ブログジャンル:音楽 (4588)

文化・芸術」のブログジャンル「音楽」には、音楽(オーケストラ、ジャズ、バンド、楽器、歌、演歌、洋楽、邦楽、合唱、オペラ、ミュージシャン、歌手、演奏会、ライブ、コンサート、フェス、CD、DVD、レコード、音楽鑑賞…)に関連するつぶやき、日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ、活動情報が書かれたブログが登録されています。

音楽ジャンル 新着記事ブログジャンル「音楽」の新着記事です。

  1. azure
    NEW

    おはようございます

      これからドイツ-スウェーデン戦ですよ! 目の覚める試合を!(物理)  

  2. 絵で見るカメラ + plus
    NEW

    エンパイア4000D/IIIの活用

    先日から再登板させたエンパイア4000D/IIIを聴き込みました。ネットで調べると、ボーカルがいいという評判が複数ヒットしました。それで中村雅俊。( ̄∀ ̄;) 伴奏の音数が少なく素朴で録音もきれいだと評しましたが、よく聴くとボーカルにかなりエコーがかかっています。これは仕方ないのでしょうね。用心しないと、これがあたりまえだと思ってしまいます。でも本当は不自然な声です。午後から雨になったので、...

  3. ボエと猫とわたし。

    らーめんとからあげ

    昨日は同期と待ち合わせしてハンブルクに最近出来た新しいラーメン屋さんに行きました。めっちゃ美味しかった…。本当美味しかったです。揚げたて唐揚げも本当美味しかった。

  4. 【ひまを弄べ】

    こんばんは

    こんばんは一日書きわすれちゃったけど今日は意地で書きましょう。。なんといっても明日がレコ発本番ですから、、、今日は今日とてLUCKY TAPESのツアーファイナルでした。ボクにとっても大切なライブ自分のバンドほど、好き勝手、書けないですけど、思いは沢山詰まってます。キネマ倶楽部最高でした。ありがとうございました!明日は下北沢ベースメントで待ってます!それぞれの最高な夜楽しんじゃいましょう◎

  5. 再発見と書きかえ Retrouve & Change

    レイトショーはチケットを買ってから階下の蕎麦屋

    定番化しました。パルコややぶで、あい焼き、揚げ餡かけそば。今夜はそばクレープまで。

  6. 再発見と書きかえ Retrouve & Change

    もし映画に匂いがついたら(2018#04)

    昔、映画のシーンに合わせて「匂う」映画がありました。さて「焼肉ドラゴン」はどうだろうか?シーンに合わせて匂いが漂ったら。それでも映画作品として、笑って泣いてしたかしら。「焼肉ドラゴン」の初日。この手の家族物語は好き。演劇の映画化も好み。一番に思い起こしたのは「屋根の上のバイオリン弾き」です。牛乳屋と焼肉屋の符合は面白いけれど、「焼肉ドラゴン」は伊丹空港隣が舞台の様子。セリフが一応関西の言葉と...

  7. 昼寝ネコの雑記帳

    なんとか闘志は枯渇していないようだ

    "DESPERTAR" - Astor Piazzollaいつもクリックを有難うございます。励みになっています。 子ども時代は北海道で育った。真冬に猛吹雪になると、体内に闘志がみなぎったのを思い出す。外に出ようものなら、息もできないほどの猛烈な雪と風で、一歩も前に進めず、立っているのがやっとなのだが、不思議なことに怖れを感じず、戦闘意欲がかきたてられた。 それが先天的なものなのかどうか判断は...

  8. 役に立たないけれど面白いこと。

    満天の星空を引き連れて走ったのは、あの時だけだった。

    アメリカ西海岸を北に上がって行くとカナダに一番近いのがワシントン州です。その州都シアトルは海に面した街ですが、そこから小一時間も走ると山や湖に囲まれた大自然のまっただなかに入ることが出来ます。フェリーに乗れば点在するたくさんの小さな島を楽しむこともでき、運がよければオルカを見る事も出来ます。まさにアウトドア―のための街といっても良いでしょう。晴れた日には、シアトルの街から見える、富士山を少し...

  9. 録音を聴く

    新レファレンス機にQ350

    SX-V7が出て行ったのはつい先日のこと。比較的背の低いフロア型なので、他のSPの置き台も兼ねていた。ないと地べた置きになる。そこでさっそく次のレファレンス機を物色することになった。ちゃんとしたメーカー製レファレンス機を持たないで自作スピーカーを聴いている人もいるが感心しない。トンデモサウンドを出さないにしても、完成度の低い自作機を自賛している人が大半だからだ。やっぱりレファレンス機は必要だ...

  10. 音楽が好きだ。

    T-SQUARE 中野サンプラザ

    T-SQUARE のコンサートに行くことが、年に1回の、お一人様慰安旅行みたいになっているがアルバムを買ってからそれらを生で聴けるのをそれはそれは楽しみにしていた客層は、私より少し年上が中心の男女半々、って感じかな今年も、キーボードの河野さんの内また具合を見てやろうと意気込んでいたが、席が1階だったのであんまり見えなかったコンサートが始まると同時に一番前のほうの人達が興奮が抑えられない様子で...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す