政治・経済 ブログ

政治・経済ブログジャンルでは、政治・経済に関連するニュース、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログ が登録されています。

政治・経済ブログ 新着記事ブログジャンル「政治・経済」の新着記事です。

  1. 真・現代の超克

    秒読み段階の対イラン戦役

    安倍総理のイラン訪問時に、サウジアラビアの空港がテロ攻撃を受け(記事1)、ペルシャ湾のホルムズ海峡で日本企業保有船舶が被弾しました。(記事2)後者に就いては、米国、サウジアラビア、イスラエル、英国がイランの仕業と断定し(記事3)、独仏がイラン批判に及び腰です。(記事4)イランも引くに引けない立場に追い込まれているのですが、相手に戦争事由を与えている現状は、正気の沙汰ではありません。日本の仲介...

  2. 新・土佐日記

    『何か』とは何か?!(ビューロー株主総会)

     6/17 島原観光ビューローの総会。今回も迫力の中村社長であった。 ギリギリの体制の中で懸命に頑張っている観光ビューローの努力に水を差すのは誰だ?立ちはだかる壁は何か?中村社長の表現を借りれば、 あれもこれもは出来ないわけで、”増やすなら削るのがセオリー”なのに、旧業務をやめる・軽減しようとすると、それを良しとしない又は拒むような”何か”が存在する。と。 「何か」に対して、直接邪魔しないで...

  3. 御言葉をください2

    6月20日(木)

    わたしはあなたたちが白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあなたたちを造った。わたしが担い、背負い、救い出す。(イザヤ46.4)にほんブログ村人気ブログランキング

  4. 近現代中国考

    的外れの習近平外交

    安倍総理がイランに訪問し、同国最高首脳に最後通牒を突き付けたのを受け、イラン大統領は外遊中の習近平国家主席と会談(記事1)、ですが、中国側がイランにどれだけの言質を与えたのかは、不明です。付言しますと、習国家主席は印首相とも話し合いの席を設けていますが(記事2)、その成果は、従来の合意事項の再確認の域を出ないと思われます。突然の北朝鮮訪問決定は(記事3)、G20後の安倍訪朝を阻止するため、金...

  5. SPORTS 憲法  政治

    あたまのたいそう………& 頭の片隅には………

    頭の体操です、、、、challenge!!!わかりますよね………………コレは、、、ある方の所から 拝借しました( 無許可ですm(__)m………………わたしはね………目覚めると ダウンロードしている「 数独 」をしてます( 優しいのから………小一時間後に徘徊が始まります、、、、いま……13:30今夜は プロ野球を観てから、、、、寝ます目覚めて…………入院中も 数ページしました翌日の午後、、、オ...

  6. HIP HOP JUNKIEEEEEEEEEES!!!

    1番好きなMC

    こんばんは!皆さん!突然ですが、好きなMCは誰ですか?そっと僕に教えてくれます?ありがとうございます!分かりました!そんなあなたの好きなMCについて、僕は全く興味が無いので、今すぐに窓を開けて、ありったけの大声でそのMCの名を叫んでください!ご近所さんに、自分の大好きなMCを知ってもらうために叫ぶのです!何度も叫び、警察を呼ばれるがいいです!さすれば道は拓けよう。さて、僕が日本人のMCで一番...

  7. こんにちは 原のり子です

    都議会総務委員会の報告 決議案を提起

    アメリカの臨界前核実験への抗議 今議会の総務委員会で、1件の決議を提起しました。「米国による臨界前核実験への抗議に関する決議」です。生活者ネットの山内れい子議員が共同提案者になってくださいました。都議会では、議員提案の決議や意見書は、各委員会の理事会で協議が整えば提出することになります。協議は整わず 残念ながら、協議は整わず、提出できませんでした…。残念。どうしてこの内容で…。各会派がなぜ賛...

  8. 貿易ともだち

    『輸出とは何か?-関税定率法』

    (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4680) 次の問題は2015年度の通関士試験に実際に出題された問題です・・・。【問 題】「本邦の船舶以外の船舶により外国の排他的経済水域の海域で採捕された水産物を当該船舶殻他の国に向けて送り出すことはことは、関税定率法第2条に規定する「輸出」に該当する。」【解答・解説】 〇 設問は正しい記述である。「関税定率法第2条・定義」 ...

  9. たきた敏幸日記

    19.06.19(水)国営 印旛沼土地改良事業 現地調査 / 地廻り

     昨夜の新潟県下越地方における震度6強の大地震で怪我や被災された皆様に心から御見舞いを申し上げます。幸い大津波に至らず現時点で死者は報告されていない。しかしながら日本列島、何時何処で地震が発生するか分からない。遠くない将来、本県が地震や台風などの自然災害やテロに襲われる可能性も十分考えられる。住民の生命・身体・財産を守る防災危機管理こそ行政の根幹と肝に銘ずるものである。 8時半~18時、豊田...

  10. 地政学を英国で学んだ

    新刊:不穏なフロンティアの大戦略

    今日のメリーランドは雲が多めで蒸し暑いです。さて、来月初め頃にに出る新刊のお知らせです。グリギエル&ミッチェルの『不穏なフロンティアの大戦略』という本でして、私は監訳を担当しました。この本については本ブログでも何度が言及しておりますが、主にスパイクマンの地政学的な世界観を使いながら、アメリカが主導する世界秩序に対抗する「現状変更勢力」である、ロシア、中国、イランという三つの大国が使っている「...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す