rockのタグまとめ

rock」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはrockに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「rock」タグの記事(370)

  1. 天海祐希のロンリー・チャップリン - ロックンロール・ブック2

    天海祐希のロンリー・チャップリン

    天海祐希のロンリー・チャップリンセンスがすげえ。

  2. アントン・コービン インタビュー by キム・ワイルド - ロックンロール・ブック2

    アントン・コービン インタビュー by キム・ワイルド

    アントン・コービンインタビューby キム・ワイルドKim Wilde interviews Anton Corbijn@ Oxford Road Show, BBC2 (UK),January 18, 1985

  3. 松本隆50周年トリビュート ベスト5 - ロックンロール・ブック2

    松本隆50周年トリビュート ベスト5

    松本隆の作詞家生活50周年トリビュートが出るといふ。期待はこの3組。池田エライザ「Woman Wの悲劇より」薬師丸ひろ子 1984作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆本物川崎鷹也「君は天然色」大滝詠一1981作詞:松本隆/作曲・編曲:大滝詠一本物幾田りら「SWEET MEMORIES」松田聖子1983作詞:松本隆/作曲・編曲:大村雅朗本物

  4. 渋谷陽一の声明 - ロックンロール・ブック2

    渋谷陽一の声明

    渋谷陽一の現実認識の確かさ、音楽に対する誠実さが伝はる文章、公式ページより転載。rockin'onの値上げや人材募集など、その理由を昔から長文で本誌に説明掲載してきた、そのやり方は70歳になつた今も不変。ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021開催中止に関して、皆さんにお伝えしたいこと「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル 2021」の開催を中止いたします。私たちは...

  5. 氷室京介「CRIME OF LOVE」のドラム - ロックンロール・ブック2

    氷室京介「CRIME OF LOVE」のドラム

    氷室京介『Higher Self』(1991)から30年。その先行シングル「CRIME OF LOVE」は、氷室がソロとして最も脂が乗つてゐた時の作品で、氷室の最高傑作の一つだが、それはリズムのカッコよさによるところも大きかつた。それがここに来てレコーディングミュージシャンの永井利光自らが解説してる動画がUPされ、カッコ良さの秘密が明らかにされたので紹介する。

  6. 近年のヒット本 2021 - ロックンロール・ブック2

    近年のヒット本 2021

    近年のヒット本齢50にもなると、世に出てゐる新刊の9割は読むに値せず、ひたすら古典(昭和まで含む)ばかりを繰り返し読んでゐる毎日だが、稀に秀逸な本が登場してくるので注意は必要だ。以下は結構マユツバな、買ふかどうか迷ふ系の本の部類だが、買つてよい本である。ザ・カセットテープ・ミュージックの本 〜つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話〜マキタスポーツ×スージー鈴木(リット...

  7. 久々の投稿です(^_^;) - 井口克彦の仕事嫌いなスナフキン

    久々の投稿です(^_^;)

    久々の投稿です(^_^;)昨日のイベントy's grooveにwestern palsで出演しました。フジノワ、Blue tail、Moksas、皆さん素晴らしいステージでした!楽しかったです。ありがとうございました♪western pals セットリストメルセデスベンツ/ジャニスジョプリンピープルゲットレディ/カーティスメイフィールドクロスオーバー/井口克彦雨を見たかい/CCRウ...

  8. BOØWY ブレイク前の初期映像集1983-85 - ロックンロール・ブック2

    BOØWY ブレイク前の初期映像集1983-85

    BOØWYは東芝EMI/YUI音楽工房に1985年に移籍後、いきなりベルリン録音、ロンドン公演、渋谷公会堂公演、テレビプロモーション出演と高額が投資されたメジャーな展開を始め、1〜2年で一気にブレイク。1987年にメインストリームにおいて頂点に立つや否やその年のクリスマスイブにはさつさと解散して、1988年にはそのあまりの突然さを補償するかのやうなラストギグズを、完成直後の東京ドームで行ふ。...

  9. アイドル歌謡の没落1989-90 - ロックンロール・ブック2

    アイドル歌謡の没落1989-90

    アイドル歌謡が80年代前半に頂点を迎へ、昭和の終焉、平成の始まりと共に衰退していつたのはなぜか。ザ・ベストテン(1978年1月〜)→ 1989年9月28日終了NTV紅白歌のベストテン(1969)〜ザ・トップテン(1981)〜歌のトップテン(1986)→ 1990年3月26日終了夜のヒットスタジオ(1968年11月〜)→ 1990年10月3日終了1989(平成元)年から1990(平成2)年にか...

  10. 34年前の今日、BLONDE発売 - ロックンロール・ブック2

    34年前の今日、BLONDE発売

    34年前の今日、1987年6月3日、中森明菜、デビュー6年目の21歳にして最高傑作「BLONDE」リリース。作詞・作曲:Biddu, Winston Sela/日本語詞:麻生圭子/編曲:中村哲のちの、1987年8月25日に発売された全曲英語詞のスタジオ・アルバム『Cross My Palm』収録の原曲「THE LOOK THAT KILLS」よりも、編曲、歌詞、歌唱すべてにおいて本シングルの...

