本・読書 ブログ

本・読書ブログジャンルでは、本・読書(作家・著者・漫画家・小説・新刊・文庫・絵本・雑誌・エッセイ・写真集・文芸書・コミック・実用書・参考書・古本・古書・電子書籍・本屋大賞・芥川賞・直木賞・図書館・本屋…)に関連するつぶやき、日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ、活動情報が書かれたブログが登録されています。

本・読書ブログ 人気記事ランキング ブログジャンル「本・読書」の人気記事のランキングです。(2021/06/18 18:48 集計)

  1. 1
    並べてビンタを食らわせたい - 梟通信~ホンの戯言

    並べてビンタを食らわせたい

    アメリカの放映の都合を考えて酷暑の五輪をゴリオシしたNBCのCEOが、金融機関の会合で東京五輪で史上最高の広告販売収入を見込めるとほざいた。「東京五輪が当社史上最高の利益を上げる五輪になる可能性がある」人が亡くなろうが失業しようが店が潰れようが全てはこのアメリカテレビ局の史上最高の利益ための犠牲になること辞さない。なんて利他的な政権だ、管政権は。そして...

  2. 2
    バランス - 梟通信~ホンの戯言

    バランス

    早起きして、洗面所とトイレだけきれいにして、あとはルンバに任せて病院へ、七時前について一番乗り、血液検査二階に上がるのにコシャクにも僕を追い越していくジジイ、狭い病院そんなに急いでどこに行く。朝飯を抜いてきた。いつも食うファミマのムスビに食指が動かず、かといって並ぶ弁当やサラダのたぐい、裏を返すとずらっと食欲を萎えさせる片仮名がならび、野菜の産地表示は...

  3. 3
    娯楽は必要 - 紫檀の書架から

    娯楽は必要

    小林亞星さんがお亡くなりになった。あの巨体を揺らせながら西城秀樹にぶつかって障子をなぎ倒す、頑固おやじぶりは圧巻だった。樹木希林の指だし手袋もあの当時の老人の一握りの人にみかけたものだ。なぜ指出すのか不思議だった。父が病に倒れた時、呼吸ができずに虚空を泳ぐようにして苦しんだ様子を見るのはつらかった。どうすることもできずに病院から帰る日々。テレビから流れ...

  4. 4
    6月24日★YAMI大夏至祭のお知らせ - 田口ランディ Official Blog

    6月24日★YAMI大夏至祭のお知らせ

    こんにちは、田口ランディです。6月24日にYAMI大夏至祭を開催いたします。昼が一番流るなる夏至の日、北欧のシャーマンたちは大きな木の周りで輪になって踊り、大地に祈りを捧げます。土と太陽のパワーを得てこの夏を元気に乗り切ろう!ということで満月の前夜に夏至祭を開催します。参加料フリー。どなたでもご参加ください。【YAMI大夏至祭】6月24日(木)午後20...

  5. 5
    王様と女王様 - 紫檀の書架から

    王様と女王様

    父はわが家では王様。と言っても暴君だったわけでもなく、自ら望んで王様の座についたわけでもない。威張るわけでもなく、いたって物静か。母が父を王様に仕立て上げた。ご飯茶碗もお箸も湯飲み茶碗もおかずも、父親のそれらは特別だった。お刺身が大好きな父親のために母は毎日クーラーボックスを持ってバスを乗り継ぎ遠くの魚屋まで新鮮な魚を買いに行った。座布団は母の手作りの...

  6. 6
    「小説8050」林真理子著 - 幸せごっこ

    「小説8050」林真理子著

    20年くらい前に林真理子氏の講演を聴いたことがある。内容は「本やの娘であり、若い頃のなかなか仕事がうまくいかなかった頃の話」であったように記憶している。それより「舌ったらずのおっとりとしたしゃべり方で人の気持ちをすっと取り込んでしまう人」という印象が残っている。それにしても、この方は時代を読む力にはいつも読者をひっぱっている。文春に連載されている「夜更...

  7. 7
    ニューヨークから遠く離れて - ジャケ買い洋書日記

    ニューヨークから遠く離れて

    懐かしいその人の元気そうな姿に、思わず顔がほころんだ。2008年のちょうど今ごろ、私は一人でニューヨークを訪れていた。ニューヨークを旅するのはそれが初めてだった。見るもの聞くものすべてが新鮮で、大きな刺激に満ちていた。街の人々はみんな親切で、旅のあいだに言葉を交わした人たちのことは今でもよく覚えている。中でも心に深く残っているのは、セントラルパークでサ...

  8. 8
    松村由利子 歌集『大女伝説』 - 紫檀の書架から

    松村由利子 歌集『大女伝説』

     タイトル「大女伝説」を見て、これはいったいなんだろうと思わず歌集を手にとってしまう。そこからもうこの歌集の魅力の始まりと言って良いだろう。  昔語りぽおんと楽し大きなる女が夫を負うて働く  雨降れば大女ひょいと石臼を笠の代わりに被るかわゆさ「あとがき」に寄れば「大女」の話を聞いたのは群馬県・猿ヶ京を訪ねた折のことだったそうだ。 「おおらかな大女は地母...

  9. 9
    ミント&レモン水 - 紫檀の書架から

    ミント&レモン水

    庭のミントの葉が茂って花ざかりです。 ジャグにミントの葉とレモンの輪切りを浮かべて「ミント&レモン水」を作ってみました。 爽やかなミントの香りとレモンの味に暑さを忘れて「きりりんしゃん」となること請け合い! そのほかに夏の飲み物と言えば、先日作った赤しそのしそジュース梅ジュース

  10. 10
    花しょうぶ・雨上がり - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    花しょうぶ・雨上がり

    雨上がりの匂いが好きふぅふぅAの絵手紙です。先日の僕の花しょうぶの絵手紙と競作になります。わが家の花しょうぶは最盛期になりました。まだたくさんのつぼみが付いています。(ふぅふぅc)夏の読書 6池上彰 『おとなの教養3 私たちは、どんな未来を活きるのか?』 NHK出版新書コロナ禍の世界で今何が起こっているのか。鋭い分析力で、それでいてやさしく問題を解説し...

1 - 10 / 総件数:1000 件

ジャンルからブログを探す