riceのタグまとめ

rice」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはriceに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「rice」タグの記事(25)

  1. 山椒風味のオトナの鶏チャーシュー - キムチ屋修行の道

    山椒風味のオトナの鶏チャーシュー

    鶏チャーシュー、山椒風味作りました。豚肉で作るチャーシューより味が染みやすくやわらかくできて、鶏ハムよりずっと簡単な鶏チャーシュー。ラーメンのお供に、チャーハンの具にといろいろ使えて便利なのでたびたび作ります。今回は実山椒で作った山椒の醤油漬けを加えた、ピリリと山椒の風味が効いた大人のチャーシューにしました。市販の実山椒有馬煮も美味しいと思います。作り方はいたって簡単。鶏もも肉は厚い部分に切...

  2. 2018年夏の終わりの大邱ひとり旅 番外編 お土産レシピ その2。シレギづくしのシレギ 定食 - キムチ屋修行の道

    2018年夏の終わりの大邱ひとり旅 番外編 お土産レシ...

    プレミアムキンパに続いて大邱旅行のお土産レシピ第二弾。大邱の新世界デパートで買ったシレギ(干した大根葉)。このシレギを使ってシレギづくしのお夕飯にしてみました。まずは「シレギとサンマ、キムチの煮付け」。偶然観た、韓国のテレビの料理番組でやっていたシレギとサンマの煮付け、うろ覚えなんですが、それにキムチも合わせて作ってみました。これね、サンマの缶詰を使うからものすごく簡単。一晩水に浸けて戻した...

  3. 自家製ジェノベーゼソースでジェノバ風たこ飯と蟹のフジッリ - キムチ屋修行の道

    自家製ジェノベーゼソースでジェノバ風たこ飯と蟹のフジッリ

    全然知らなかったのですが、ジェノベーゼソースってバジルの葉を1分ほど塩茹でにして氷水にとって水気をよく絞ったものを使うと、変色せずにきれいなグリーンのペーストができるんですね。テレビでやっていたのを参考に作ってみました。1分茹でたバジルの葉を使うという以外は普通の作り方なのに、ホント、きれいなグリーン!このジェノベーゼソースを使って、「ジェノバ風たこ飯」。ま、そもそもたこ飯などジェノバの人は...

  4. 最近凝ってる常備菜「揚げなす」で夏野菜のサラダやら、麻婆茄子やら - キムチ屋修行の道

    最近凝ってる常備菜「揚げなす」で夏野菜のサラダやら、麻...

    最近よく作る常備菜、「揚げなす」。3センチ幅の輪切りにして水にさらし、水気を拭いたなすを、揚げ油を1センチ深さまで入れてフライパンで中火で熱したところに入れ、上下を返しながら5分ほど揚げ焼きしザルにあけて油を切っておきます。粗熱が取れたら保存容器かジップロックに入れて保存します。冷蔵庫でも4〜5日保つけど、私はいつもジップロックに入れて冷凍保存。使う分だけパキッと割ってちょこちょこ使えるので...

  5. 肉あんかけチャーハン - キムチ屋修行の道

    肉あんかけチャーハン

    肉あんかけチャーハン。ムチャ心騒ぐネーミングのチャーハン。なんだかガッツリ飯を急に食べたくなり、作ってみました。いつも作る豚の甘辛煮を卵チャーハンにたっぷりかけてみたのですが、これが思いの外うまくいったのでご紹介。肉あんかけチャーハン(ふたり分)材料肉餡用豚肩ロース肉200グラムにんにく(みじん切り)1/2カケ分生姜(みじん切り)1/2カケ分鶏ガラスープ(ガラスープの素小さじ1を湯で溶いたも...

  6. 炙り合鴨スモーク のっけご飯 - キムチ屋修行の道

    炙り合鴨スモーク のっけご飯

    広東ダックの記事を書いていたら、なんだか鴨肉が食べたくなりました。脳と胃袋が直結しているタイプなのかな?それはそうと、ダックってアヒルですよね。アヒルは鴨の仲間なのか?合鴨は確かアヒルと鴨の交配種なんでしたっけ?と、頭がこんがりつつ、まあこの時期、鴨料理など容易に食べれるわけもなく、買ってきたのはお手頃価格でスーパーに並んでいる合鴨ロースのスモークハム。スライスして食べるだけでも美味しいです...