  11. 松任谷由実の名言 - ロックンロール・ブック2

    松任谷由実の名言

    松任谷由実には名言も多いが、最も適切なのは、「私、評論家が思ってるほどブスじゃないんですよ」(渋谷陽一のインタビューにて1987)この発言は凄い。もともと松任谷由実は、その歌詞やインタビューを見るに、他者/世界認識力はとても高いが、最も身近な、それ故に対象化しにくい、自分といふものをここまで正確に認識できてゐるといふのが凄い。評論家や世間一般は大まかにブスと思つてゐるといふ把握。そして、自分...

  12. 冒頭からネガティブな歌ベスト5 - ロックンロール・ブック2

    冒頭からネガティブな歌ベスト5

    冒頭からネガティブな歌ベスト5都会では自殺する若者が増えている傘がない井上陽水1972年7月1日(『断絶』からのリカットシングル)もう終わりだねさよならオフコース1979年11月1日は〜 テレビも無エラジオも無エくるまもそれほど走って無エ俺ら東京さ行ぐだ吉幾三1984年11月25日ジメジメと暗く腐った憂鬱な人生を俺は憎んでばかりいたCaptain of the Ship長渕剛1993年11月...

  13. 伊藤アキラ×大滝詠一 - ロックンロール・ブック2

    伊藤アキラ×大滝詠一

    追悼・伊藤アキラ1940年8月12日 - 2021年5月15日伊藤アキラといへば一発貫太くん。♪あーあーあーきょうもいっぱつうちたいなァ! ♪は今でも口ずさむ。そして、三ツ矢サイダー。秋吉久美子、大滝詠一(73,74,75,77,83)、山下達郎(76)の最強コラボ。アサヒ飲料のCM担当者は、2021年とはいへ、これを永年使用することを検討されたし。大滝詠一とのコラボ※特記以外すべて、作詞:...

  14. デヴィッド・ボウイの凄さ - ロックンロール・ブック2

    デヴィッド・ボウイの凄さ

    ニック・ロウとエルヴィス・コステロ。共にビートルズ直系のイギリスならではのポップソング・アーティストだが、同じポップでもニック・ロウはポップス、コステロはロック、といふ線引きができることに気づく。そして、やはり同じポップでもデヴィッド・ボウイはさらにロックといへる。これらの違ひは、アート色と他者との摩擦係数の高さと言つてもよい。ポップでありながらヒリヒリしててソワソワしてしまふ。何かの流れで...

  15. ニック・ロウのポップ - ロックンロール・ブック2

    ニック・ロウのポップ

    https://amzn.to/3owR99Zニック・ロウは稀代のポップ職人だ。イギリスの、いはゆるパブ・ロック、ニューウェーブの流れから出てきたアーティストで、佳曲を量産してゐるのだが、日本ではメジャーとは言へない。1966年に、Kippington Lodge(キッピングトン・ロッジ)のメンバーとしてデビュー。後に、Brinsley Schwarz(ブリンズリー・シュウォーツ)と名前を変...

  16. 渋谷陽一のインタビュー力 - ロックンロール・ブック2

    渋谷陽一のインタビュー力

    渋谷陽一は批評家であり編集者(雑誌、書籍、テレビ、ラジオ)であるが、インタビューの名手である。社主を務める土台のrockin'on(本誌、JAPAN、CUT、BRIDGE、SIGHT)でその手腕は数多く発揮され、我々は見ることができるが、マイベストワークは、「rockin'on JAPAN」でのCOMPLEXへのインタビュー(1989.4)と、NHKラジオでの松任谷由実特...

  17. コーラスワークがすごい大滝詠一ベスト3 - ロックンロール・ブック2

    コーラスワークがすごい大滝詠一ベスト3

    大滝詠一は、レイト50s〜アーリー60sのアメリカン・ポップスと並びバッファロー・スプリングフィールドに多大な影響を受けてゐるが、それらの結果の一つとして、複数の同じ楽器を同時に鳴らして作る音の壁、そして、コーラスワークといふものがある。といふことで、独特のコーラスワークがすごい大滝詠一ベスト3。恋の汽車ポッポ 第二部『大滝詠一』1972年11月25日作詞:江戸門弾鉄/作曲・編曲:多羅尾伴内...

  18. 大滝詠一 提供楽曲ベスト5 - ロックンロール・ブック2

    大滝詠一 提供楽曲ベスト5

    NHK BSプレミアムにて大滝詠一特集。たまたま観たらよかつた。ビデオ撮つとけばよかつた。と思つたら一部YouTubeに。大滝詠一が人に提供した楽曲ベスト5熱き心に小林旭1985年11月20日作詞:阿久悠/作曲・編曲:大瀧詠一/ストリングスアレンジ:前田憲男冬のリヴィエラ森進一1982年11月21日作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一/編曲:前田憲男風立ちぬ松田聖子1981年10月7日作詞:松本隆/...

  19. Dinosaur Jr. best 5 - ロックンロール・ブック2

    Dinosaur Jr. best 5

    Dinosaur Jr. ベスト56. The Wagon(Green Mind, 1991)5. Puke and Cry(Green Mind, 1991)4. Freak Scene(Bug, 1988)3. The Lung(You're Living All Over Me, 1987)2. Kracked(You're Living All Over Me, ...

  20. 追悼 ラスティ・ヤング - ロックンロール・ブック2

    追悼 ラスティ・ヤング

    Rusty Young1946年2月23日 - 2021年4月14日Kind Woman(Richie Furay)from Buffalo Springfield 『Last Time Around』1968First Love(Richie Furay)from POCO『Pickin' Up the Pieces』1969Make Me a Smile(Richie Fura...

総件数:370 件

似ているタグ