中国語 ブログ

中国語ブログジャンルでは、中国語に関連する写真、記録、レビュー、ライフハック、つぶやき、悩み、アドバイスが書かれたブログ が登録されています。

中国語ブログ 新着記事ブログジャンル「中国語」の新着記事です。

  1. 『ほんやく修行』中国語

    『どっちが強い!?』 シャチvsシュモクザメ

    翻訳を担当している学習漫画シリーズの最新刊。セカンドシーズンの11冊目です。どちらかが明確に悪役ということの少ない本シリーズですが、今回はストーリー上、シュモクザメがやや悪役の扱いになっています。指導者を失った動物王国の暴走を止められるのか……という大詰めの展開。百科事典コーナーはイルカの仲間やサメの仲間など。角川まんが科学シリーズ『どっちが強い!?』 第23弾シャチvsシュモクザメ 恐怖!...

  2. Drama Queen

    東西會一件一件壞掉

    我的笔记本居然坏了!其实刚开始买来的时候就不妙,当时就有一些小状况,结果没想到还没到一年就坏了!下次都不知道买什么笔记本好了,我好想拥有macbook pro但是它不能玩游戏,而且就算能玩,玩坏了我也会很心疼。最近想寫小説,但是不知道要寫什麽,也沒有特別想寫的内容,果然是要豐富的情感才能創作。但是我一直特別喜歡打字的感覺。深夜在筆記本上打字,關著燈在筆記本上打字,真是奇妙的愛好。看小説,看電...

  3. Drama Queen

    晨間7時

    疼。喜歡鹿晗。在看電視劇。用了筆記本十來年,第一次發現觸摸板的快捷手勢,雖然不知道過去的觸摸板是不是有快捷手勢。難怪之前看別人的Vlog總是看到在床上使用筆記本或者在外面使用筆記本不帶鼠標的,一直疑惑不帶鼠標那得多難用啊,現在才知道,哦哦原來觸摸板是有快捷按法的。最近處於發現新大陸(新愛豆)的爆發期,哈哈,回想起來喜歡上鹿晗其實花了大約4年的時間,我應該是在2016年的《盜墓筆記》認識他的,...

  4. little by little

    雑誌P122-3

    だいぶあいてしまったのは、パスワードを忘れて再設定が面倒くさかったからである。琅琊榜吴磊  飞流個人的に一番好きなキャラクターかもしれない。彼の語彙力と私の中国語力が同じくらいだから?というか、主役の護衛で腕はかなり立つ。ドラマを初めてみたときに、あらすじが書いてあるブログを、だいぶ探して読んだがそれによると、結構過酷な過去があった設定となっている。それはほとんどドラマの中ではでて...

  5. little by little

    雑誌P122-2

    琅琊榜胡歌  梅张苏,苏哲,林殊 このドラマの主役。胡歌のドラマは、確かこれで2作目でした。別のドラマでは車椅子にずっと乗っていて、このドラマでは病弱な役。実際に弱いのかと思いながらと見ていました。「風中の縁」ですね。車椅子がゴツく立派で、良かったです。そして、有名な話なのかもしれませんが、大きな事故に遭遇し、復帰したことを知りました。無事でよかったということと、復帰には多くの困難...

  6. little by little

    雑誌P122

    琅琊榜ドラマを見る習慣があまりなく、続けて最後まで見続けたドラマは中国ドラマを見始めるまで、数えるほどだ。中国ドラマで、面白いと思ったドラマは何作かあるし、これから見たいと思っているドラマも何作かあるがこのドラマは今3回目に突入している。これは初の快挙である。2015年、中国版エミー賞10冠ということで気にはなっていた。しかし、このドラマを見るまで、もう少し女性が出ていたドラマだったのでほと...

  7. little by little

    雑誌P121

    「孤高の花」アンジェラベイビーが軍師を演じている。実際に歴史上でこういう女軍師はいなかっただろうなと思いつつも、アンジェラベイビーの美しく、カッコイイ様子に引き込まれていく。主要な女性は、ガン・ティンティンが演じる白蘭の皇女とマイディーナ。全62話。結構長いし、熱心に見ていた記憶はあるが、アンジェラの印象が残っているだけである(←見ている意味・・・)ウォレス・チョンが始めの辺りにアンジェラベ...

  8. little by little

    雑誌P113

    「秀麗伝」この雑誌で知りましたが、陰麗華を演じたルビー・リンが3年かけて完成させたそうです。確か、「妻をめとらば陰麗華」という言葉が何回か出てきて、この日本語としての韻の良さみたいなことに感心したのでした。ゾン・フォンイェンはここでの役のイメージが私には強いです。頼りになるお兄ちゃん。「ハンシュク」このドラマは結構好きでした! ジン・ティエン、美人。彼女が演じた班淑の元気いっぱいで、頑張って...

  9. little by little

    雑誌から離れて、日本ドラマ

    半沢直樹の生放送みています。前作は見ていませんでしたが、今回は見ています。日本のドラマは昔からあまり見ていなく、最後まで見たドラマは数えるほど。今回の半沢直樹も予約を忘れていたり、気づいたら始まっていたり・・・、また第1話も見るのを忘れていて、再放送で見ました。原作者の本、何冊か読んでいます。面白いです。原作を読み、ドラマを見ると自分で作ったイメージと違うこいとが多いのですが、半沢直樹は次回...

  10. little by little

    雑誌P111

    「雲中歌」 このドラマで初めてアンジェラベイビーを知りました。雑誌で始めて時代劇ドラマ初主演だったことを知りました。女性の美しさが際立つドラマで、マオ・̪ㇱアトンが演じた上官小妹もかわいいと思いながら見たドラマです。上官小妹が「皇帝哥哥」と呼ぶのがツボでした。記憶は曖昧ですが、「哀家」という表現を知ったのもこのドラマだった気がします。昭帝と上官小妹の策略というか、決め事が印象に残っているドラ...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す