ブログジャンル:哲学・思想 (758)

教育・学問」のブログジャンル「哲学・思想」には、哲学・思想に関連するイベント、セミナー、テレビ番組、勉強、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログが登録されています。

哲学・思想ジャンル 新着記事ブログジャンル「哲学・思想」の新着記事です。

  1. 眞澄稲荷日和
    NEW

    静中成友~静かな時に安らぎを得る

    香十徳という漢詩の中に「静中成友」という一文があります。静かな時に安らぎをもたらす、一人の時の楽しみ。といった解釈をネット上で見ることが出来ます。孤独と孤高孤独[名・形動]1 仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。「孤独な生活」「天涯孤独」2 みなしごと、年老いて子のない独り者。孤高[名・形動]俗世間か...

  2. 仏教フリーク
    NEW

    法華経と観無量寿経と同時のお経

    王舎城の悲劇で、韋提希夫人が、牢屋にたたき込まれました。そこから、非常に苦しみます。「ああ、阿闍世、母さんはお前のためにどんなに苦労したか」「こんなことなら産まねばよかった」「あの子がこんなになったのは、そうよダイバよ」ダイバダッタと似てないかな。結局自分の種蒔きと見られないんですね。これを、ダイバの畜生、阿闍世の餓鬼めと言われます。そして、お釈迦様に救いを求めるんですね。ビンバシャラ王は、...

  3. 仏教フリーク
    NEW

    釈迦にダイバ

    王舎城の悲劇で、ビンバシャラ王と、韋提希夫人は、釈尊から仏法を聞かせていただくようになるのですが、新しい人物が登場します。ダイバダッタです。この人は、釈尊のいとこで、釈尊がおられなかったら、インド一の男だったといわれます。しかし、釈尊のもとに、どんどん人が流れていってしまった。いとこという近い関係で、しかも才能があったが、それよりすごい才能を持つ人が現れて、自分が認めてもらえない。これは非常...

  4. 五心朝天法~わが太極療法の世界    

    不撓不屈の同心協力

    今日は北海道の開拓時代の古い話しをします。私の住む北海道は、屯田兵という開拓者によって何もないゼロからのスタートで開墾され、開拓されました。鬱蒼と生い茂る原始林の原野を切り開き、血の滲むような血と涙と汗と努力の結晶によって今日の北海道の発展があります。開拓者には不撓不屈の「開拓者魂」とともに、「同心協力」という言葉があります。今はあまり使われなくなりましたが、同心協力、不撓不屈が開拓精神の根...

  5. 御言葉をください2

    安倍首相は、もはや白と黒の違いがわからないのではないか。

     安倍晋三氏は、意識的にウソをついているのではないかもしれない。ウソの自覚がないのではないか。本当だと思ってウソを言っている、ということなのでないか。 あの確信をもっておかしなことを言える姿を見ていると、どうしてこんなことになっているのか、と思ってしまう。 聖書に「右も左もわからない」ということが書かれているが、彼にはもはや右も左もわからないのではないか。こんな人は、早く首相をや...

  6. 御言葉をください2

    自分史から教会史へ

     最近、視野が一挙に巨大に広がってしまって、ほとんど当惑しているぐらいである。 人生は短いと思う。 牧師を隠退した時、持つことのできる書物の数は今より、かなり少なくせざるを得ない。それで、読んでいなかったものなどを、読むということをしてきた。また、読み直して、もう読まないですませるつもりで、読んできた本もある。 しかし、ますます私にわかってきたことは、わたしがわかっているつ...

  7. るんじんさんの帽子 ~天使からのエール~

    人は感動しながらあの世に向かう

    先日、小林麻央さんが亡くなられ…。芸能人だし、会ったこともないのに涙してしまった自分に驚き。海老蔵さんの会見やおふたりのブログを覗いてみるとたくさんの悲しみと苦しみが伝わってきました。でも一番伝わってきたことは、「本当に愛し合っていたんだなぁ」と。この世に生を受けてほんの20年30年余り。こんなに愛し合える人と巡り会えたことはシアワセなことだったのかもしれません。人は皆、感動しながらあの世に...

  8. 歩々清風

    7月坐禅会開催日

    基本は第二・四土曜日(都合により日曜日開催になる場合もあります)の午後2時~4時。最初の30分程は坐り方を説明し、その後に20~30分程度の坐禅を2回行います。坐禅が終わりましたら茶礼をします。※動きやすい格好(足の組みやすい)にて御来山下さい~脚の組み方から説明いたしますので、初心者の方も気軽にご参加下さい~2017年   7月9日※(日) 22日(土)  開催時間  午後2時~4時場所 ...

  9. 聖書のひとこと

    忠実な管理者によって伝えられて

    真実を私の口から奪わないでください。詩119:43 人は私たちをキリストに仕える者、神の秘められた計画をゆだねられた管理者と考えるべきです。この場合、管理者に要求されるのは忠実であることです。Ⅰコリント4:1~2 箴言9:1~10 使徒11:19~30(通読箇所)  (ローズンゲン日々の聖句6/26;月) 天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方のみことば、その言葉に表された御思い...

  10. 毘沙門天 ティティティア

    毘沙門さまとの出会い 袈裟のつぶやき②

    翌日は朝一番で39番札所延光寺へのお参りでした修行の道場、高知で最後の霊場で、竜宮に住んでいた赤亀が梵鐘を背中にしょって現れたという由来がありますそれで寺院名は赤亀山 寺山院 延光寺、寺院の境内には亀さんが背中に鐘を乗せた石像があります前日の金剛福寺にも亀さんの石像がありましたが、なるほど海の綺麗な高知には竜宮城がありそうです[#IMAGE|S169#]お参りの最後は納経です納経場の扉を開け...

1 - 10 / 総件数:100 件

関連ブログジャンル

ジャンルからブログを探す