歴史 ブログ

歴史ブログジャンルでは、歴史に関連するイベント、セミナー、テレビ番組、勉強、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログ が登録されています。

歴史ブログ 新着記事ブログジャンル「歴史」の新着記事です。

  1. 感性の時代屋 Vol.3
    NEW

    北宋・张择端の「清明上河図」の日々・・・

    人々にとって楽しくも未来に満ちた時が流れ・・・時代は素晴らしい名画を生んだ。その描き手は時代だったのだろうか?それは、橋脚を使わず橋の下を船が通り抜けられるようにアーチ型の木組みだけで支えられた虹橋の、春のお墓詣りの清明節頃の北宋の都(汴京:べんけい/河南省開封かいほうの古称)の春の賑わい・・・時は12世紀、中國の北宋末期・・・登場人物773人余り、船20隻、動物80頭余り、縦24センチ、全...

  2. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  
    NEW

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(7)

    ・現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。オーストラリアでは「獣人」は「ヨーウィ」といわれ、現代でも遭遇事件が報告されているそうです。UMA(未確認動物)の伝承は、世界中にあり、オリオンETグループの「堕天使」の実験動物なのかもしれません。神が作った動物ではないものが、UMA(未確認動物)として分類されて...

  3. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  
    NEW

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(6)

    『世界史と西洋占星術』ニコラス・キャンピオン  柏書房   2012/8/1 <19世紀  神智学的啓蒙主義>・アリス・ベイリーは、教会の日曜学校で教師をしていて、後に熱心な神智学者となった。彼女の関心の多くは、シュタイナーと共通するものである。彼女はまた、シュタイナーと同じ秘教主義のキリスト教徒であり、スコットランドからアメリカ合衆国に移った後、神智学協会でその名を知られるようにな...

  4. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(5)

    『世界のUFO現象FILE』並木伸一郎   学研パブリッシング    2011/3 <古代コンタクト事件の記憶><羽衣伝説>・静岡市三保の松原には有名な羽衣の松がある。ここはこの地方に古くから伝わる羽衣伝説の舞台だが、伝説にちなんだ名所旧跡は多い。だが、その羽衣の松のすぐそばに建つ小さな祠の羽車神社を知る人は少ないかもしれない。 羽を持った車とは、車輪のような形状の飛行物体のことだろ...

  5. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(4)

    『河童の文化誌』和田寛  岩田書院  2012/2 <平成8年(1996年)><河童の同類とされている座敷童子(ざしきわらし)>・ザシキワラシ(座敷童子)については柳田國男の『遠野物語』によって知られていたところである。 <アメリカのニューメキシコ州の異星人の死体>・回収された異星人の姿は人間によく似ているが、明らかに地球人ではない。身長1.4メートル、体重18キロ前後、人間の子供の...

  6. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(3)

    <黒部渓谷の正体不明の足跡と奇妙な声>・三俣山荘や雲ノ平山荘など、北アルプスでいくつもの山小屋を開設した黒部のフロンティア伊藤正一さんが、黒部渓谷で正体不明の足跡を発見し、奇妙な声も聞いたことを雑誌や週刊誌に書いている。 1960年8月、伊藤さんは仲間4人と黒部川をさかのぼって黒部本流と岩苔小谷との出合を右に渡り、砂地の河原に出た。「立岩」という名の奇岩が見えるところにさしかかったとき、足...

  7. 日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ  

    UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(2)

    『妖獣バニヤップの歴史』オーストラリア先住民と白人侵略者のあいだで藤川隆男   刀水書房   2016/8/17    <バニヤップ>・民俗学的研究はふつう、対象とする民族や集団のさまざまな文化活動を記録しようとします。しかし、ドリーミングの意義が強調されると、創造の物語と常に繰り返される再生に関わる儀式や物語、神聖で秘密の物語に研究の焦点は絞られます。パーカーが集めたような物語は、子...

  8. カフェだんだら

    26日(月)は誠に勝手な...

    26日(月)は誠に勝手ながら、17:30に閉店させて頂きます🙇‍♀️

  9. 長州より発信

    危機は海からやってきた 蒙古襲来とペリー来航

    海に囲まれた国・日本 外国からの危機は、常に海の向こうからやってきた。鎌倉時代の「蒙古襲来」で、日本は本格的な侵略を受け、危機におちいった。さらに江戸時代の終わりには、アメリカの「ペリー」が黒船艦隊の強大な軍事力を背景に日本に開国を迫った。外国の圧倒的な脅威に直面した時、その時代の日本人たちは、それにどのように対じたのか。危機に立ち向かった人々の志の話です。教科書に載っていない、黒船来航のペ...

  10. サーティンキュー

    菅政権が東京五輪中止宣言をした時が戦後日本の終焉である!

    菅政権が東京五輪中止宣言をした時が戦後日本の終焉である!★高須クリニックの高須克弥氏(75)だが、全身が癌らしい。かなり前にこの人がテレビに出て、司会者の辛坊に「 近藤誠をどう思います? 」という質問を受けた時にかなり近藤誠氏をバカにした発言をニヤケタ顔で語ったことを思いだす。そしてすぐに「 全身癌だらけ 」となった。鷲としては高須はバチが当たったな、と思っている。鷲は「 癌 」という病気は...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す