認知症 ブログ

認知症ブログジャンルでは、認知症に関連する写真、記録、レビュー、ライフハック、つぶやき、悩み、アドバイスが書かれたブログ が登録されています。

認知症ブログ 新着記事ブログジャンル「認知症」の新着記事です。

  1. 春色夏色 いつかの日に

    10月22日  

    数日前、妹と電話母のことを皮切りに昔のことそれから自分たちの老後の話になった妹は、老後家族に迷惑をかけたくないから早めに施設入所すると言ったそれに私も同意したそして妹は言った「お姉ちゃん、一緒の施設に入ろうよ。姉妹一緒なら心強いし」しかし、私は、それには同意できず話をずらしてしまった。女性のほうが長生きする前提でお互い未亡人になったらの話 タラレバの軽い話だったのだけれどなんだかしっくりとし...

  2. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    被害届

    地元の警察署に被害届を出す相談をした。丁寧にご対応いただき、父親の関係先、母親の関係先、私の住所、勤務先、弟の住所、連絡先、経緯を記録して保管していただけることになった。また、実家から弟家族が勝手にこれ以上物を持ち出さないように早めに手を打つように言われた。まずは弁護士さんに依頼してくださいとの事。母親が一人暮らしなので、通りがかりに不審な事がないか、時々気にしていただけるだろう。明後日土曜...

  3. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    両親の先祖を思う

    東京の職場の近くに父親側の曹洞宗の事務所がある。何の気なしにこれまで通り過ぎてきたのだが、今日色々と尋ねる事ができた。弟は今年は菩提寺と連絡を取ったのか?法事の話しとか、盆の供養とか。父親は、節約をした中で菩提寺の寄付をしてきた。それを引き継ぐ事もなく何をしてきたのか?今、何を思っているのか?来週からは、父親の使い込み分の返還要求を弁護士さんが徹底的にやってくれるだろう。父親が入院のした翌日...

  4. 春色夏色 いつかの日に

    10月21日

    久々にナーバス。母の施設への面会へ行きたくない。コロナ禍で、数分で玄関先での面会。予約必要。気が重い。なぜこんなにも気が重いのか。面会したくてもできない人が多くて介護施設が対応に悩んでいるという報道もあるのだが。認知症の親を持つ先輩に2名聞いてみた。2名中2名、私の気の重いことに共感してくれた。ほっとしたけれどやはり気は晴れない認知症病棟のベテランナースに相談した過去のしがらみ母親との昔の関...

  5. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    父親の生命力

    何とも父親の生命力は九星気学通りだ。今回も必ず11月の中までには帰ってくる。今週、弁護士さんへの説明用に時系列に状況をまとめていて気づいたのだが、弟は私がコロナで帰れないことを知っていて「何か」を考えたのだろう。去年も両親のことで様々なことがあったが、私が度々帰れていて病院にも普通に行けていたから問題は無かった。食べるものが無い状況を一度目の当たりにしたからそれだけは二度と起こさないように対...

  6. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    恩知らず

    父親は弟が社会人になるまで、いつも弟を庇ってきた。なにがあったか知らないが関西から地元に帰って来る弟のために父親は必死で就職先を探したていた。私は面接用のスーツの足しにしてくれと送金した。ただ、地元にはろくな就職先がない。葬儀屋と、閑古鳥が鳴いているホテルしかしか父親は用意できなかった。その頃、何があったのかは私は一切知らない。ただ、父親が透析を始めて主治医から言われたことを、弟の職場のある...

  7. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    日和見感染からの回復

    父親の主治医から連絡があった。血圧は何とか成分輸血で透析を受けれるまでに回復したのだが、感染症(風邪のようなもの)が回復しないので高カロリーの点滴をしてもらう事になった。父親のバイオリズムを遡って見てみると、体力が最低の時に直近3回の入院がぴったりと合致していた。ただ、今回の入院の時にはバイタルは最高の日で、バイオリズムを信じるとしたら他の3回と違い、気持ちの落込みが原因と言うことになる。キ...

  8. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    母親の1週間が始まった

    母親が父親と3時間余りを過ごしたのち、迎えに行った。前回と同じようにGotoキャンペーンのクーポンを渡して「自分のお金だから好きなもの全部買っちゃいな、お母さん」と妻が話すと、嬉しそうに羊羹やチョコレートを手にする母親。お決まりのアイスクリームの大人買い(笑)夕飯はカレーが食べたいという。母親は内向的でマイナス思考の強い人だった。今は楽しいことも辛いことも翌日には綺麗さっぱり忘れている。父親...

  9. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    結局こうなるのか

    6月の1日に脳梗塞で救急搬送された父親、「透析に行かなきゃいけないのに、家に何も食べるものがない」と母親と一悶着あって介護タクシーさんに透析まで連れて行っていただいたそうだ。母親にそんな事を言っても無駄な事は、父親がいちばんわかっていたはずだ。ただ、弟家族がずっと前から思いやりを持って両親に接していたら「朝、食べるものがない」という事が起こるだろうか? 結果、空腹のまま透析に行き、夕方帰って...

  10. 母の認知症、ただ時が流れゆく。

    インドの知人。

    インドの人から、今週末にでも父親に会いに行きたいと連絡があった。もうかれこれ15年前、私が連れて帰った知人だ。両親が『寒くないか?」と出してくれたちゃんちゃんこを今でも大切にしてくれている。翌日は両親と温泉にいき、パンツを履いたまま入った彼の事で散々怒られた(笑)フェイスブックで父親の容態を知り、「会いたい」と言ってくれた。本当にありがたい事だ。「ニホンのオトウサン」と言ってくれてたいそう父...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す