seafoodのタグまとめ

seafood」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはseafoodに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「seafood」タグの記事(51)

  1. 韓国の海鮮居酒屋さん風おつまみと、韓国風つぶ貝の和えそうめん - キムチ屋修行の道

    韓国の海鮮居酒屋さん風おつまみと、韓国風つぶ貝の和えそうめん

    韓国の海鮮居酒屋さん風おつまみ。YouTube観てて、ソウルの美味しそうな海鮮居酒屋さんが出てきて、まあそれは美味しそうなおつまみがたくさん!あ〜、行ってみたいな、ということで真似っこして作ってみました。チャンジャトビコときゅうり豆腐。チャンジャとトビコをごま油で和えて小口切りの万能ネギをパラリ。これを薄切りにしたきゅうりと水気を切って小さく角切りにした木綿豆腐と一緒に韓国海苔に巻いて食べま...

  2. シュウマイの皮のカネロニ&皿シュウマイなるもの - キムチ屋修行の道

    シュウマイの皮のカネロニ&皿シュウマイなるもの

    前回記事のお話の続きです。シュウマイの皮のカネロニ。シュウマイの皮が余ったので苦肉の策で作ったのですが、美味しかったのでご紹介。ミートソースをシュウマイの皮でくるっと包んどきます。(これは思ったより簡単。)常温にしてやわらかくしたバターを塗った耐熱器に並べて上からベシャメルソースをかけ、とろけるチーズも乗せてオーブントースターで焼いただけです。ミートソースは、市販のものでもいいんですけど、冷...

  3. 桃モッツアレラ、生ハムディップとラム酒漬けのフルーツバター - キムチ屋修行の道

    桃モッツアレラ、生ハムディップとラム酒漬けのフルーツバター

    今年も作りました、「桃モッツアレラ」。桃の美味しい季節に必ず食べたくなります。以前も作ったの載っけたよな〜、なんて思ってたら2017年もおんなじ8月20日に載っけてる!→こちら我ながら頭もおなかも単純にできてるなぁ。今年はブッラータチーズで作りました。冷えた泡か白ワインをグビッといきたいですね。(ってグビグビいったんですが...)もひとつ簡単なおつまみ。「生ハムディップとラム酒漬けフルーツバ...

  4. 韓国風「茄子飯」、来たぁ!おかずはケランマリと煮干し炒め - キムチ屋修行の道

    韓国風「茄子飯」、来たぁ!おかずはケランマリと煮干し炒め

    味の素の「CookDo」の麻婆茄子のCMで、「茄子飯(チェズハン)来たぁ!」っていうのを何度も観ているうち、茄子飯が食べたくなり、作りました。あのCMで何か美味しそうって、炊飯器の蓋をパコッと開ける時の音!あの音聞くだけで、ご飯が炊ける匂いが立ち上ってくる気がするのは私だけでしょうか?というわけで茄子飯!と言っても作ったのは韓国風茄子飯、カジパプです。以前韓国のテレビ番組でペク・ジョンウォン...

  5. ナスとホタテ、トマトのマリネとギリシャ風サラダ - キムチ屋修行の道

    ナスとホタテ、トマトのマリネとギリシャ風サラダ

    前回記事のおうちでギリシャ料理の続きです。まずは「ナスとホタテ、トマトのマリネ」。ナス料理で、なす紺と呼ばれる深い紫色にナスを仕上げるのって結構むずかしいですよね。焼きみょうばん入りの塩水につけたり、色々苦労してたんですが、最近パンツェッタ貴久子さんのレシピで、ナスのアク抜きは、ナスを多めの塩を入れたぬるま湯につけて、浮きあがらないようにペーパータオルで覆って30分置き、すすいでからペーパー...

  6. 韓国風おつまみ色々。「カンジャンセウ」に「うずら卵の麻薬たまご」 - キムチ屋修行の道

    韓国風おつまみ色々。「カンジャンセウ」に「うずら卵の麻...

    前回記事でお伝えした通り、今回も韓国風おつまみのご紹介。カンジャンセウはカンジャンケジャン(韓国風 活きわたり蟹の醤油漬け)の海老バージョン。日本では生きた蟹は入手困難ですけど、お刺身用のアルゼンチン産の赤エビは最近はリーズナブルにスーパーで手に入りますよね。これで、カンジャンセウを作りましたよ。作り方はこちら一緒に作ったのは、豆腐のジョン。豆腐チヂミ、豆腐のジョンはペーパータオルにはさんで...

  7. 貝ひもの炊き込みご飯と渡り蟹の味噌汁 - キムチ屋修行の道

    貝ひもの炊き込みご飯と渡り蟹の味噌汁

    スーパーにホタテの貝ひもが売っていたので、ホタテの貝ひもの炊き込みご飯を作りました。貝ひもの醤油煮を作っておいて、その煮汁を加えて普通の水加減で炊いたご飯に、炊き上がりの少し前に貝ひもを乗せて炊き上げました。貝のお出汁が出て、これは料理人の腕じゃなくってまさに海の恵みの美味しさですね。貝ひもの醤油煮は、お鍋に千切りの生姜、貝ひも1パック(300グラムぐらい)、醤油大さじ70cc、みりん50c...

