seasonのタグまとめ

season」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはseasonに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「season」タグの記事(72)

  1. ワイルドオーツとカリグラフィーで七夕飾り - Lazygardener

    ワイルドオーツとカリグラフィーで七夕飾り

    今年もワイルドオーツとカリグラフィーで見立ての七夕飾り。ワイルドオーツの葉が笹の葉にそっくりで、水上がりが良いのも嬉しいところ。短冊には練習を兼ねてカリグラフィーで文字を書く。4月から3か月間、カリグラフィーのレッスンを休んでいたが、来週から復帰する。昨年から練習してるローマン書体でTANABATAなど七夕関連の言葉をいくつか書いてみた。いつまでもカリグラフィーのレッスンを心愉しく続けられま...

  2. あじさい日和 - Lazygardener

    あじさい日和

    朝からお昼過ぎまでのひとときを、神戸市立森林植物園で「森の中のあじさい散策」を愉しんだ。今日はまさしく「森の中のあじさい散策」perfect day!涼しくて心地よい森の中で見頃の花が数多く咲き誇るのを見て回る幸せ。8時過ぎに植物園に着いた時の気温は19度。先ず北苗畑を通り抜けて、あじさいのトンネル、西洋あじさい園、薬樹園をまわってあじさいの小径を歩く。惹きつけられる紫陽花はいつも同じ。「ブ...

  3. イースターを待つ花飾り - Lazygardener

    イースターを待つ花飾り

    小さなガラスの器と庭のグリーンで、イースターを待つ花飾り。キッチンの窓辺には一年中、卵の殻を花器がわりに小さな花を飾っているが、イースターシーズンは、正々堂々とリビングにも卵を飾れるのが嬉しい。卵型のガラスの器には桜の花を浮かべた。桜は昨日、北山緑化植物園で地面に落ちていた花を拾って持ち帰ったもの。大島桜かと思うが、低温で花ごと落ちてしまったのだろう。大木のまわりに撒き散らかしたように美しい...

  4. February season greeting "Plum spring" - まゆみん MAYUMIN Illustration Arts

    February season greeting &q...

    2月になりました。旧正月は寒さがひとしおのこの時期でした。だから愛らしく梅の咲く姿がいまよりももっともっと喜ばれていたのですって。世田谷のうちのご近所でもふわふわと咲いています。羽根木公園も今花盛りでしょうね!2019年2月9日~3月3日まで梅祭りが開催中です。お出かけになってみてはいかがでしょうか?インフルエンザが猛威をふるっていますね。とにかく飲み物で喉を潤して、特に紅茶が予防に効くとか...

  5. 名残惜しいクリスマスの晩 - Lazygardener

    名残惜しいクリスマスの晩

    クリスマスの夜、名残惜しくクリスマスソングを聞く。今日、就寝前にクリスマスライトを消す瞬間が一番寂しい。愉しい思いを心にしっかり留め置いて、来年も心愉しくクリスマスを過ごせますようにと願いながら消灯する。google doodleのサンタも今日は自宅に戻ってミセスクロース、トナカイと共に眠りこけている。イブは煙突からプレゼントをいくつも投げ込んでいたので相当、お疲れの様子。今年はクリスマス飾...

  6. スコブルvol.29 cover今やるべきはこれ! - まゆみん MAYUMIN Illustration Arts

    スコブルvol.29 cover今やるべきはこれ!

    情報誌カバー連載40代からの心も体も若々しくあろうという女性を応援する、「美容・健康・医療」をベースとした「札幌の衣・食・住・遊」を提案する情報マガジンです。フリーペーパー1万部A4 オールカラー

  7. クリスマス支度 - Lazygardener

    クリスマス支度

    年々、クリスマスの支度がゆっくりになりつつある。ゆったりならいいのだけれど、やがて焦りに通じるスロースタート。11月中ごろにユーカリの切り株の上にシンプルなリースを置き、多肉植物の小さなリースを作ったきりにしてた。取り置きの剪定枝の鮮度が落ちてきたのを気にかけつつ...。ツリー用の「ムーングロー」の剪定枝はとりあえずツリースタンドに設置したが飾りつけは未だできてない。今まではクリスマスは常緑...