  7. カンジャンケジャンの海老バージョン、カンジャンセウ作ったよ。 - キムチ屋修行の道

    カンジャンケジャンの海老バージョン、カンジャンセウ作ったよ。

    カンジャンセウ、作りました。カンジャンケジャン(韓国風 活きわたり蟹の醤油漬け)の海老バージョン。日本では生きた蟹は入手困難ですけど、お刺身用の有頭エビならスーパーでゲットできますもんね。今回は廉価に手に入る、お刺身用のアルゼンチン産の赤エビを使いました。後の材料も日本のスーパーで簡単に手に入るもので作ってみましたよ。一人分材料有頭エビ3尾酒適宜玉ねぎ(1センチ角の角切り)1/8個漬けだれ用...

  8. 身体ポカポカ、白子の麻婆豆腐と腸詰めご飯 - キムチ屋修行の道

    身体ポカポカ、白子の麻婆豆腐と腸詰めご飯

    白子の麻婆豆腐を作りました。いつもの麻婆豆腐の作り方で、豆腐の分量だけ2/3にして、仕上げに下処理した白子を加えました。プリン体が心配だけど好きなんですよね、こういうの。白子の下処理をキチンとするとさらに味が格段良くなりますよ。塩を振ってしばらくおいた白子を白子をつぶさないように優しく水で洗ってぬめりを取り、ザルにあけときます。熱湯をまわしかけて白子の膜を手で取り除き、食べやすい大きさに切り...

  9. '17年11月ソウル旅 番外編その③ おみやげレシピ 「ウニとトビコのビビンバ」&三食ごはんの「じゃがいものスジェビ」。 - キムチ屋修行の道

    '17年11月ソウル旅 番外編その③ おみや...

    ソウル旅のおみやげレシピ篇その3です。(ちなみにその1はこちら→✭、その2はこちら→✭)こちらでいただいたウニとトビコのビビンバがとても美味しかったので、おうちへ帰って真似して作ってみました。ウニにトビコ、韓国海苔を細かくほぐしたもの、万能ネギの小口切りに彩りよく紫玉ねぎと紫キャべつをご飯に乗せて卵黄をポトリ。出汁醤油をお好みで少し加えてよく混ぜ混ぜしてどうぞ。ウニは今回も、ソウルの新世界百...

  10. ほぐし松茸ご飯 - キムチ屋修行の道

    ほぐし松茸ご飯

    先月札幌のお鮨屋さんで食べた、北海道の興部(おこっぺ)の松茸と炙りトロ。炙ったマグロの上に、手でほぐした松茸が乗った握り。忘れられない味。松茸ご飯を作ろうとカナダ産の松茸を買ってきた夫に(うちは食事当番が買い物もいたします)、「ほぐした松茸の松茸ご飯が食べたい。」と無理やり作ってもらっちゃいました。これがおいしいの。ホントは網で焼くのがいいのでしょうが、こんな感じでお酒とお醤油を振りかけた松...

  11. 札幌のお土産で「いくらとウニ、蟹がこぼれんばかりの「こぼれ寿司」を作ってみた - キムチ屋修行の道

    札幌のお土産で「いくらとウニ、蟹がこぼれんばかりの「こ...

    札幌旅行のお土産で作ってみました。いくらとウニ、蟹の「こぼれ寿司」。インスタで見かけた、海鮮寿司居酒屋さんのメニューの真似っこです。食べてみたかったんですよね、こぼれ寿司っていうのかな?のっけ寿司とも言うみたい。こういう風に具なしの細巻きを作って、ネタをこぼれんばかりに乗っけるだけ。あらこれ、簡単。わさび醤油でどうぞ。鮮魚店のセールでマグロを買ってきて、マグロを叩いてネギトロにしたのを乗っけ...

  12. 蟹味噌入り蟹のビビンバ、作ったよ。 - キムチ屋修行の道

    蟹味噌入り蟹のビビンバ、作ったよ。

    蟹味噌入り蟹のビビンバを作りました。生野菜はなんでもいいんですけど、彩りよく紫キャベツ、九条葱の細切り、紫たまねぎにスプラウト。スナップエンドウをさっと茹でたのに、ミョウガの甘酢漬けも残っていたので入れました。それと韓国海苔を細かくちぎったものと冷凍卵の卵黄、ほぐした蟹の身と蟹味噌です。酢コチュジャン(砂糖1:はちみつ1:酢2:コチュジャン6:炭酸水1にニンニクのすりおろしと白炒りごまを合わ...

  13. ハルラサンポックンパ、作ってみた。 - キムチ屋修行の道

    ハルラサンポックンパ、作ってみた。

    韓国で流行っているらしい、ハルラサンポックンパを作ってみた、いえいえ、正式には作ってもらってみた。(夫に...)漢拏山(ハルラ山)は済州島の中心にそびえる、韓国で一番高い山。島のどこからでも眺められて、済州島自体、そもそもハルラサンの噴火によってできた島なんですって。その済州島のハルラサンに見立ててキムチチャーハンを山型に成形し、フライパンにのせて弱火にかけます。てっぺんを火口のように凹まし...