  8. ホタルイカのアヒージョ&ホタルイカと菜の花、新玉ねぎのマリネ - キムチ屋修行の道

    ホタルイカのアヒージョ&ホタルイカと菜の花、新玉ねぎのマリネ

    旬のホタルイカ、美味しいですね。酢味噌和えにしたり、天ぷらにしたり。生のホタルイカが手に入れば、しゃぶしゃぶなんて最高に美味しい!洋風にしても美味しいですね。パスタでホタルイカのペペロンチーノとか。ホタルイカのアヒージョなんてとっても簡単でワインのお供にピッタリ。小鍋にオリーブオイルとニンニクのスライスを入れて弱火にかけ、ニンニクがプチプチいい始めたら輪切りの鷹の爪を入れ、約1分。ニンニクが...

  9. 休日のブランチに「麦とろ鮭ハラス定食」と「めかじき焼き定食」 - キムチ屋修行の道

    休日のブランチに「麦とろ鮭ハラス定食」と「めかじき焼き定食」

    休日のブランチに「麦とろ鮭ハラス定食」。麦ごはんにとろろ汁。おかずは鮭ハラスに目玉焼き。えのきとほうれん草のお浸しにタコとワカメの酢の物。えのことほうれん草のお浸しの作り方をちょっと説明。えのきはさっと湯通し、ほうれん草は45秒くらい茹でてザルに上げて水気を切ります。これを塩昆布を出汁10;醤油2:みりん1に塩少々を混ぜ合わせたもので和えて作ってみました。あとは玉子豆腐イクラ乗せに納豆。キノ...

  10. 冬の海鮮居酒屋さん@おうち - キムチ屋修行の道

    冬の海鮮居酒屋さん@おうち

    外食もなかなかままならない今日この頃。お外ご飯、行った気分でおうちで海鮮居酒屋さん風。牡蠣のキムチ。あん肝奈良漬け。これ、以前お寿司屋さんでつまみで出していただいたものの真似っこ。あん肝と奈良漬けのマッチング、びっくりするほど美味しいいんですよ。揚げなすの海鮮おろし和え、最近よくコンビニで見かける冷凍揚げなすを自然解凍して、大根おろしにシラスととびこいくらを乗せて大葉の千切りをトッピングしま...

  11. 自家製よだれ鶏ソースで大阪王将ぷるもち水餃子をいただく - キムチ屋修行の道

    自家製よだれ鶏ソースで大阪王将ぷるもち水餃子をいただく

    テレビで、大阪王将の冷凍水餃子が美味しいという評判だと言ってたので買ってみました。中華香彩 JASMINEで焼き餃子をよだれ鶏ソースで食べたのがとても美味しかったので、この水餃子も自家製のよだれ鶏ソースでいただいてみたら、あらまこれはイケます。よだれ鶏ソースは自家製で。とっても簡単なのに、いろいろ使えて便利です。ブリのお刺身と大根の薄切りを交互に並べてよだれ鶏ソースをかけて、「よだれブリ大根...

  12. イカとサムギョプサルのプルコギ、チーズ乗せ、「チーズオサムプルコギ」を作りました。と、使い忘れたサンチュの行方 - キムチ屋修行の道

    イカとサムギョプサルのプルコギ、チーズ乗せ、「チーズオ...

    イカとサムギョプサル(豚3枚肉)のプルコギ、チーズ乗せ、「チーズオサムプルコギ」。今、新大久保で流行っているらしい、ということで私も作ってみました。韓国語でイカはオジンオ。そのオジンオの「オ」と、豚バラ肉、サムギョプサルの「サム」で作るプルコギ、オサムプルコギ。韓国でつくり方を教わってとても美味しくできたので、日本に帰って習ったレシピで作ってみたところ、なんだか韓国で作った時の味と違う......

  13. 濃厚!海鮮スンドゥブチゲとソーセージのジョン - キムチ屋修行の道

    濃厚!海鮮スンドゥブチゲとソーセージのジョン

    久々に濃厚なスンドゥブチゲが食べたくなり、海鮮スンドゥブチゲを作りました。具材はアサリと甘エビ、小イカにズッキーニ、九条ネギとおぼろ豆腐。それから卵。スンドゥブチゲの作り方はこちら。大尊敬するコウケンテツさんは、以前テレビでスンドゥブチゲはさっぱりしたのが好きとおっしゃってたけど、私は超濃厚なのが好き。韓国で言ったらソウルの支庁の「チョンウォンスンドゥブチゲ」、東京ならえびすの「チャメ」みた...