  8. ハロウィンを心愉しく! - Lazygardener

    ハロウィンを心愉しく!

    数年ぶりのハロウィンディスプレイを楽しむ...とはいっても、極々控えめに...。9月のカリグラフィー教室で、10月のハロウィンカード制作が予告された。練習中のローマンキャピタル・スケルトンでハロウィン関連の言葉を書くなど、緩やかにハロウィン準備を始めた。10月になって、ハロウィングッズを収納している箱を開けてみた。ジェル飾りやフェルト飾り、陶器やガラスやプラスティックのカボチャなどを見てると...

  9.  Mayumin 2019Garden&FlowersCalendar - まゆみん MAYUMIN Illustration Arts

    Mayumin 2019Garden&Flo...

    "Mayumin 2019 GardenFlowersCalendar" まゆみんの鮮やかなお花たちカレンダーです。 CDサイズ2019年版アートカレンダー/高品質プリント¥1650今年もカレンダー展開催+カレンダーサイトにて販売します。(もしくは直接ご希望の方はメールにてmayumin⭐︎pop07.od.ne.jpへ⭐︎を@に変えてお送りください。)

  10. 長月の贈り物 - Lazygardener

    長月の贈り物

    昨日、とても素敵な長月の贈り物を頂いた。久利屋グラフィックの手ぬぐい。「白月」と名付けられたデザインだそう。デザインだけでなく、布の風合いも染め色もとても美しくて、ほれぼれする。端の美しいフリンジを出すため手作業で糸を引き抜くのだとか。すみずみまで整えられた美に魅せられる。長月にぴったりの、すっきりと品の良いタペストリーとして愉しもうと、適所を探すのも嬉しい時間。9月の呼称、長月の由来は「夜...

  11. 夏はつとめて - Lazygardener

    夏はつとめて

    清少納言は『枕草子』に「冬はつとめて」「夏は夜」と綴った。だが、今年のように日中の最高気温が高くて夜も涼しくならない夏には、夏こそ「つとめて」だと思う。今年は神戸市立森林植物園の紫陽花を見逃してしまった...と残念に思っていたら夫が誘ってくれた。暑いので早朝開園を目指して出かけることにした。8時の開園に合わせて家を出たが、表六甲ドライブウェイの入口の電光掲示板に通行止を知らされた。大雨で法面...

  12. 野の花と小人たち - Lazygardener

    野の花と小人たち

    ハンディー版 野の花と小人たち 安野光雅 岩崎書店今朝見た、ホタルブクロの花がこの本のことを思い出させてくれた。この本では「ほたるぶくろ」と植物名が、かな書きされている。小人たちの空間にカタカナは似合わないといわんばかり。安野光雅氏の絵と文が野の花に向かわせてくれる。扉絵の「すみれ」をめくると「れんげ」が広がる。先月4月21日に三田に出かけた時に感激したれんげ畑の光景も蘇った。「野の花と小...

  13. 夢心地の季節 - Lazygardener

    夢心地の季節

    立夏から10日を過ぎた今、庭のバラ - グリーン・アイス、ジャクリーヌ・ジュプレ、ノイバラ等がこぼれるように咲いている。ジュンベリーの実が赤く色づき、アカンサスがゴージャスな花を咲かせ、ドクダミは清楚な花を見せる。イングリッシュラベンダーの花茎が一段と伸びあがり、アジサイの花も咲き始めている。グランドカバーのセダムの花が咲き始めたのに気づいたのは今朝のこと。今年はバラの開花が早くて、GW前...

