創作小説・詩 ブログ

創作小説・詩ブログジャンルでは、創作小説・詩(作家・小説家・詩人・ライトノベル・オリジナル小説・ポエム・恋愛小説・SF小説・ファンタジー小説・ミステリー小説・ホラー小説…)に関連するつぶやき、日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ、活動情報が書かれたブログが登録されています。

創作小説・詩ブログ 人気記事ランキング ブログジャンル「創作小説・詩」の人気記事のランキングです。(2022/06/29 19:38 集計)

  1. 1
    『夏井いつき 夏の句(2)句集 龍より』 - always over the moon

    『夏井いつき 夏の句(2)句集 龍より』

    先生のあとひよんひよんと糸とんぼ日盛や漂流物の中に櫛他、全五句。俳句: 夏井いつき  ~句集『龍』より~構成: 渡辺瀑   http://bakuphoto.blogspot.com/ナレーター: 八神てんきゅう画像: 花と蝶と鳥と歌  https://cygnet0723.blog.fc2.com/ほか/pixabay・ぱくたそ編集:中原久遠YouT...

  2. 2
    青の祈り - 言の葉の優しさに・・・

    青の祈り

    梅雨の雨空今日は消え太陽顔出し夏模様青空高く広がって都会の街に陽射しは降ってアスファルトの上弾けて飛んで庭に新たな花の咲く澄んだブルーのエボルブルス陽射しを浴びてより青く空も陽射しも花達もみんな平和を願っている一度戦になったならすべて焼かれて灰になり殺伐とした世界となって花さえ咲かなくだろうエボルブルスを守りたい人の命を守りたいブルーの花と会話しながら...

  3. 3
    『紫陽花/とし坊』 - always over the moon

    『紫陽花/とし坊』

    紫陽花に癌細胞の二つ三つ  とし坊俳句・写真&エッセイ:とし坊  http://toshibo0711.blog.fc2.com/ナレーター: はぐれ    https://ryokakinkyou62.blog.fc2.com/編集:中原久遠YouTube↓(ご訪問をありがとうございます。コメント欄は閉じております。).

  4. 4
    第19回筑紫歌壇賞『安息角』奥山かほるさん  藤野早苗 - 南の魚座 福岡短歌日乗

    第19回筑紫歌壇賞『安息角』奥山かほるさん  藤野早苗

     第19回筑紫歌壇賞受賞者は「心の花」所属の奥山かほるさん。受賞作品は『安息角』です。5月某日、都内とある場所にて選考委員お三方(伊藤一彦さん・小島ゆかりさん・桜川冴子さん)と共催「本阿弥書店」の奥田洋子社長がご出席。そして本賞主催の「公益財団法人隈科学技術・文化振興会」代表理事隈扶三郎氏、そして事務局からは私藤野が同席いたしました。 10:30から始...

  5. 6
    Honey, - SCENE

    Honey,

    220626 SONY α7Ⅱ / Distagon T* 28mm F2 YC(AEG)由仁町で写す(c) Keith Young♫ Hillary Reynolds Band "Honey, Come Home"

  6. 7
    《再》 私の結婚 <ブサメンの彼>(二) - ◇ 一粒のショコラ ◇

    《再》 私の結婚 <ブサメンの彼>(二)

    「ねえ、どうだった?」 私は、母と幸子に同じことを聞かれ、それぞれに同じ報告をした。「思ったよりはよかったかな、一度ではよくわからないけど……」「それって、お付き合いしてみるってことよね?」「そこまではまだ決めてないけど……」 煮え切らないような返事だが、ふたりとも期待薄だと思っていたせいか、それぞれ驚きの中に笑顔を見せた。 実際のところ、私にもよくわ...

  7. 8
    黄金の海を刻む - 月のように風のように

    黄金の海を刻む

    黄金色これが本当の色なのかカメラを通してなのかいつもわからない夜の帳が下りるまで美しい時間を刻む

  8. 9
    雨に微笑みを - toriko

    雨に微笑みを

    雨はお好きですか?I like people who smile when it’s raining雨が降っていても 笑顔でいる人が好き作者は不明ですがこんな名言があります感想はご自由ですがそう思う人も思われる人も雨上がりには何か良い事が起こりそうですね^^梅雨は鬱陶しいでしょうがしょうがないですね笑ってやり過ごしましょ笑っていればきっと誰かに好かれる...

  9. 10
    【その後の『新宿スイング』/森山高校演劇部】 【第二章/土曜日】 第一回 - 旭利彦の小説「新宿スイング」

    【その後の『新宿スイング』/森山高校演劇部】 【第二章...

    第一回 揉めてるみたいだぜ  六月二十一日、土曜日。正体不明の気球を目撃した晩の翌朝、良太はいつもより早く目を覚ました。トイレも洗顔もすっとばして食堂に行って、「おはよう。ちょっと見せて」と言って、テーブルで父親の尚之が読んでいる朝刊を裏側から眺めた。「良太! お父さんが読んでるんでしょ!」母親の玉枝の叱声が飛んだ。「いいんだよ。何か気になる記事が載っ...

1 - 10 / 総件数:1000 件

ジャンルからブログを探す