  14. 成城石井で見つけた「ブッラータチーズ」やら、「うに醤油」やら、ウワサのスパイス 「マキシマム」やらを使って - キムチ屋修行の道

    成城石井で見つけた「ブッラータチーズ」やら、「うに醤油...

    流行りのブッラータチーズ。見た目モッツァレラチーズなのに、ナイフを入れるとモッツアレラに包まれた生クリームがトロ〜リとこぼれ出す、とっても美味しいチーズ。砕いたモッツァレラと生クリームを混ぜ合わせたものがモッツァレラチーズの茶巾の中に入ってるという素敵なチーズで、決して安価なわけではないのですが、売ってるのを見かけるとどうしても欲しくなっちゃいます。プチトマトのピクルスや、イチジク、イチゴと...

  15. 夏は、韓国のつめた〜いお刺身スープ麺『ムルフェククス」、いかがですか - キムチ屋修行の道

    夏は、韓国のつめた〜いお刺身スープ麺『ムルフェククス」...

    「ムルフェ」って、魚介のお刺身と生野菜にコチュジャン風味のキンキンに冷やしたスープをかけた水刺身という意味の韓国料理。暑い夏には美味しそうでしょ。これをククス(麺)でいただく、ムルフェククスを作りましたよ。チェジュ島や釜山などの海辺の食堂で、とれたてのアワビやらお魚やら、その土地の名物の新鮮な魚介を豪快に使って贅沢に作られたムルフェを、ご飯や麺といただくのが本場韓国のムルフェの楽しみ方なので...

  16. 南国フルーツをお料理に - キムチ屋修行の道

    南国フルーツをお料理に

    蒸し暑いこの時期、冷え冷えのマンゴーやパパイヤ、美味しいですね。濃厚でジューシーな果肉にかぶりつくのもいいけど、最近凝ってるのは南国フルーツをお料理に使うこと。子供の頃はパイナップルが入ってる酢豚やチャーハン、あんまり好きじゃなかったけど、果物、特に南国フルーツを炒め物に入れたり、チーズと合わせたり、サラダに加えたりすると一気にエキゾチックな味になるので楽しいです。まずは炒めもののご紹介。「...

  17. Deauville Sea food ! - GALLERY GRACE ギャラリーグレース BLOG

    Deauville Sea food !

    なんか、ドーヴィルで沢山写真撮ってたみたいで、一泊なのに笑。帰る日の昼間に行った、選んで調理してもらって食べられるラフなレストランに。ブルーオマールは是非!よくわからない魚も沢山。もちろん、ドーバーソール舌平目も。パリでは、こんな感じのものは怖すぎて食べませんが、こちらでは、フレッシュだし、とっても美味しかった。オマールも日本より美味しかった!でも、一番美味しかったのは、この舌平目!こんなに...

  18. よだれ鶏のよだれソースで、よだれシリーズ - キムチ屋修行の道

    よだれ鶏のよだれソースで、よだれシリーズ

    よだれ鶏。その美味しさを想像しただけでよだれが出そうな鶏料理だから、というのが名前の由来だそう。四川省のお料理だから、唐辛子と花淑のシビ辛ソースがポイントのようです。この口水鶏(よだれ鶏)のソース、ちょっと多めに作っておくと鳥肉の他にも、白身のお刺身や茹でた豚肉、お豆腐なんかにかけても美味しいし、水餃子のたれにもイケます。なわけで、最近凝ってるよだれソースを使ったよだれシリーズです。まずは「...

  19. 酒盗のおつまみと酒盗バター - キムチ屋修行の道

    酒盗のおつまみと酒盗バター

    お酒好きなものですから、酒盗が好き。鰹の内臓を発酵させて作る酒盗。うちの冷蔵庫には大体鎮座しております。酒盗を使ったおつまみもいろいろ。最近作ってお酒が進んだおつまみたち(大体いつもですが)のご紹介です。「バジルにリコッタチーズ 、酒盗、ホタルイカ乗せ、唐辛子オイル(鷹の爪を漬けたオリーブオイル)がけ」。「じゃが餅、酒盗バター」。じゃがいも餅はじゃがいも1個を茹でて片栗粉大さじ1を加えてマッ...

  20. 具がはみ出そうなだし巻き卵 - キムチ屋修行の道

    具がはみ出そうなだし巻き卵

    具かたっぷりでフワフワトロトロのだし巻きが大好き。とはいえ、加える出汁が多いほど、具が多いほど巻きずらくなるわけでして...しかし、トロトロだし巻きを食べたい一心で繰り返し作るうちにまずまずにできるようになってきまして、そうなるとまた楽しくて繰り返し作るように。最近のマイブームは納豆のだし巻き卵。具は納豆と納豆に付いてるタレ、カラシに長ネギのみじん切り。卵2個使って作るだし巻きの場合は納豆1...

総件数:51 件

似ているタグ