フランス ブログ

フランスブログ 新着記事ブログジャンル「フランス」の新着記事です。

  1. サンシュルピス便り

    中華ランチ

    娘のマンションに打ち合わせに行きました。アメリカ旅行中猫の世話をすることになり、打ち合わせを兼ねていきました。最寄り駅近くの中華のお店でランチ人気のお店らしく、少し待ちました。焼きそばセット 自然な味でgood!これにおいしい杏仁豆腐がついて1200円自然な味でヘルシー志向のお店です。これは娘が買っておいたケーキひばりが丘のお店だそうです。ミルフィーユは私の好物。

  2. la petite couronne de fleur

    Lovely Holy's holidays

    夫のもとに七年前の寒い冬に突然現れ、勝手に家に上がり込み、不法占拠してきた背中にハートの斑のある白い猫。猫アレルギーだったにも関わらず、外が寒くてかわいそうだから、とそのまま飼い始めたのが彼らしいのだけれど。ホルスタイン柄だということと、丁度聖なるクリスマスを迎える頃だったということで'Holy'(ホリー)と名付けられ、夫と猫のふたり生活が始まった。CDのジャケットデザインになったり、パリの...

  3. ◆ ルーヴルアンティーク ◆  フランス アンティークジュエリー & オブジェ

    N°0990 ダイヤモンドのロングピアス / アンティークジュエリー

    フランス、ベル・エポック期のアンティークジュエリーをご紹介致します。ベル・エポックとは、19世紀末から1910年代の、フランスの華やかな時代を言います。これはプラチナフレームへダイヤモンドを連ねたピアスです。上部のダイヤモンドは直径約4.2mm、白く透明度の高い石が使われています。このピアスの美しいところはプラチナフレーム全てに彫刻がほどこされていることです。下の画像をご覧下さい。フレームの...

  4. ◆ ルーヴルアンティーク ◆  フランス アンティークジュエリー & オブジェ

    N°1108 ギヨシェエマイユの花/アンティークブローチ・ペンダント

    花を象った19世紀フランスのアンティークジュエリーをご紹介致します。台座は18金製で、ギヨシェ・エマイユとダイヤモンドで作ってあります。「ギヨシェ」とは、金属の土台に細かい文様を浅く線刻した上に、色付きの透明エナメルを施す技法です。この花は、18金製の土台の花びらへギヨシェをつけた上にエマイユを施してあるわけですが、素晴らしいのは、基本的な繰り返し文様の線刻ではなく、花びらの形に添って流線型...

  5. サンシュルピス便り

    パイナップル‣ババロアケーキ

    帰国して、日常生活が始まりました。この日は「フランス語で聖書を読む会」ティータイムのお菓子はパイナップル・ババロアケーキ久しぶりに作りましたが、結構好評でした。テーブルクロスは今回買ってきたガルニエ・ティボーポット敷きはルクルーゼで2,3年前に購入ポットとカップは愛用のポーランドのものです。

  6. ◆ ルーヴルアンティーク ◆  フランス アンティークジュエリー & オブジェ

    N°1223 ブシュロン 19世紀のアンティークペンダント・ブローチ

    フランスのジュエリー・メゾン「ブシュロン」の19世紀のアンティークジュエリーをご紹介致します。1884年の作で、ペンダントとブローチ両方に使えるトランスフォームジュエリーです。銀フレームへダイヤモンドと天然真珠をセットし、天然真珠は全て粒、色を揃えてあり照りも綺麗です。下には、彫金文様のある金のリボンと揺れる洋梨型の天然真珠を飾っています。カメオは濃灰色と白の色層のアゲートへ彫刻してあり、ア...

  7. サンシュルピス便り

    いよいよ帰国

    最後の3~4日は帰国準備と掃除に追われたもののイギリスでハワース、ニースでロスチャイルドの別荘や庭園等念願の地をを訪れ、パリでは多くの美術館や教会巡りで充実した日々でした。ようやく飛行機に乗り込み暮れ行くパリを後にして といってもフライトの出発時間は22:30です。マイレージでビジネスクラスを予約しました。ちょっと楽しみだった食事ですが、乗る前にあまりに空腹でついキッシュなどを食べてしまい(...

  8. サンシュルピス便り

    Saint-Odile Chapelle & Saint Francois -de-Sales

    サン・オディール教会 サンシュルピス教会の前からバスに乗り、Porte de Champerret  下車以前に空振りしていたので、すぐわかります。アッと驚く大きくて、きれいな教会です。建築面、装飾面で調和のとれたアールデコ・スタイル3つの大きな窓は彩色されたクリスタルで、Decorachementの作品オルガンもアールデコ!2キーボード、25ストップRochesson-Baeuchet-D...

  9. サンシュルピス便り

    ルーブル美術館

    徒歩15分~20分でも、ルーブルに行くのは覚悟が・・水金は21:30迄開館で比較的行列も短いので出かけました。が、「モナリザはこちら→」につられ結局中で並ぶ羽目に。ルイ13世の母でメディチ家出身のマリー・ド・メディシスが1622年にルーベンスに命じて描かせた24枚の大作のある回廊にモナリザがあって、大変な混雑ぶり。「止まらないで」「写真は一人1枚」等どこかの国の様でした。フランス国家の象徴の...

  10. Pointfleurivoyage's Blog

    2019夏の南仏の旅その14chateau neuf du Pape

    château neuf du papechocolat et vin3種類のワインとチョコレートのマリア-ジュまずは2016のblanc とラベンダーフレーバーのチョコ確かに違う、チョコを食べた後のこの白ワインが完全にmutation次は赤これに合わせるチョコはherb de provenceフレーバー確かに舌触りがマイルドに変化今思えばワインの渋みをチョコの渋みで消すのでは。。。?最期の...

1 - 10 / 総件数:100 件

フランスブログ 人気記事ランキング

ジャンルからブログを探す