sigma17-50/2.8EX HSMのタグまとめ

sigma17-50/2.8EX HSM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはsigma17-50/2.8EX HSMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「sigma17-50/2.8EX HSM」タグの記事(48)

  1. 門松立つ - 123!

    門松立つ

    クリスマスの朝、造園屋のトラックの荷台には整然と並べられた門松が載り、通り過ぎていきました。ホテル、マンションに向かうのでしょうが、どうせお金を出して買うのだから早く飾りたいってことかな?わたしは今までは30日にお飾りを着けていましたがこの暮れは明日(28日)にします。30日は寒そうなんです。( ´∀` )(門松立つ:季語)長谷寺/桜井市/奈良県/D7000

  2. おびとけきょうばて桜井線 - 123!

    おびとけきょうばて桜井線

    高校生の頃、地理の得意なI君が何処から仕入れてきたのか「おびとけ」「きょうばて」のスリリングな駅名。ほとんど男子の高校で、きゃっきゃきゃっきゃと騒ぎました。(笑)10月に奈良を歩いていて長谷寺に向かう電車の駅を探していたら、偶然目の前に現れた「京終」駅。へ~ここが。でも連れ合いには昔の話は内緒。でも、I君にはスマホで写真を送っておきました。桜井線「京終」初めてワンマン電車に乗りました。シルバ...

  3. 浅葱の僧 - 123!

    浅葱の僧

    長谷寺の登廊を上っていくと途中本堂舞台から法螺貝の音、さて。若いお坊さんが吹いていました。暫くすると本堂に向かい経を読みだす。これを何回やったことだろう。私たちは先を急ぎ暮色の迫る境内を法螺貝の音を聴きながら歩きました。浅葱を纏った若い僧の未来は長い。幸あれ。 長谷寺/奈良県桜井市(10月)/D7000Happy Pharrell Williams

  4. 「仁丹」 見つけた。 - 123!

    「仁丹」 見つけた。

    京都の路地へ。長屋に出会う。なにしろ長い。(1・2)「仁丹」見つける。12345678910四条通から高材木町高倉通へ入る。佛光寺通、東洞院通、高辻通を通り匂天神町に迷い込む。(10月)/D7000

  5. 東福寺青紅葉(二) - 123!

    東福寺青紅葉(二)

    昨日の続きです。庭。東福寺/京都市/D7000

  6. 東福寺青紅葉(一) - 123!

    東福寺青紅葉(一)

    十月そろそろ色づこうかというときの京都東福寺でございます。(遅!)/D7000

  7. トライアスロンを見るバイク編トライアスロン(続) - 123!

    トライアスロンを見るバイク編トライアスロン(続)

    今日はニコン Capture NX-D の現在のバージョンにあるピクチャーコントロールを使ってみました。現バージョンではカラーコントロールポイントがさりげなく追加されています。以前はNX2に搭載されていた機能で部分的に明度、色相等の修正ができ使い勝手も良い便利な機能でした。しかしNX2はNX-Dの登場によりソフト開発はストップ。NX-2に統合されと思われたこの機能がいつまでたっても搭載されな...

  8. トライアスロンを見るバイク編 - 123!

    トライアスロンを見るバイク編

    河津町フラワートライアスロン。バイクは流し撮りで。日常、流し撮りを試みる機会はほとんどありませんので、SS上げたり下げたり、楽しみました。スイムからバイクに乗り換え先頭で走ってきた人はスイムが圧倒的に速かったのでしょう、二番手が来るまでかなりの時間が空いた。バイク、車と同じくらいに速いですね。どんどん選手が目の前を通り過ぎるが、ひとつ気が付いたことがありました。アスリートと言えば節制を重ね、...

  9. 如来に舞う蝶 - 123!

    如来に舞う蝶

    東大寺盧舎那仏。誰でも一度は見ている大仏さま。三年目に来た時には瓦の寄進を行いましたが、今回はなし。それにしても見物人の多いことか。東大寺/奈良市 (10/23)/D7000フランシス・レイ逝く白い恋人たち

  10. 平成終う秋祭り(八)万灯回せ - 123!

    平成終う秋祭り(八)万灯回せ

    川奈の祭りで独特な道具と思うのは「万灯」。万灯はどこの祭りでも鳥居に吊るしたり、灯火を灯して道の案内をしたりと、登場するのは当たり前ですが、しかし川奈では万灯を力自慢に使うのです。可なり重いと想像できる。地元紙では60Kgとか。でも昔は100Kgを超えていたそうな。これを持上げ回したり、タッタッタッタッと小走りに運ぶのだ。お見事!まあ、男と言うもの変なことに拘る生き物です。幾つになっても太っ...

