summaron 35mm F3.5のタグまとめ

summaron 35mm F3.5」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはsummaron 35mm F3.5に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「summaron 35mm F3.5」タグの記事(112)

  1. 京都の秋 2018(25) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(25)

    竹林を抜けて帰る嵯峨野---------------.

  2. 京都の秋 2018(24) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(24)

    あだし野念仏寺に向かう。嵯峨野化野念仏寺-------------.

  3. 京都の秋 2018(22) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(22)

    嵯峨野祇王寺----------.

  4. 京都の秋 2018(21) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(21)

    嵯峨野は渡月橋や天龍寺、竹林などで分かった気になっていたのだが嵯峨野の紅葉スポットはそんなレベルではないことを思い知らされる。京都は本当にディープだ。嵯峨野祇王寺----------.

  5. 京都の秋 2018(20) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(20)

    今回もっともきれいだった紅葉スポットのひとつ。質素な入口からは想像もできない見事な紅葉だった。嵯峨野宝篋院---------------今年は花粉症が辛いなぁと全国の花粉情報を見てみたらスギ・ヒノキとも長野県は「やや少ない」と!?山が多いから花粉も多いと思っていたらどうも違うようだ。北海道は極端に少ないが、東京・大阪、いや、信越以外はみんな多い。都会の人はマスクして通勤なんて大げさだと思って...

  6. 京都の秋 2018(18) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(18)

    本坊庭園夕方なので通天橋には人も少ない。東福寺通天橋-------------------かつお節を1本買ってみた。削り器が無いので、ほぼ未使用のかんなで代用^^;削るのはちょっと面倒だが、やっぱり削りたてのかつお節は香りが違う。子供の頃、祖母の家の削り器で何度か削らせてもらったのを思い出した。.

  7. 京都の秋 2018(15) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(15)

    -------------.

  8. 京都の秋 2018(14) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(14)

    ---------------.

  9. 京都の秋 2018(13) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(13)

    紅葉の時は臥雲橋は身動きが取れないとか撮影禁止とか聞いていたが、平日の午後のせいか人もそれほど多くなく、立ち止まって撮影したり、引き返したりできた。東福寺臥雲橋から-----------.

  10. 京都の秋 2018(10) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(10)

    さて、再び去年の紅葉の続き^^;まずはモデルのようなスタイルのオネーサンと紅葉。今熊野観音寺------------.

  11. 伊豆の旅(18) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(18)

    ------------.

  12. 伊豆の旅(13) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(13)

    このパイプで温泉をあちこちに運んでいる。--------------先日、Volumioにボリュームを付ける方法を記事に書いたのだが、過去の同様の記事と一緒にアクセスランキングの上位に入ってしまった。一応、写真ブログのつもりなので、やや微妙・・・常に2%がキャッシュバックされるというKyashのプリペイドカードを2回ほど使ってみた。1回はamazon、もう一回は実店舗の無印良品。どちらも問題...

  13. 伊豆の旅(12) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(12)

    延々と続く桜が素晴らしい。------------無印良品週間だったので、無印の低騒音サーキュレーターを買った。暖房を入れると天井付近と床付近の温度差が発生するのだがそれを緩和させるため、我が家では冬はサーキュレーターを使っている。ずっと点けっぱなしにするのは電気の無駄なので、サーキュレーターに逆サーモスタットという器具を付けて、天井付近の温度が一定の温度になったらスイッチが入るようにして自...

  14. 伊豆の旅(10) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(10)

    2日目は別の川でお花見。こちらは車でないと行きにくいためか人も少ない。何キロもある桜並木なので、歩いて見て周るのは結構大変。人力車はありがたい。乗っていた一組は、お母さんを乗せてあげたかった若い男性。別の一組は、ふたりとも80代という老夫婦。人力車はいろんな愛を乗せている。--------------.

  15. 伊豆の旅(8) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(8)

    下田の街を歩く。なんかイメージと違うなと思ったら、柳が芽吹いていないのだね。---------------.

  16. 伊豆の旅(7) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(7)

    次に、下から見上げるために、階段を下りていくと・・・下から見上げてもハートには見えなかった。今にも崩れそうな崖。実際、落ちてきた土や岩があちこちにあった。-------------.

  17. 伊豆の旅(6) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(6)

    下田にある「竜宮窟」。ジオパークの一つ。石原さとみの「校閲ガール」でもハートを探すのに使われたところ。まずは崖を登って上から見る。ハートの形?の岩礁。左側に人がいる。---------------.

  18. 伊豆の旅(3) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(3)

    川の土手には平日にもかかわらず人がいっぱい。-----------------.

  19. 伊豆の旅(1) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    伊豆の旅(1)

    京都の秋のシリーズも途中なのだが、こっちの方を先にアップした方がいいかということで先週、河津桜を見に行った伊豆シリーズ!浄蓮の滝あまぎぃーごーぉえー-------------今日の1枚はBin Huang plays Beethoven and Bach中国人ビン・ファンのベートーヴェン・ヴァイオン協奏曲。ビン・ファンは初めて聴いた。楽器はガルネリだとか。イタリアでのライブなのでいろんな雑音...

  20. 京都の秋 2018(8) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    京都の秋 2018(8)

    続いて向かったのが東大路通の反対側の養源院。淀殿の菩提寺。自害した武将の血がしみた板を使った「血天井」が有名。本堂の襖や杉戸の絵は俵屋宗達の作品。------------Raspberry Piにインストールしてある音楽サーバーVolumio2の調子が悪くなった。音楽データを内蔵のSDカードにコピーできないのだ。設定を変えたり、ちょうどバージョンアップもあったので再インストールしたりしたがど...

総件数:112 件

似ているタグ