編集者 ブログ

編集者ブログ 人気記事ランキング ブログジャンル「編集者」の人気記事のランキングです。(2019/10/15 17:35 集計)

  1. 1
    台風 - nines編集部ブログ

    台風

    大変な被害となりました。石川では1日順延後の14日から高校野球北信越大会が開幕しました。私も当日、小谷で降雨量制限で足止めを食らいながら、弁慶スタジアム会場のみに変更し取材してきました。あらためて遠く離れた石川とはいえ、野球ができることのありがたみを感じました。実際、当日入りの応援部隊や保護者が来られなかったチームもありました。程度は分かりませんが自宅...

  2. 2
    愛は地球を救う! - リベルテ・舞ランド・ネット配信『ダンスを地球規模で考える』

    愛は地球を救う!

    急がれる地球温暖化対策新たなる元号「令和」の下、激動の世界状況における立ち位置を模索する我が国にとって、今回史上最多の12都県に大雨特別警報が発表された台風19号の猛威は、改めて地球温暖化対策が急務であることを世界に知らしめたと言っても過言ではないと思う。折しもリチュームイオン電池の開発で企業人(旭化成名誉フェロー)吉野彰氏が2019年度ノーベル化学賞...

  3. 3
    なんというか - What will be, will be

    なんというか

    本当にえげつないイジメですね。なんでしょうねぇ、おそらくイジメに加担してた教師たちは相当にストレスが溜まってたんでしょうね。そもそも教職ってストレスが溜まらないわけがない職業ですから。にしても、30歳だ40歳だといい大人がよってたかって20代の教員をいたぶるっていう絵はどうでしょうね。自分たちはやってて恥ずかしいとか思わなかったんでしょうね。またやるこ...

  4. 4
    カメラと三島と - 岩手県盛岡市 【リヴァープレス社】 編集者日記。

    カメラと三島と

    〇日古いコンデジ、使用頻度の低いレンズを下取りに出してSONY RX100M3を購入。差額5202円。2014年のデビューだが24-70mm / F1.8-2.8でファインダー内臓がうれしい。4Kフォトや動画をメインにするのでなければいまもコンパクトデジカメのなかでは国内最高峰(価格のことではなく)ともいえるカメラ。カールツアイスのレンズは銀塩CONT...

  5. 5
    恋みたいな高揚。 - きょうの取材ノート

    恋みたいな高揚。

    ずいぶん更新してなかった。何をしていたかというと、割と、仕事に追われていたのだった。体は疲れたけれど、心はとても元気。なぜなら、とても素敵な出会いがあったから……。久しぶりにインタビューをしながら心臓がバクバク鳴った。もっともっと聞いてみたいと願った。まるで恋みたいな高揚感。この感覚が大好きで、何にも替えがたくて、わたしはライターを続けている気がする。...

  6. 6
    地震があったらしい - What will be, will be

    地震があったらしい

    んですけどね。寝てました。まったく気付きませんでした。ってことは大して揺れなかったんじゃなかろうかと。まぁなんでしょうね。ちょうど台風が接近していて、伊豆に上陸したくらいのタイミングで起きてたんでしょうが、震源付近の人たちはたまったもんじゃなかったでしょうね。台風は避難所へ行くとかいろいろ防災できますが、地震ばっかりはこのケースみたいに台風の接近中で暴...

  7. 7
    前回の15号で - What will be, will be

    前回の15号で

    いろいろトラブって懲りたんでしょうね。今回はその15号よりはるかに大型で強い台風が直撃コースでやってくるので、台風が来る前日の段階でもう計画運休を決めちゃった、っていうのが真相でしょうか。ただ、JR東日本もそうですが止めるタイミングが早すぎるような気がするんですよね。とも思ったんですが、なんか台風情報が時間を追うごとに刻々と変化していて、15時には海の...

  8. 8
    今年もまた - What will be, will be

    今年もまた

    ノーベル文学賞を逃したって話ですが、ここ数年毎年「逃した」やってますよね。というか、そもそも論なんですが、村上春樹の作品ってそんなにノーベル文学賞にふさわしい作品なんですかね。これを言ってしまうと、川端康成とか大江健三郎とかがノーベル文学賞にふさわしかったのか、って話になってくるんですが、村上春樹はこう文壇とかそういう香りがしないんですよね。ワタクシの...

  9. 9
    とてもめでたいことだと思うんですが - What will be, will be

    とてもめでたいことだと思うんですが

    もうすっかり生活の中になじんでいるリチウムイオン電池でノーベル化学賞ってのもアレですよねぇ。実用化から30年経過して、今になってやっと「うん、これはすげぇブツだ。よし、賞をあげよう」っていうのと一緒ですもんね。ノーベル賞って化学賞に限らず、多くの分野でブレイクスルーしてから10年単位の時間を経て「うん、これはすげぇ」ってやるんですよね。世界中のありとあ...

  10. 10
    鹿に対して良かれと - What will be, will be

    鹿に対して良かれと

    思ってやっているはずの行事が却って命を失わせているとは皮肉なもんですね。そもそも、こういう行事があることを知らなかったし、記事にはざっくりと鹿に麻酔をかけて動けなくしている間に根元からのこぎりで切り落とすとしか書いてないので何とも言えないんですが、角を切っただけで10頭死んじゃうってやっぱりちょっとおかしいですよねぇ。去年は麻酔から覚めて、崖から転落死...

1 - 10 / 総件数:1000 件

ジャンルからブログを探す