  14. 穀雨 - Lazygardener

    穀雨

    今日は眩しいほどの陽射しだが、二十四節気の「穀雨」 。百穀を潤す意の穀雨の頃、我が家の庭も煌めきに満ちてくる。満開になったハナミズキの足元にはシランが咲き乱れ、マーガレットやローダンセマムが溢れるように咲く。メギローズグローのブロンズの葉色を更にゴージャスに彩る黄色の小花も満開。シレネ、ブルーベル、アジュガ、デージー、ナデシコ、オダマキ、白タツナミソウ、チョウジソウ等など花の名を列記している...

  15. 桜さくら - Lazygardener

    桜さくら

    春分の日を過ぎて、ぽつぽつと咲き始めた桜。先週の温かな陽射しで一気に咲きほころんだ。そして早くも、はらはらと花びらが舞い散り始めている。 先週日曜、夙川でお花見散歩をして以来、桜の精に憑りつかれたような1週間を過ごした。寝ても覚めても心を埋め尽くす、、。月曜は芦屋川沿いの咲き始めの桜に胸を躍らせ、火曜は夕陽に照らされる「桜通り」の桜並木に息を呑んだ。水曜は翌日のお花見準備にそわそわし...

  16. イースターを待つ春分の日 - Lazygardener

    イースターを待つ春分の日

    昼と夜の長さがほぼ同じとなる春分の日。春分から夏至までの時期、自然界が最も生命力に溢れる。庭の草木は日々ドラマチックに変化してくる。新芽、芽吹き、開花……。三寒四温で冬と夏が交互に幅を利かす頃、花粉症とも重なって体調維持が大変。梅の花の見納め、桜の咲き始めを見に出かけたいところだけど、外の風は冷たいし、体調も良くないので今日は休息に専念することにした。窓越しに庭の変化を見て楽しむ。3月初旬か...

  17. ターナーの「崇高」と「雅」な梅 - Lazygardener

    ターナーの「崇高」と「雅」な梅

    昨日、京都文化博物館で開催中のターナー展に出かけた。私にとってターナーは特別な存在。初めて心を揺さぶられたのがターナーの絵だから。学生時代、ロンドンのナショナルギャラリーのターナーを見て、自然の偉大さに包まれた時のような感動を得て絵の前に立ち尽くした。今回のターナー展の解説ビデオを見て、「海を目の当たりにしたような・・・」と思った最初の感覚が、見当違いのものでなかったことを確信した。「崇高」...

  18. うれしいひなまつり - Lazygardener

    うれしいひなまつり

    今日は夫の実家で「うれしいひなまつり」主賓のお雛様は、長年お蔵で眠っていた義母のお雛様。やっと、お目にかかれたお雛様!昨日、義母と雛飾りをしながら色々とお雛様の想い出話も聞かせてもらった。震災の時に壊れた蔵から、自衛隊の方に救い出されたこと。残念ながら、三人官女は出て来なかったこと。義母の初節句に丸平に注文されたお雛様であること等など。男雛、女雛の収まる木箱の大きさに驚きながら、お雛様を出し...

  19. 雨水 - Lazygardener

    雨水

    数年前に「雨水はお雛様を出す日」と聞き覚えてから、雨水の暦名を愛おしく感じるようになった。雪が雨へと変わり、雪解けが始まる季節。まだ外の風は冷たいけれど窓から射しこむ光の煌めきに「光の春」を感じる。咲き始めの梅に「梅一輪いちりんほどのあたたかさ」を実感する頃でもある。先週金曜は友人と芦屋の中央公園で、日曜は夫と甲東園梅林の梅を愉しんだ。玄関やリビングの窓辺、階段ホールにお雛様を迎えて「雛の家...

  20. 七草 - Lazygardener

    七草

    新年を迎えてのち、最初の節句でもある七草。「正月」気分を一段階下げて、新年の地に足つける思い。今年は休日なので、のんびり朝から七草粥の支度ができる。とはいえ、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら・・・」が揃ったものではない。今年はベランダの水菜とラディッシュ、窓辺の豆苗と大根の葉、冷蔵庫のかぶと大根を活用。6種か…梅干をスペシャルゲストに加えておこう...という具合。七草を松の内あけとする関東...

総件数:72 件

似ているタグ