  14. バーベキューポッサム定食 - キムチ屋修行の道

    バーベキューポッサム定食

    バーベキューポッサムを作ったので、バーベキューポッサム定食にしました。豚ブロック肉(豚バラ肉がおススメ。豚肩ロースでもできます。)を、水分をキッチンペーパーでふきとって豚肉の重量の2パーセントの塩をまぶして脱水シートかラップにくるんで2日ほど置いて作った塩豚。これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて弱火でコトコト30〜40分煮た後、燻製にして作ったバーベキューポッサム。(燻製器がな...

  15. とうもろこしご飯でカレー - キムチ屋修行の道

    とうもろこしご飯でカレー

    美味しそうなとうもろこしをスーパーで見つけて買って帰りました。最初はぜんぜん違う料理を考えてたんですけど、ふと「とうもろこしご飯でカレーにしたらどうかな?」と思い、やってみました。生で食べれそうなフレッシュなとうもろこし。粒を外したら、芯の部分をお酒少々を加えた湯で茹でて、その茹で汁でご飯を炊き、炊き上がり直前に粒の部分をご飯にのせて蒸らします。蒸らし上がったらバターをポトリで出来上がり。カ...

  16. 新しょうがの甘酢漬けで、サーモンとアボカドのばらちらし - キムチ屋修行の道

    新しょうがの甘酢漬けで、サーモンとアボカドのばらちらし

    酢飯の代わりに、自家製の新しょうがの甘酢漬けを細切りにしてご飯に混ぜあわせ、ばらちらしを作りました。ばらちらしに乗せる具は、サーモンにアボカド、カニとエビにイクラ。彩りにさっとゆでたスナップエンドウとオクラも。新しょうがの甘酢漬けの作り方はここに書いてあります。あはは、この時はうなぎと夏野菜でちらし寿司を作ってますね、忘れてたけど。今回はきゅうりの輪切りとセロリの細切りも甘酢漬けの漬け汁に漬...

  17. またまた印度の味で、今度は豆入りバターキーマカレー - キムチ屋修行の道

    またまた印度の味で、今度は豆入りバターキーマカレー

    昨日の東京は暑かったですね。インドより暑そうな東京で、食べたくなったのがインド料理。しかし長時間煮込むカレーは、ちょい作るのが辛いのでまたまた、マコーミックフーズから出ているカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」を使って、「豆入りバターキーマカレー」を作りました。これがそのカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」。缶の説明書きに書いてあるように、基本は肉を軽...

  18. 魚介のパエリア - キムチ屋修行の道

    魚介のパエリア

    この日のお料理担当は夫。魚介のパエリア。なぜ味見しないのに、塩加減がちょうどいいのかが謎なんですよね、悔しいけど。パンタパス。小イカのオリーブオイル煮。やわらかくておいしい。タコのガリシア風。これも夫の得意料理。私がやるとタコが硬くなるのは人間が頑固だからだろうか?スペインオムレツ。本場風に中がトロトロの半熟です。ひっくり返すの難しいだろうに。夫が作るスペイン料理。多分作り方にちょっとしたコ...

  19. 韓国風茹で豚(テジスユク)定食 - キムチ屋修行の道

    韓国風茹で豚(テジスユク)定食

    塩麹をまぶして冷蔵庫で一晩寝かせた豚肩ロースを茹でた茹で豚を使って、韓国風茹で豚定食、テジスユクペッパンを作りました。塩麹のおかげで肩ロース肉がしっとりやわらかく、ほんのりまろやかな塩味が加わって、何にもしてないのにおいしいです。今回は、お肉を紅芯大根の甘酢漬けに乗せて食べました。キムチや白髪ネギと一緒に、アミの塩辛やヤンニョンカンジャンを乗っけてお口にポン。ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)...

  20. スペインバル風カニの身の甲羅詰め&あさりご飯 - キムチ屋修行の道

    スペインバル風カニの身の甲羅詰め&あさりご飯

    美味しそうな蟹味噌をスーパーで見つけたので、「カニの身の甲羅詰め バスク風」を作ってみました。スペインのバスク地方のバルでは「チャングーロ」と言って、旅行中もこの甲羅詰めのピンチョスがよくカウンターに乗っかってるのを見ました。蟹味噌の上に、ベシャメルソースとカニの身を混ぜたものを載せてオーブントースターで焼いただけ。もちょっと焼き色をつければ良かったな。ま、蟹味噌のとこからすくってバゲットに...

総件数:25 件

似ているタグ