歴史 ブログ

歴史ブログジャンルでは、歴史に関連するイベント、セミナー、テレビ番組、勉強、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログ が登録されています。

歴史ブログ 新着記事ブログジャンル「歴史」の新着記事です。

  1. ひふみのしくみ

    即位礼正殿の儀と神々の祝福

    わたしは子どものころから徳仁天皇のことがなぜか好きでした。この方がテレビに映っておられるといつも引きつけられていました。なぜかそのくせは今も変わらずでして、皇后さまには目もくれず。(^^;)御即位を心より祝福させていただきました。その一方で小さな御身体に歴代天皇、異教徒の御母堂と皇后様の因縁を一身に背負われたのかと思うと、言葉が見つかりません。「日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果...

  2. 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    (メモ)那覇、仲島の大石

    仲島の大石(現状は写真がないのでGoogle Mapリンクで)〜那覇バスターミナルに残る、かつて海岸だった名残の大石。ペリー艦隊が記録している。琉球王府の時代のこと、軽便鉄道の駅だったころ、、、長い歴史を見てきた岩。永らく昭和30年代のコンクリのバスターミナルに取り込まれていたが、最近の工事でビルの一角にひっそり佇む。→→現状仲島の大石

  3. すえドンのフォト日記

    2019年「川田八幡神社」の秋の例大祭-01♪

  4. 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。 その17 「鳥ヶ峰古戦場」

    「その15」で紹介した天ノ辻へ本陣を移した天誅組は、近隣の高取藩に兵糧の提供を求めます。この数日前、天誅組は五條代官所襲撃後すぐに高取藩に対して那須信吾らを恭順勧告の使者として送り、高取藩もこれに服する旨を伝えてきていました。しかし、京の政局が変わるや否や、高取藩は態度を翻して兵糧の差し出しを拒否します。そこで、天誅組は高取城の攻撃を決定。文久3年8月25日(1863年10月7日)に進軍を開...

  5. サーティンキュー

    天皇陛下万歳!は【 日本の滅びを意味する言葉 】である!

    天皇陛下万歳!は【 日本の滅びを意味する言葉 】である!★今日の「 天皇の日 」は実に充実していた。食べ物も良いし酒も飲み放題で何でも自由と来ている。それは鷲に「 天皇 」について書け!と太陽神が云っているような気がする。鷲の「 性エネルギー昇華 」の研究は30数年である。その中で「 間違った思考や信仰の者は性エネルギー昇華はできない! 」とハッキリわかったのである。では今の日本人の殆どは「...

  6. 追跡アマミキヨ

    六甲山と瀬織津姫 267 丹生山の月読命

    裏六甲の丹生神社(神戸市北区山田町坂本)へ。JR神戸三ノ宮駅前からホテルの送迎バスに乗車。新神戸トンネルを抜けて北上、約20分で着いた。港神戸とは別世界の山間で、丹生山の夕陽を見る。午後6時。箕谷の温泉ホテルから眺める丹生山(左端)。その頂上に、丹生神社は鎮座するという。街道沿いの鳥居から徒歩90分。参拝は無理か…。こちら明けて朝6時半の朝日。露天風呂より。朝日さす夕陽輝く…と鉱脈探しの歌に...

  7. YSGA(横浜シミュレーションゲーム協会) 例会報告

    2019.10.06(日)第364回定例会の様子その9...(AH/MMP)ASL:HATTEN IN FLAMES キャンペーン第4回戦

    (AH/MMP)ASL:HATTEN IN FLAMESキャンペーン 第4回戦flacoさんvs.酒さん独軍の損害が蓄積し、既に戦闘は膠着状態。かくなる上は一旦終えて次の戦いで挽回を図りたい(再編成による兵力補充を待って)。

  8. サーティンキュー

    天皇という虚構

    天皇という虚構★象徴天皇の発想は1942年6月の米国の「 日本計画 」という文書に記載されている。1942年6月と言えば真珠湾攻撃から半年後なのだが、すでに米国は1945年8月15日以降の日本を構想していた。その中で「 天皇とは国旗のようなシンボルだから戦後の日本の天皇をシンボルのような天皇にする 」と書かれていた。そのシンボルを象徴と翻訳してできたのが戦後の「 象徴天皇 」の始まりである。...

  9. ひもろぎ逍遥

    脇巫女Ⅱ 19 独白

    脇巫女Ⅱ 19 独白   さて、ある日、菊如と崋山の結願で「熱田サブロウタ」が呼び出された。 この男は結願があるたびに来ていたが、姿を現さないでいた。 この日、崋山の身体を借りて、「熱田サブロウタ」は語った。 星読がその場に居合わせた。 ◇◇ ◇ 見えない世界から「熱田サブロウタ」を呼んでみる 何日も前から来ていたそうだ だが・・・なかなか現れ...

  10. 地図を楽しむ・古代史の謎

    魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展させた

    中国の河南省安陽市で発掘された墓に西高穴二号墳と命名されました。そこが記録にある「曹操高陵」と同じ場所であったこと、副葬品に「魏武王」と記した石牌(せきはい)があったことなど、魏武王は曹操を指しますから、曹操の墓であることが判明確定したのでした。三国志時代の曹操の墓だなんて…すごい発見でした。これを見ずに死んでしまった人に申し訳ない気持ちです。さて、曹操の時代は地球的には寒冷期でした。邪馬台...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す