  11. 平成終う秋祭り(七)男の世界 みこし - 123!

    平成終う秋祭り(七)男の世界 みこし

    神輿の担ぎ手は驚くほどに若かった。わたしには中学生に見えましたが、茶髪の人もいたのでもう少し上の年代の若衆なのかもしれません。周りの大人に逆らうことなく、担ぐ間は無言が原則の重い神輿を顔を歪めながらも苦痛を声に出さず淡々と担いでいました。痛々しいほどの頑張りでした。神輿が傾くたびに、担ぎ手の一人から「もう一度上げましょう」。漁師の郷には似合わない(失礼)上品な言葉遣いが聞こえた。昭和は遠くな...

  12. 平成終う秋祭り(六)神下る - 123!

    平成終う秋祭り(六)神下る

    川奈漁港を見下ろす三嶋神社厳かに神は下ります。川奈/伊東市/D7000

  13. 樟の縄三嶋神社 - 123!

    樟の縄三嶋神社

    根は一つ、幹は二本の夫婦樟。三嶋神社のご神木です。三嶋神社・二條/南伊豆町/D7000+Sigma17-50/2.8EX HSM(1.2) ・TamronSP AF 28-75/2.8 XR Di A09Ⅱ(9) & /α7m2+NikkorAI 50mmF1.4(3-8)

  14. タワーの憂い(二) - 123!

    タワーの憂い(二)

    さくらももこさん亡くなられましたね。子供が小さいときにはよく見ました、「ちびまる子」。家族でよく笑いましたよ。今も時たま見てます。サザエさんはわたしにはよく分からないのですが、「ちびまる子ちゃん」は幾つになっても面白い。この先は残されたスタッフで作っていくのでしょうが、昭和のエポックが分かるのでしょうか?頑張ってね。戸田(へだ)/沼津市/D7000

  15. タワーの憂い(一) - 123!

    タワーの憂い(一)

    風雲急を告げる幕末の世、日本の新たなる洋式帆船の造船技術はこの地から始まった。戸田(へだ)/沼津市/D7000

  16. 汐の街 - 123!

    汐の街

    戸田はいつ行っても生活道路の橋桁の直下に駿河湾の海水を満たし、台風の時には大波が道路に打ち寄せるのではないかと気をもみます。写真右下の橋に注目。道路は県道です。訪れた日は18日、その日の撮影時間から潮の干満を調べると潮が引いている時間帯で潮位100cm。この後40分くらいで5cm下がって干潮を迎えます。その後満潮は6時間後で潮位は149cm。写真潮位より49cm上がってきます。わたしの心配も...

  17. 炎昼 - 123!

    炎昼

    初めて向日葵の中に身を置いてきました。向日葵の花は太陽に向かい動く、夏休みの友にはそんな風に書かれていたように思いますが、そうじゃない。まあ確かに太陽にはソッポを向いていました。そもそもこどもの頃にはそんじょそこらにある花ではなかったから、夏休みの友を信じるしかなかったのだ。都会的な花ですよ、向日葵。1-5:Tamron SP AF 28-75/2.8 XR Di A09Ⅱ6:Sigma17...

  18. 残暑見舞い - 123!

    残暑見舞い

    残暑お見舞い申し上げますお盆過ぎてもやはり暑さは続くようです。ご自愛くださいませ。戸田峠から望む戸田(へだ)地区と駿河湾。10日ほど前の夜、茶の間で食後のうたた寝をしていると、ドカンと揺れた。寝ぼけた頭ではかなり揺れた感覚。二階で何か物が落ちた音が聞こえた。二階に上がると、どうもかって子供が使ったメガホンが棚から落ちた模様。駿河湾を見るとどうしても地震の心配が先に頭に浮かんできます。スズメダ...

  19. Classic Japan Rally より独逸車完 - 123!

    Classic Japan Rally より独逸車完

    Classic Japan Rally の巻もまずは「完」とします。今回はドイツ車です。イタリア、イギリス車と比べるとどうもドイツ車は遊びが感じられない。質実剛健さが伝統として今に生きているようにも思います。こちら BMW319カブリオレ 1935年 です。キドニーグリルは1933年BMW初のオリジナル車303から始まっているのですね。ドイツの連中は拘りますね~。デザインを変えない。メルセデ...

  20. Good Times - 123!

    Good Times

    過去を映す窓、将来を消せる窓。(てなことで、、、)松崎町/D7000

総件数:48 件

似ているタグ