科学 ブログ

科学ブログジャンルでは、科学に関連するイベント、セミナー、テレビ番組、勉強、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログ が登録されています。

科学ブログ 新着記事ブログジャンル「科学」の新着記事です。

  1. 野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>
    NEW

    タシギが4羽いた

    田圃の奥の方で動くものが見えたのでカメラで見てみると、「クサシギ」が畔沿いに歩きながら採食しているのが見えた。周りを詳しく見ると、どうも保護色で分かり難いが「タシギ」がいる事が分かった。「タシギ」は殆ど動かずにジッとしているが、近くでは、他の「シギ・チ」が忙しそうに採食していた。          L.100-400/O.EM1mk2

  2. 宇宙実験の母サチコの楽しい運動・科学と宇宙
    NEW

    がんばる、から楽しむへ

    私の思考はこうだった。「仕事を楽しむなんてあり得ないでしょ、仕事は苦しいものだ。我慢してやればうまくいく。たまにご褒美に楽しいことがある。苦しいことがあるから楽しいことがある。苦しいことが多いのは当たり前。辛いことを乗り越えたから、楽しみがあるんだ」そんな風に考えていた。小さい頃から、洗脳されてきたのだろう。辛いはずだ。苦しいはずだ。どこまでやっても辛いの連続。終わりなんてない。それでもたま...

  3. 5号館を出て

    平岡の梅はまだツボミ

     今日は天気が良いだけではなく昨日まで吹いていた北西からの冷たい風もおさまり、暖かい日になりました。 朝一番に撮った写真がこちらです。花はまだ見ていないのですが、多肉のサンローズではないかと思っています。丈夫な草です。 午前中は室内から鉢を外に移動したりしていたのですが、暖かいので仕事はどんどん進みました。 レンギョウは満開のピークで、そろそろ散り始めました。 スズメもそろそろ今年最初の営巣...

  4. 湧雲日記

    ドライブレコーダの入替を考える

    ロードスタのドライブレコーダは十年近く前につけた(と思う)Driveman です.事故などもないのですっかり見ることもなかったのですが,最近動作がおかしいのに気づいたので,そろそろ寿命かと思い,交換しようと思い立ちました.ロードスタは一生乗るつもりですから.笑 市場調査すると近年は後方や車内用カメラもついたタイプが幅をきかせているようです.でもロードスタは後方カメラを付けにくいので,従来から...

  5. 亜熱帯天文台ブログ

    こと座流星群は台風2号で見えなかった

    こと座流星群は元々出現数が少なく、見えたらラッキーという程度の珍しいものらしい。しかし今回はもっと珍しいもの、4月台風がやってきた。4月に台風が接近するのは非常に珍しく、私の記憶にはないし、気象予報士の記事にも珍しいとある。しかもこの台風2号は、一時は900ヘクトパスカルを下回る超強力な勢力だった。沖縄に来る頃は少し弱くなっていて、上陸はしなかったが、昨日から今日にかけて南の方を通過している...

  6. 海を歩くゲンゴロウ

    三浦丘陵最北端のアサヒナカワトンボを調査

     今年からアサヒナカワトンボの調査を始めました。当地は三浦丘陵最北端の生息地になります。 発達段階や翅色型の違いによって、ある一定の環境のどこをどう利用しているかを調べて今後の環境整備の参考にすることが目的です。 春の水路 まだ未成熟の個体ばかりで、ほとんどの個体が樹上や近くの川の近くの草むらで見られました。 アサヒナカワトンボは個人的にすごく好きなトンボなので、こんな調査を仕事にできるのは...

  7. 自然観察大学ブログ

    冬芽の展開(9) ヌルデ

    まずは2月の冬芽。(クイズで掲載した写真)ヌルデは鱗芽だそうだが、フェルト状の厚い毛におおわれていて、どれが芽鱗なのか見た目ではよくわからない。冬芽が展開していくとともに判明するのではないかと注目していたところ、待望の芽吹きは3月下旬だった。残念ながら膨らんできた芽を見てもどこが芽鱗なのかわからない。相変わらず裸芽のように見える。この写真のように耳を出したようなものも多く見られた。この耳の部...

  8. ふぉっしるもしてみむとてするなり

    クリクリ…21年04

    今日は、化石クリーニングのネタだが、石は登場しない。クリーニングに使っている道具・用具の紹介だ。ハンマーを使って、ある程度、母岩を小さくしたら、ダイヤモンドカッターを装着したグラインダーで、さらに小さくする。さらに、賽の目に切り込みを入れて、化石本体へのストレスが小さくなるようにしている。その後、鉄工ドリルの先端を尖らせたクリーニング用チスタガネで剖出作業を行うことが多い。アートナイフやセラ...

  9. Unknown Science

      THE MARTIANS evidence of life on the red planet

                翻訳続き#112 コンタクティー達は、カルフォルニア、ニューメキシコ、アリゾナの砂漠のような、孤立して、ひと気のない場所でスペース・ブラザーズと会ったと主張した。そればかりか、スペース・ブラザーズは新人補充のためにターゲットした人たちに外に出てエイリアンの言葉とアドバイスを広めるよう頻りに促した。彼らがそうしたのは確かである。たちまちのうちに、スペース・ブラザーズ/コ...

  10. Unknown Science

      THE MARTIANS evidence of life on the red planet

                翻訳続き#111 UFO論議は1947年の夏に始まったけれども、その時代における所謂エイリアンとの遭遇はほとんど存在しなかったのは事実である。実際、人々がエイリアン達との対面遭遇をしたとの趣旨で主張し始めたのは1950年代始めになってからである。ほぼ全ての事例で、エイリアン達はほぼ人間のようだった。唯一の違いは彼らが長い金髪の頭を見せびらかしたことであるが、勿論、アメ...

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す