の無いように記しておくが今回の連載における「真冬」は12月〜2月と定義している3月では「冬」というイメージが薄れる11月も「晩秋」の方がしっくりくるもちろん気温で定義するならば11月や3月が真冬になっても良い地方はあるはずだ細かいことかもしれないが そこは自分自身の中の区割なのださて この日は年の瀬も押し詰まった頃でここを訪ねる人も少なく この広い講堂は深々と冷え切っていた彼女は新しいセ...

  12. 真冬のポートレイト(4) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(4)

    同じ環境下で撮影するモノクロームこの日は35mm 判カメラを使用した午後の早い時間だったが すでに夕方の装いがある目的地が近づき デッキへと歩いて来た彼女窓からの強い光がコートを照らすが彼女の顔は影になってしまうコートから反射するわずかな光が何とか輝度を保っている彼女の不安げな顔が冬の暗さと寒さを表現し汚れた窓ガラスが乾いた空気を表現するモノクロームは全てが見えなくて良いむしろ顔は半分だけ輝...

  13. 真冬のポートレイト(3) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(3)

    何度も記すが 真冬のポートレイトは「明るい」太陽の高度が低く 夏なら影になる場所でも奥まで日が届くそしてその色合いと空気感がコントラストを自然と上げるように思える通路にできる光と影の幾何学模様がそれを表現するもともと色白の彼女ではあるが真冬になるとより一層白さが増すようになる真冬・ローカル線・女性のひとり旅それだけで何かを想像するには十分すぎるここからそれぞれの物語が始まる

  14. 真冬のポートレイト(2) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(2)

    前回はデジカメによるカラー写真だったが今回は66で撮影したモノクロームモノクロームで色は表現できないが季節は表現できるいつも記すことだがモノクロームは見る人の想像力を掻き立てるそこに「色」を探す人もいるかもしれないモノクロームは単純に「それ」を見る背景を潰してしまえば見えるのは彼女と窓と その外の景色しかし外の景色は被写界深度を外れていて大きくボケているならば彼女と窓しか情報が無い彼女はおそ...

  15. 真冬のポートレイト(1) - ポートフォリオ

    真冬のポートレイト(1)

    真冬にポートレイトをするのはかなり酷な話だと思うモデルになる女性はもちろん撮影する方にとっても辛いことが多々あるしかし私は真冬のキンキンに冷えた快晴の日が大好きでこの写真を撮影した日が正にそんな日だった数日前に降り積もった雪がまだ溶けずにいて地面の雪が天然のレフ板となって彼女を照らす抜けるような青空と 透明感が空気の冷たさを表現してくれる大抵の女性は真冬の撮影を嫌うでも雨の日同様に そうした...

  16. 2017 12 29 - photograph~mannequin de l'uniforme~

    2017 12 29

    model/Ribonさん(フェアリー撮影会)

  17. 2017 12 28 - photograph~mannequin de l'uniforme~

    2017 12 28

    model/Ribonさん(フェアリー撮影会)

  18. 2017 12 27 - photograph~mannequin de l'uniforme~

    2017 12 27

    model/Ribonさん(フェアリー撮影会)

  19. 2017年 私の7つのエピソード(7) - ポートフォリオ

    2017年 私の7つのエピソード(7)

    8月久しぶりに遠方に撮影に出かけた山梨県の清里高原だった真夏の日中でも日陰では寒いくらいだったそれでも広々とした牧場の緑ひらけた空白樺の木などが見えると実に心地良かったこの頃にはフィルムと現像液が決まっていた400-TX が常用フィルムとなっていた安く入手できる販売店を見つけて以来 躊躇なくこのフィルムを使用できるようになった現像液も増感前提ならD-76普通の撮影ならD-23また天候次第では...

  20. 2017年 私の7つのエピソード(6) - ポートフォリオ

    2017年 私の7つのエピソード(6)

    5月過去に撮影したネガをもう一度再検証してみたその結果 FOMAPAN400 と D76 の組み合わせが実に心地良いネガになると確信した135mm サイズだと粒子が目立つのだが120サイズならそれが心地良い程度に広がる実際にプリントしてみるとフォーカスアウトの部分は確かに粒子が目立つのだが粒子と言うのはそれがある程度見えないとシャープネスに欠ける物なのだだから超微粒子のプリントはなんとなく眠...

1 - 20 / 総件数:75 件

似ているタグ